マリア・デ・ナバラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マリア・デ・ナバラ(María de Navarra, 1329年 - 1347年)は、アラゴンペドロ4世の最初の王妃。ナバラ女王フアナ2世(ジャンヌ、フランスルイ10世の娘)とその共同統治者フェリペ3世(フィリップ・デヴルー)の長女。フランス名はマリー・ド・ナヴァール(Marie de Navarre)またはマリー・デヴルー(Marie d'Évreux)。

1338年にペドロ4世と結婚した。ペドロはすでに即位していたが、この年にはまだ17歳であり、マリアは9歳である。5年後の1343年から1347年までにマリアは1男3女を生んだ。

マリアは末子ペドロを生んだ際に18歳で死去した。その後、ペドロ4世は3度再婚した。