浅井久政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
浅井久政
Hasano.jpg
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 大永6年(1526年
死没 天正元年8月27日1573年9月23日
別名 猿夜叉(幼名)、新九郎、左兵衛尉(通称)
戒名 久岳良春
甲堅院殿前野州太守丘嶽良峻大居士[1]
墓所 滋賀県の徳勝寺(長浜市)、
小谷城跡(長浜市)
官位 下野守、宮内少輔[2]
主君 六角義賢
氏族 近江浅井氏
父母 浅井亮政尼子氏の娘(異説あり)
兄弟 久政、高政、政弘、秀政、海津殿
(田屋明政室)、近江の方斎藤義龍室)、義兄弟:田屋明政
井口経元の娘・小野殿
長政政元政之岡崎安休治政
阿久姫大弐局六角義実室)
京極マリア京極高吉室)
養女:近江の方(斎藤義龍室)

浅井 久政(あざい ひさまさ、淺井 久政)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将北近江戦国大名浅井氏2代目当主。

生涯[編集]

大永6年(1526年)、浅井亮政の長子(庶長子の説あり)として誕生。生母は側室尼子氏の娘馨庵(近江国の尼子氏で、出雲の尼子氏はその庶家。生母については、諸説があり『六角佐々木氏系図略』・「浅井過去帳」に浅井千代鶴とある。この女性は六角宗能(親泰)側室で、久政は養子であり、尼子氏は養母であるとも)。妻は近江豪族井口経元の娘小野殿(阿古御料人)。

天文11年(1542年)、父・亮政が死去したため跡を継いだが、武勇に優れた父とは対照的に武勇に冴えなかった。また、亮政は正室との間に生まれた海津殿(久政の異母姉)の婿として、田屋明政(田屋氏は浅井氏庶家)に家督を譲ることを望んでいたともいわれる。

そのため、義兄・明政は久政の家督相続を承服せず反乱をおこしており、久政の家督相続は家中に少なからぬ禍根を残す結果となった。その後、久政が当主となってからの浅井家は次第に六角氏の攻勢に押されてついにその配下となってしまった。嫡男に六角義賢の一字「賢」の字を偏諱として受けさせ、「賢政」と名乗らせたりその妻に六角氏家臣平井定武の娘を娶らせるなど、六角氏に対しては徹底した従属的姿勢をとった。

このような、久政の弱腰外交に家臣たちの多くが不満をもつようになり、永禄3年(1560年)に久政の嫡男・賢政(のちの長政)野良田の戦いで六角義賢に大勝し六角氏から独立すると、家臣たちから家督を長政に譲ることを強要され、強制的に隠居させられることとなった。一時は竹生島に幽閉されていたほどである。しかしこのクーデター的家督移譲には不明瞭なところが多く、久政は隠居してもなおも発言力を持ちつづけ、父以来の朝倉氏との友好関係に固執し、新興勢力の織田氏との同盟関係の構築には終始反対しつづけたとされる。

そのような発言力を持った状態で、織田氏と朝倉氏が対立を深め、両家と同盟関係にあった浅井家はどちらにつくかの決断を迫られた場面で久政は強硬に朝倉方につくべきであると主張し、長政が折れる形で信長に反旗を翻すが、数年間の抵抗の末、浅井・朝倉連合は織田氏に敗北する。

天正元年(1573年)、織田軍は一乗谷陥落後、打って返して小谷城を攻撃。京極丸を羽柴秀吉隊に落とされ、久政の籠る小丸は長政の本丸と分断された。羽柴勢はそのまま小丸を攻撃。最期を悟った久政は井口越前守・脇坂久右衛門らを呼び、「今よりわしは腹を切るゆえ、その間敵勢を食い止めてくれ」と言い渡した(彼らは羽柴勢より屋敷を死守し討ち死)。

久政は一族・浅井福寿庵、舞楽師の森本鶴松大夫と共に盃を傾けた後に切腹した。これを福寿庵(惟安)が介錯し、次に福寿庵を鶴松大夫が介錯した。鶴松大夫は、「主君と同じ座敷では恐れ多い」と言って庭へ降り、そこで切腹して果てた。それを見届けた脇坂久右衛門もすばやく腹を切ったという。

近年の再評価[編集]

六角氏への従属の再評価[編集]

『浅井三代記』において暗愚とされている久政も、現在再評価が行われている。

浅井・朝倉同盟は久政の父である浅井亮政の代には存在した。亮政は、かつての主家である北近江守護京極氏の本家筋である南近江守護六角氏と対立していた際に、朝倉氏との同盟を築き上げた。当時の六角氏は名君六角定頼を筆頭に日の出の勢いであり、その優劣の差は亮政の才をもってしても補うことはできなかった。事実、亮政は美濃国越前国へ幾度も逃亡している。

一方、当時の朝倉氏も全盛期であった。その朝倉氏にしても、隣接する加賀や領内の一向一揆問題を抱えており、大勢力である六角氏との直接対立は望むことではない。緩衝地帯として、北近江を手中に収める浅井氏との同盟は理に適ったものあった。両者の利が一致して、朝倉・浅井同盟は築かれたのであろう。しかし、これが同盟であったか否かについては異議がある。

しかし、朝倉孝景朝倉宗滴が世を去った後の朝倉氏はかつての勢いを失っており、同盟の意味は薄まっていった。だからこそ、久政は朝倉氏から六角氏へと乗り換えたのだろうと思われる。六角氏に臣従する前、浅井氏は京極氏みら復権のため攻撃され窮地に陥っていた。[3]

六角氏に臣従して庇護を受ければ、他の勢力を牽制することになって侵攻を食い止められた。京極氏に対し、優位な立場にて和睦。あくまで京極氏を立てた上での形である[4]。 このため久政は領国経営に専念することができ、事実その間に久政は政治の安定化(後述)や先代の亮政が武力によって傘下に収めた土豪たちの掌握に努めており、浅井氏を国人一揆の合議による政治から戦国大名へと押し上げる基礎を築きあげることに成功していた。またこの時六角氏より先進技術を取り入れる事ができた。

さらに、六角氏の勢力内といっても、久政は未だ国人連合にとどまる江北の領主であり、後ろ盾の六角氏を手に力を手に入れた[5]。このことからすると、久政は彼自身としての外交構想を持っていたのではないかと思われる。弱腰と見られがちな従属という形も領国を守る手であり、外交の分野は一定の成功を収めたのではないだろうか。

内政においての再評価[編集]

内政面でも久政の業績を挙げることができる。まず、治水や灌漑事業がある。湖北の村々の河川用水の使用区域の対立を調停するため、法令や文書を発給し、それを阻害すると思われる豪族に対して圧力をかけている[6]

例としてこんな話がある。 当時小谷麓の村々で深刻な水不足があった。その辺りの用水の源である高時川の水流を握るのは、力を持つ豪族の井口氏であった。 久政は村民の願いによって井口氏へ圧力をかけたが、井口氏は大量の貢物という難題をふっかけ、あきらめさせようとした。しかし中野(現東浅井郡)の土豪がこれを引き受けたため、井口氏も渋々承諾したという[7]。(この間に中野の土豪の娘が人柱となって水を得たという逸話もある。また貢物の中に餅千駄とあったため、彼らの業績をたたえて餅ノ井と名づけられた。)

用水路を確保した久政は灌漑事業を拡大したが、用水をめぐって村同士の争いが発生した。この調停のため、用水口の統一や水量や村による優先順位の指定などをしている(なお、この時の取り決めは江戸から現代にかけてまで守られている)。

また、小谷城山上に六坊(寺の集住)を建設を行ったり、寺社衆に対して所領の安堵や税政策の強化などを打ち出した。(同寺文書) さらには小谷城の増築、土塁の建設も行っている。

徳政も行い、天文22年(1553年)。久政は父浅井亮政の徳政を発展させ、二十三箇条による法制度の導入を行った。年貢を納め時を待っての貸方の利益の保護を、父の制度を進めて一部改革を行った。(菅浦文書)

何よりこうした事業に努めることができたのは、六角氏の存在である。六角氏は言わずもが内政面において、当時先進的な政策を行っていた(楽市楽座、文書発給の幕府寄りの形から独自な裁定など)。これらを吸収し、花押も六角氏に似せた形を取って京極氏ら旧勢力からの脱却を目指して政治を領内にて行うことにより浅井氏のその後の戦国大名への基盤を作ることができた[8]

この他に、後世の悪評にもつながるが、積極的に能などの文化を推進し(久政には森本鶴太夫というお抱えの舞楽師がいた)、鷹狩や連歌を嗜んだ。

「裁判と民意の尊重」を進めた内政官であった[9]

諸子[編集]

登場作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『系図纂要』
  2. ^ 『系図纂要』
  3. ^ 垣見文書において、京極氏の浅井氏への攻撃が数年に渡り行われていたものと思われる。
  4. ^ 下坂文書では、下坂左馬之助に対して「新態の儀(中略)異議無き候」飯福寺文書においては久政は天分一九年に京極高広へ向けて上様と記している。
  5. ^ 支配が盤若ではないということは六角氏の侵入を容易にしていた事実を証明している。(小和田哲夫『近江浅井氏』新人物往来社)
  6. ^ 浅井久政の灌漑事業(小和田哲夫「近江浅井氏」)
  7. ^ 天文11年(1541)5月15日久政発給文書。「高月川(高時川)預り井口越前守許容之上、餅之井懸越候間、以来心得候て、迷惑時者、水まかし可被致候。恐等謹言。浅井久政大井(上六組懸り)所々百姓中」
  8. ^ (宮島敬一「浅井氏三代」)
  9. ^ 小和田哲夫談