髙山俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高山俊から転送)
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • 高山俊
髙山 俊
阪神タイガース #9
2016T9.jpg
阪神タイガースでの髙山(中央)
(2016年 阪神甲子園球場
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県船橋市
生年月日 (1993-04-18) 1993年4月18日(29歳)
身長
体重
181 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2015年 ドラフト1位
初出場 2016年3月25日
年俸 2100万円(2023年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

髙山 俊(たかやま しゅん、1993年4月18日 - )は、千葉県船橋市出身のプロ野球選手外野手)。右投左打。阪神タイガース所属。

東京六大学野球通算最多安打(131安打)のリーグ記録保持者。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

長野県で出生した後に、船橋市出身で大手証券会社に勤務する実父の転勤に伴って、和歌山県東京都など複数の都県に居住。小学1年生の時に、実父が船橋市内に自宅を新築した[2]ため、和歌山県から同市へ転入した[3]

船橋市立飯山満小学校1年生の時に、実父とのキャッチボールを地元の少年野球チーム「ホワイトビーストロング」のコーチが見たことをきっかけに、同チームにスカウト[2]。「ホワイトビーストロング」で本格的に野球を始めると、6年生の時に、遊撃手投手捕手をこなしながら全国学童大会に出場した。さらに、近藤健介船越涼太らと共に、千葉ロッテマリーンズジュニアチームのメンバーへ選出[4]、12球団ジュニアトーナメント準優勝を経験した。

船橋市立七林中学校への進学後は、遊撃手や投手として「船橋中央シニア」でプレー[5]。在学中には、千葉県内の陸上競技大会200メートル走で4位に入った[6]

高校時代[編集]

日大三高への進学後は、1年生時の秋に1番右翼手としてレギュラーに定着すると、東京都大会で打率.435を記録。チームの都大会ベスト4入りに貢献した。2年春の第82回選抜大会では準優勝。チームが優勝した2年秋の都大会では、打率.432、4本塁打、13打点という好成績を挙げた。3年時には春夏ともに、甲子園に出場。第83回選抜大会で通算打率.529(17打数9安打)を記録すると、5番打者を任された第93回全国選手権大会では、通算打率.500(26打数13安打2本塁打)でチームを優勝に導いた。3年秋には、山口国体でも優勝を経験。在学中には、通算で32本塁打を記録した[5]

大学時代[編集]

明治大学への進学後は、1年時から右翼・中堅のレギュラーを確保し、3番打者へ起用。東京六大学野球では、春季リーグ戦で20安打を放った末に、打率.417でベストナインに選ばれた。2年時には、チームの春秋リーグ戦優勝に貢献。秋季には、通算13安打で打率.295ながら、自身2度目のベストナインに選ばれた。大学4年の時には、2015年夏季ユニバーシアード野球日本代表に選出[7][8]。東京六大学の秋季リーグ戦では、大学の先輩・高田繁が1967年に樹立した通算最多安打のリーグ記録(127安打)に並ぶ[9]と、記録を131安打にまで更新した[5]。在学中には、リーグ戦通算で102試合に出場。404打数131安打、打率.324、8本塁打、45打点、18盗塁という成績を残し、ベストナインも6回受賞している[10]。また、卒業学部である文学部の2017年度版パンフレットの表紙に私服姿で登場している。

2015年度NPBドラフト会議にて阪神タイガース東京ヤクルトスワローズから1巡目指名を受け、抽選の末に阪神が交渉権を獲得[11]。抽選の際には、ヤクルトの一軍監督の真中満が、外れくじを当たりくじと誤認したままガッツポーズを披露。真中は阪神の一軍監督である金本知憲がくじを開く前にガッツポーズを見せ、金本もくじの結果を確認しなかったため、会議を運営するNPBの事務局が抽選結果を一時誤って発表した。結局、事務局は金本が当たりくじを引いたことを確認したうえで、抽選結果を訂正。また、同会議で阪神は、大学でのチームメイト・坂本誠志郎が2巡目指名を受けた。

なお、この会議の直前(2015年10月18日)に、慶應義塾大学との東京六大学野球春季リーグ戦の打席でファウルを打った際に右手首を故障。同月21日に右手有鈎骨の骨折が判明した[12]ため、会議直後の26日に手術を受けた[13]。手術後には、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1500万円(金額は推定)という条件で入団した[5]。背番号は、同年までマット・マートンが着用していた9[14]

阪神時代[編集]

2016年、前述した手術の影響で、春季キャンプを二軍で迎えた[15]。2月25日に一軍へ合流すると、同日の練習試合で金本から高い評価を受け[16]、その後も「プロの投手に慣れることを最優先に起用する」という金本の方針[17]で、オープン戦14試合に出場。スタメン起用の全13試合で安打を打ち[18]規定打席以上に達した打者では8番目に高い打率.327を記録した。3月25日の中日ドラゴンズ戦(開幕戦・京セラドーム大阪)で、「1番・左翼手」としてデビュー。阪神の新人選手が開幕戦に1番打者としてのスタメン起用は中村勝広1972年)以来44年ぶりで[19]、1回裏の第1打席で大野雄大から左前安打を記録した。阪神の新人選手としては鳥谷敬2004年)以来の開幕戦安打[20]で、新人選手による開幕戦でのプロ初打席初安打は、球団史上初めてであった[21]。3月26日の開幕第2戦にプロ初の二塁打でプロ初打点を記録[22]すると、開幕2カード目に当たる東京ヤクルトスワローズとの3連戦(神宮)の初戦(3月29日)で、阪神の新人選手としては初めての開幕4試合連続安打を達成[23]。1番打者として臨んだ3月31日の第3戦では、カイル・デイビーズが1回表に投じた初球でプロ初本塁打(先頭打者本塁打)を記録した[注 1]オールスターゲームのファン投票では、セントラル・リーグ外野手部門の3位にランクイン。この年の新人選手では唯一、阪神の新人選手では久慈照嘉1992年)以来24年ぶりのファン投票選出を果たす[26]と、全2試合に出場した。「6番・右翼手」としてスタメンに起用された7月15日の第1戦(福岡ヤフオク!ドーム)では、5回表の第2打席で遊撃へ初安打を打つと、盗塁(二盗)も記録している[27]。序盤戦以降は一時、スタメンを外れる試合が続いたり、一軍に籍を置きながら二軍ウエスタン・リーグ公式戦に出場したり[28]するほどの打撃不振に見舞われたが、「3番・左翼手」としてスタメンに起用された8月23日の対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)で、3安打を打ってシーズン11度目の猛打賞を記録。坪井が保持していた猛打賞の球団新人シーズン最多記録に並び[29]、8月24日の同カードでは、3本の二塁打で12度目の猛打賞を達成。阪神の新人選手では赤星憲広(2001年)以来の2試合連続猛打賞により、前述の球団記録を更新した[30]。8月30日の対中日戦(ナゴヤドーム)第3打席で、阪神の新人選手としては赤星以来15年ぶりにレギュラーシーズンの規定打席へ到達[31]。9月30日の対読売ジャイアンツ戦(甲子園)9回裏の打席では澤村拓一からシーズン136本目の安打を打ち、坪井が保持していた公式戦シーズン通算安打の球団新人記録を更新した[32]。公式戦には、134試合の出場で打率.275、136安打、8本塁打、65打点を記録。猛打賞は通算13回で、長嶋茂雄(1958年)による新人選手としてのNPB記録(14回)に次ぐ2位を記録した[33]。シーズン終了後には、セ・リーグの 新人王に選出。阪神の選手では上園啓史(2007年)以来9年ぶり、野手では赤星以来15年ぶりの選出で、投票総数(271票)の約8割(220票)を集めた[34]。その一方で、セ・リーグの外野手で最も多い6失策を記録。打球へのチャージやスローイングで課題を露呈した[35]

2017年、オープン戦で12球団最多タイの4本塁打を記録[36]。オープン戦の終盤には、打線の強化を図る金本の構想に沿って、主に2番打者に起用されていた[37]。3月31日には、広島東洋カープとの開幕戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)に「1番・左翼手」としてスタメンで出場すると、クリス・ジョンソンが投じた初球で内野安打を記録した[38]。入団1年目から2年連続で開幕戦の1番打者として第1打席にレギュラーシーズンの初安打を打った事例は、NPBでは髙山が初めてであった。以降の公式戦では、一時3番打者を任されていたが、攻守とも精彩を欠くプレーが続出[39]。6月6日の対オリックス・バファローズ戦(京セラドーム大阪)から中堅手へ転向すると、中谷将大らと併用された[40]。しかし、以降も打撃不振が続き、8月18日にプロ入り後初めて出場選手登録を抹消[41]。9月25日から一軍に復帰すると、9月29日の対DeNA戦(横浜)7回表に、プロ入り後初めての代打本塁打を打った[42]。レギュラーシーズン全体では、公式戦103試合へ出場。打率(.250)・本塁打(6)・打点(24)とも前年を下回り、通算2失策ながら外野守備で記録に表れないミスも見られ、シーズン終了後の契約交渉では推定年俸3800万円(前年から200万円減)という条件で契約を更改した[43]

2018年、入団1年目から3年連続で、レギュラーシーズンの一軍開幕戦に1番打者としてスタメンで起用された[44]。序盤戦では俊介などと併用されたが、極度の打撃不振に見舞われ、一軍と二軍を3度にわたって往復。一軍公式戦全体では45試合の出場で、打率.172、1本塁打、14打点と、プロ入り後最低の成績でシーズンを終えた[45]

2019年、レギュラーシーズンの開幕から一軍に帯同したが、福留孝介糸井嘉男に加えて新人の近本光司が外野のレギュラーに抜擢されたため、入団後初めて開幕戦でのベンチスタートとなった。開幕2カード目からの二軍調整により、ウエスタン・リーグの公式戦で4番打者を任されるほどにまで復調した[46]が、4月下旬の一軍復帰後も代打での起用が続いた。5月29日の対巨人戦(甲子園)では、4-4で迎えた延長12回裏一死満塁の場面で代打で登場。池田駿からサヨナラ満塁本塁打を打ち、前年から甲子園球場の対巨人戦で続いていたチームの連敗を10で止めた[47]。阪神と巨人の直接対決による公式戦が代打サヨナラ満塁本塁打で決着した事例は、この試合での髙山の一打が初めて[48]で、シーズン終了後にはこの一打がスカパー! ドラマティック・サヨナラ賞セ・リーグ部門の年間大賞に選ばれた[49]。6月2日の対広島戦(マツダ)で21試合ぶりにスタメンへ起用されると、2年ぶりの猛打賞を記録。この直後のセ・パ交流戦で福留が戦線を離脱して[50]からは、福留に代わる左翼手として、スタメン出場の機会を再び増やした。7月27日の対巨人戦(東京ドーム)では、7回裏から右翼の守備に就くと、延長10回裏一死一・二塁で炭谷銀仁朗が打った大飛球を、前進守備の態勢から背走しながらダイビングキャッチ。このビッグプレーでサヨナラ負けのピンチを脱したチームは、11回表に1点を勝ち越すとそのまま勝利した[51]。レギュラーシーズン全体では、一軍公式戦105試合の出場で、打率.269、5本塁打、29打点を記録し、復活の兆しを見せた[52][53]。チームのシーズン3位で迎えたクライマックスシリーズでも、DeNAとのファーストステージ(全3試合)と、巨人とのファイナルステージ(東京ドーム)のうち第4戦(10月13日)を除く3試合に出場した[54]

2020年は春季キャンプでMVPに選ばれ[55]、開幕一軍入りはしたものの、2年連続で開幕スタメンを外れた。その後も極度の打撃不振で3度の二軍降格を経験した[55]。プロ入り最少の42試合出場にとどまり、成績も打率.152、3打点、0本塁打とどれも自己ワーストとなった。推定年俸は600万減となる3000万円でサインした[55]

2021年は春季キャンプで実戦11試合、打率.429を記録し[56]2年連続でMVPに選ばれたが、オープン戦で結果を残せず、プロ初めて開幕一軍を逃した[57]。シーズン通して一軍出場がなく、二軍でも打率.226と苦しんだ。推定年俸は減額制限に迫る700万減の2300万円となった[58]

2022年は4月9日に2年ぶりに一軍昇格。同日の対広島戦(甲子園)で代打として登場し、中前安打を放った[59]。しかし、38試合の出場にとどまった[60]

選手としての特徴[編集]

関本賢太郎に「難しいボールを打つのが上手い」と評価されるなど、悪球打ちを得意とする[61]。大学時代は東京六大学通算安打記録を131安打にまで更新したヒットメーカーとしてプロ入りした[5]

しかしプロではボール球の見極めとストライクゾーンの球のコンタクトに苦しんでおり、最も活躍した2016年でもストライクゾーン空振り率は10.48%、ボール球見極め率は65.09%[62]と一軍の選手としては低水準だった。2019年にボール球見極め率が70%程度までには改善[63]したものの、ストライクゾーン空振り率に大きな改善は見られなかった。

脚力は50m走5秒8の俊足であり、スイングスピードは最速161km/h[64]

人物[編集]

実父が転勤や単身赴任を繰り返していることから、少年時代には、「父親代わり」を自認する実母に厳しく躾けられた[6]。その影響で、周囲からは、硬派でクールなイメージを持たれているという。しかし、阪神への入団を機に球団独身寮の「虎風荘」へ入寮した際には、地元・船橋市の非公式キャラクターであるふなっしーのぬいぐるみを持参。この報道をきっかけに、「ふなっしー」からエールを送られた[65]

阪神球団では、髙山の入団1年目に、オープン戦の期間中から個人グッズを順次発売している。同球団で、新人選手の個人グッズを公式戦での開幕前から発売した事例は、2013年の藤浪晋太郎以来3年ぶりである[66]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2016 阪神 134 530 494 48 136 23 5 8 193 65 5 4 2 3 27 1 4 109 8 .275 .316 .391 .707
2017 103 353 328 40 82 15 3 6 121 24 6 3 0 1 21 0 3 77 3 .250 .300 .369 .669
2018 45 134 128 8 22 5 0 1 30 14 0 1 0 1 4 0 1 22 4 .172 .201 .234 .436
2019 105 300 271 25 73 12 0 5 100 29 9 3 2 0 24 4 3 56 3 .269 .336 .369 .705
2020 42 52 46 6 7 3 0 0 10 3 1 0 1 1 3 0 1 10 0 .152 .216 .217 .433
2022 38 56 53 1 10 2 0 0 12 0 2 0 1 0 2 0 0 12 0 .189 .218 .226 .445
通算:6年 467 1425 1320 128 330 60 8 20 466 135 23 11 6 6 81 5 12 286 18 .250 .298 .353 .651
  • 2022年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



外野












2016 阪神 124 177 1 6 0 .967
2017 87 93 3 2 1 .980
2018 37 52 0 1 0 .981
2019 84 114 2 1 0 .991
2020 17 13 0 0 0 1.000
通算 349 449 6 10 1 .978
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 9(2016年 - )

登場曲[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 阪神でセントラル・リーグ公式戦の初回先頭打者としてプロ初本塁打を記録した新人選手は、坪井智哉1998年)以来2人目[24]日本プロ野球の新人選手が公式戦の初回先頭打者として初球でプロ初本塁打を記録した事例は、1リーグ時代の1944年に藤野義登(産業軍)が記録して以来72年ぶりで、1950年の2リーグ分立以降では史上初めてであった[25]
  2. ^ ライナー性の打球を一塁手のダヤン・ビシエドにダイレクトで捕球され、一塁走者の山本泰寛が帰塁できず併殺が完成した。その直後に離塁していた二塁走者の糸井嘉男が憤死し、三重殺が完成した[69]

出典[編集]

  1. ^ “阪神 - 契約更改”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/baseball/professional/koukai/team/koukai-tigers.html 2022年11月24日閲覧。 
  2. ^ a b 父は転勤族…虎ドラ1高山を育てたのは“鬼軍曹”の母だった(1) 日刊ゲンダイ 2016年2月5日閲覧
  3. ^ 【六大学】明大・高山、128安打!48年ぶりリーグ新記録”. スポーツ報知 (2015年10月10日). 2016年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月5日閲覧。
  4. ^ 2005 千葉ロッテマリーンズ ジュニアチーム 2015年12月7日閲覧
  5. ^ a b c d e 阪神ドラ1高山が仮契約 来年新人王でアワードだ 日刊スポーツ 2015年9月28日閲覧
  6. ^ a b 父は転勤族…虎ドラ1高山を育てたのは“鬼軍曹”の母だった(2) 日刊ゲンダイ 2016年2月5日閲覧
  7. ^ 第28回 ユニバーシアード競技大会
  8. ^ 髙山 俊
  9. ^ 明大・高山、48年ぶり127安打!大先輩の高田繁に並んだ スポーツ報知 2015年9月28日閲覧
  10. ^ 明大・高山は6度目受賞 東京六大学ベストナイン決まる スポニチアネックス 2015年12月5日閲覧
  11. ^ 高山 早くも鉄人宣言! 金本監督と握手 デイリースポーツ 2015年10月23日閲覧
  12. ^ ドラ1候補明大・高山が右手有鈎骨骨折 デイリースポーツ 2015年12月5日閲覧
  13. ^ 阪神ドラ1高山が右手首を手術 デイリースポーツ 2015年12月5日閲覧
  14. ^ 阪神のドラ1・高山は背番号「9」 デイリースポーツ 2015年12月7日閲覧
  15. ^ 2015年春季一軍キャンプメンバーについて 阪神タイガース公式サイト 2016年1月25日閲覧
  16. ^ 金本監督 笑い止まらん!ドラフト1位高山に絶賛の嵐「ちょっと予想以上」 スポーツニッポン(2016年2月26日)同年3月1日閲覧
  17. ^ 阪神ドラフト1位高山オープン戦全14試合先発へ日刊スポーツ 2016年3月3日閲覧
  18. ^ 阪神1位高山13戦連続安打、OP戦先発全試合でH 日刊スポーツ 2016年3月21日閲覧
  19. ^ 阪神・高山、開幕1番なら中村氏以来44年ぶり サンケイスポーツ 2016年3月26日閲覧
  20. ^ 高山がプロ初打席初安打 阪神新人の開幕ヒットは2004年鳥谷以来 産経WEST 2016年3月26日閲覧
  21. ^ 阪神ドラ1・高山 開幕初安打もプロ初失策に猛省 東京スポーツ 2016年3月26日閲覧
  22. ^ 金本阪神 うれしい初白星 孝行息子だ!ルーキー高山がV打 スポーツニッポン 2016年3月26日閲覧
  23. ^ 阪神ドラ1高山 ポトリで決めた!球団新人初の開幕4戦連続安打 スポーツニッポン 2016年3月30日閲覧
  24. ^ 阪神高山「これはいったかな」プロ1号が先頭打者弾日刊スポーツ 2016年3月31日閲覧
  25. ^ 阪神高山72年ぶり先頭初球プロ1号 新人2人目日刊スポーツ 2016年4月5日閲覧
  26. ^ 高山が球宴選出、阪神新人野手は久慈以来24年ぶり 日刊スポーツ 2016年6月28日閲覧
  27. ^ 2016年度マツダオールスターゲーム 試合結果(第1戦) 日本野球機構 2016年7月16日閲覧
  28. ^ “【阪神】高山は4タコも手応え…2軍戦でソフトバンク・摂津&大隣と対戦”. スポーツ報知. (2016年6月23日). オリジナルの2016年6月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160625053538/http://www.hochi.co.jp:80/baseball/npb/20160623-OHT1T50109.html 2021年8月13日閲覧。 
  29. ^ 阪神高山が今季11度目の猛打賞 DeNA坪井コーチの前で球団新人記録に並ぶ Full-Count 2016年8月24日閲覧
  30. ^ 阪神・高山 岡田超え110安打 二塁打3本で虎新人最多12度目猛打賞 スポーツニッポン 2016年8月25日閲覧
  31. ^ 阪神高山が新人規定打席到達打 赤星以来15年ぶり 日刊スポーツ 2016年9月3日閲覧
  32. ^ 高山135安打!坪井を抜いて阪神新人の最多安打記録達成 スポーツニッポン 2016年9月30日閲覧
  33. ^ 阪神高山、新人猛打賞記録「ミスター」に1歩及ばず 日刊スポーツ 2016年10月2日閲覧
  34. ^ 阪神高山俊がセ最優秀新人賞「一生に1度の賞」 日刊スポーツ 2016年11月28日閲覧
  35. ^ 阪神高山、セ外野手最多失策の汚名返上へサード特訓 日刊スポーツ 2016年10月11日閲覧
  36. ^ 阪神高山OP戦4号 シーズンなら38発ペース 日刊スポーツ 2017年4月5日閲覧
  37. ^ 阪神 高山俊外野手・二番構想でも打力アップ中 週刊ベースボール 2017年4月6日閲覧
  38. ^ 高山の足から猛打 3安打3得点!成長見せた2年連続1番 日刊スポーツ 2017年4月5日閲覧
  39. ^ 打撃不振の阪神・高山、初スタメン落ちの荒療治 守備にも課題「中谷の方が一歩リード」 ZAKZAK 2017年7月26日閲覧
  40. ^ 阪神外野陣に"異変" 糸井が中堅から右翼へ 福留は左翼へ 高山は中堅で先発 ZAKZAK 2017年7月26日閲覧
  41. ^ 高山がプロ入り初の二軍降格 打撃不振深刻 デイリースポーツ 2017年8月19日閲覧
  42. ^ 阪神・高山、4カ月ぶりの6号ソロアーチ デイリースポーツ 2017年9月29日閲覧
  43. ^ 阪神・高山にチーム内から辛らつな声「守備力向上あきらめろ」 東京スポーツ 2018年5月18日閲覧
  44. ^ 阪神・高山、難敵に7の4! サンケイスポーツ 2018年5月18日閲覧
  45. ^ 阪神・高山 600万円減の3200万円でサイン「体制も変わって、来年は自信があります」 スポーツニッポン 2018年12月25日閲覧
  46. ^ 阪神高山30日一軍合流 好調キープし二軍で4番も 日刊スポーツ 2019年4月29日閲覧
  47. ^ 阪神 高山が延長12回 代打サヨナラ満塁弾で2位浮上 日刊スポーツ 2019年5月29日閲覧
  48. ^ かつての新人王に復活の兆し?阪神・高山俊が放った起死回生の一撃 BASEBALL KING 2019年7月14日閲覧
  49. ^ 阪神高山「ファンの思いが」サヨナラ賞年間大賞 日刊スポーツ 2019年11月29日閲覧
  50. ^ 阪神高山が猛打賞で逆襲ゴングや!空いた左翼狙う 日刊スポーツ 2019年7月14日閲覧
  51. ^ 阪神高山「ザ・キャッチ」前進守備から背走ダイブ 日刊スポーツ 2019年11月29日閲覧
  52. ^ 今宮、高山、中崎…ここ数年は不振続きで復活を期待したい「元主役」たち”. AERA dot.. p. 1 (2021年11月22日). 2021年12月30日閲覧。
  53. ^ 今宮、高山、中崎…ここ数年は不振続きで復活を期待したい「元主役」たち”. AERA dot.. p. 2 (2021年11月22日). 2021年12月30日閲覧。
  54. ^ 阪神高山、出場数増も「まだまだ」定位置奪取へ闘志 日刊スポーツ 2019年11月29日閲覧
  55. ^ a b c 阪神・高山 600万減でサイン プロ入り後初の無本塁打「来年はチャンスを取りにいくところから」” (日本語). スポニチ Sponichi Annex (2020年12月10日). 2021年12月20日閲覧。
  56. ^ 2軍で打率2割…阪神・元ドラ1の高山「不振で噂される移籍先」”. FRIDAYデジタル (2021年7月1日). 2021年12月30日閲覧。
  57. ^ 阪神・高山「自分の中でもどかしい悔しさ」 キャリア初の1軍出場ゼロ…700万円ダウンで更改” (日本語). スポニチ Sponichi Annex (2021年11月27日). 2021年12月20日閲覧。
  58. ^ 阪神高山俊700万円減の2300万円サイン「食らいついていく気持ちで」” (日本語). 日刊スポーツ (2021年11月27日). 2021年12月20日閲覧。
  59. ^ 2年ぶり1軍安打の阪神・高山「今日のような声援をいただけるよう頑張ります」”. デイリースポーツ online (2022年4月9日). 2022年4月9日閲覧。
  60. ^ 阪神 高山は巻き返しへ不退転の覚悟「悲壮感を持って、強い気持ちで」”. デイリースポーツ online (2022年10月25日). 2022年10月25日閲覧。
  61. ^ 阪神・高山の安打に関本氏「難しいボールを打つのが本当にうまい」 | ショウアップナイター” (日本語). BASEBALL KING (2020年10月3日). 2021年12月20日閲覧。
  62. ^ 2016年度高山俊 打撃成績
  63. ^ 2019年度高山俊 打撃成績
  64. ^ 柳田以上の男!虎D1・高山、驚異のスイングスピード『161キロ』”. サンケイスポーツ (2015年10月24日). 2015年12月5日閲覧。
  65. ^ 【球界ここだけの話(417)】周囲の度肝を抜いたふなっしーぬいぐるみ 虎ドラフト1位・高山“目立ってナンボ”のイメチェン”. サンケイスポーツ (2016年1月11日). 2016年2月5日閲覧。
  66. ^ 高山に熱い期待 新人では藤浪以来の個人グッズ発売”. スポーツニッポン (2016年3月23日). 2016年3月23日閲覧。
  67. ^ “【ファン交歓会一問一答】原口、関西弁の女性「いいと思います」”. SANSPO.COM (産業経済新聞社). (2016年11月23日). https://www.sanspo.com/article/20161123-OIPPBHYH2VILVCINOPHLVVUOQQ/ 2017年9月7日閲覧。 
  68. ^ “阪神高山が関西スポーツ賞を受賞、本田真凜と笑顔”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年1月16日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1766158.html 2017年12月13日閲覧。 
  69. ^ 阪神、走塁ミスでトリプルプレー食らう 髙山の一直で2走者が憤死” (日本語). BASEBALL KING (2022年4月27日). 2022年4月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]