マリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マリア(Maria)は、ヨーロッパ系の女性名。ヘブライ語の「מר」(苦い、氏)を語根とするモーセの姉の名「מרים」(ミリアム)を、ヘレニズム時代に古代ギリシャ語マリアムネ(Μαριάμη)と呼び、その名から派生した名がマリア。姓や男性のミドルネームにも使われる。マリアム(Mariam)と表記されることもある。また、ヘブライ語聖書において「מרים」(ミリアム)は、姦淫を呪う「ミリアム水」によって呪われた女性の名でもある。イタリア語名の場合、マリーアとアクセントに長音を入れて記す場合も多い。スペイン語ではMaríaと表記され、単独ではマリーアのように第2音節が長めに発音されるが、María Cristinaのように複合名の場合は最後から2つ目の音節のアクセントが最も強くなるのでマリア・クリスティーナのように発音される。ハンガリー語名では最初に長音がきてマーリア(Mária)となる。

マリーメアリーなどはこれに対応する女性名。#変形の項を参照のこと。

宗教に関わる人物[編集]

キリスト教「旧約聖書」およびユダヤ教「ヘブライ語聖書」に登場する名[編集]

  • 「מרים」(ミリアム)- モーセとアロンの姉、女預言者。
  • 「מרים」(ミリアム)- 姦淫を犯した女性を呪う「מי למרים」(ミリアム水)によって呪われた名[1]キリスト教旧約聖書民数記5章において、「苦い水」「苦くなり」「苦くなる」または「become bitter」「the bitter water」「this bitter water」と訳されている部分は、ヘブライ語聖書では「מרים」(ミリアム)に「ל」(前置詞)が付いて「למרים」と記されている。
新共同訳聖書民数記【5章13節および16節~27節】[2]
欽定訳聖書民数記【5章19節および23節、24節、27節】[3]

キリスト教「新約聖書」に登場する名[編集]

キリスト教における聖人の名[編集]

実在の人物[編集]

聖母マリアにも繋がることから、女性のファーストネームに良く用いられる。以下には名前が慣例的に「マリア」のみの人物を挙げる。

王侯貴族[編集]

芸術[編集]

スポーツ[編集]

その他[編集]

男性の複合名の例[編集]

日本の人名[編集]

「まりあ」表記[編集]

「まりや」表記[編集]

その他[編集]

起源の異なる人名[編集]

架空の人物[編集]

単なるマリア[編集]

マリアを含む名前[編集]

団体名[編集]

店名企業名[編集]

  • マリアクラブ - かつて福岡市に存在したディスコの名前。
  • マリアストリート - 上記ディスコのあった通りの通称。

作品名[編集]

その他のもの[編集]

変形[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ヘブライ語対訳英語聖書 Numbers 5:24,5:27
  2. ^ 【5章13節】別の男と性的関係を持ったにもかかわらず、そのことが夫の目に触れず、露見せず、女が身を汚したことを目撃した証人もなく、捕らえられなくても、【5章16節】祭司は女を前に進ませ、主の御前に立たせる。【5章17節】祭司は聖水を土の器に入れ、幕屋の床にある塵を取ってその水に入れる。【5章18節】祭司はそれから、女を主の御前に立たせ、その髪をほどき、罪の判定のための献げ物、すなわち嫉妬した場合の献げ物を女の手に置く。祭司は自分の手に呪いをくだす苦い水を持つ。【5章19節】祭司は女に誓わせてこう言う。もし、お前が別の男と関係を持ったこともなく、また夫ある身でありながら、心迷い、身を汚したこともなかったなら、この苦い水の呪いを免れるであろう。【5章20節】しかし、もしお前が夫ある身でありながら、心迷い身を汚し、夫以外の男に体を許したならば、――【5章21節】祭司は女に呪いの誓いをさせてこう言う――/主がお前の腰を衰えさせ、お前の腹を膨れさせ、民の中で主がお前を呪いの誓いどおりになさるように。【5章22節】この呪いをくだす水がお前の体内に入るや、お前の腹は膨れ、お前の腰はやせ衰えるであろう。女は、「アーメン、アーメン」と言わなければならない。【5章23節】祭司はこの呪いの言葉を巻物に書き、それを苦い水の中に洗い落とす。【5章24節】その呪いをくだす苦い水を女に飲ませ、呪いをくだす水が彼女の体内に入れば、それは苦くなるであろう。【5章25節】祭司は女の手から嫉妬した場合の献げ物を取り、それを主の御前に差し出し祭壇にささげる。【5章26節】祭司は献げ物から一つかみをそのしるしとして取り、祭壇で燃やして煙にする。それから、女にその水を飲ませる。【5章27節】水を飲ませたとき、もし、女が身を汚し、夫を欺いておれば、呪いをくだす水は彼女の体内に入って苦くなり、腹を膨らませ、腰を衰えさせる。女は民の中にあって呪いとなるであろう。
  3. ^ 【5章19節】And the priest shall charge her by an oath, and say unto the woman, If no man have lain with thee, and if thou hast not gone aside to uncleanness with another instead of thy husband, be thou free from this bitter water that causeth the curse:【5章23節】And the priest shall write these curses in a book, and he shall blot them out with the bitter water:【5章24節】And he shall cause the woman to drink the bitter water that causeth the curse: and the water that causeth the curse shall enter into her, and become bitter.【5章27節】And when he hath made her to drink the water, then it shall come to pass, that, if she be defiled, and have done trespass against her husband, that the water that causeth the curse shall enter into her, and become bitter, and her belly shall swell, and her thigh shall rot: and the woman shall be a curse among her people.

関連項目[編集]