小澤マリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おざわ まりあ
小澤 マリア
プロフィール
生年月日 1986年1月8日
現年齢 28歳
出身地: 日本の旗 日本北海道
血液型 A型
公称サイズ(2009年時点)
身長 / 体重 162 cm / 48 kg
BMI 18.3(低体重)
スリーサイズ 88 - 58 - 86 cm
ブラのサイズ E
活動
ジャンル ストリッパー
AV出演: 2005年 - 2010年
他の活動: AV女優
その他の記録
スカパー!アダルト放送大賞2010年度ライブドア賞受賞
AV女優テンプレート | カテゴリ

小澤 マリア(おざわ マリア、1986年1月8日 - )は北海道出身の元AV女優[1]ストリッパーティーパワーズTPJ)所属[2]

父はカナダ人、母が日本人という家庭に育つ[1]。旧芸名は、葉山麻理。

経歴[編集]

高校を卒業後、やりたい仕事が見つからずアルバイトをしていた。知り合いの友達がAV女優をしていたことから話を聞き、AV女優になる決心をした[3]

2005年10月、S1レーベルから『新人×ギリギリモザイク ナンバーワンスタイル』でアダルトビデオデビュー。同年末に開催されたMOODYZ年末大感謝祭で、エスワンの最優秀新人賞を受賞[4]

2006年8月26日、『チャンス!3海の家の宴』に出演し、ライブデビュー。

2007年4月、北都の新レーベルダスッ!に移籍。その後も、S1レーベル以外のレーベルに出演。同年7月、新宿ニューアートで、ストリップデビュー。この頃の給料は1ヶ月に150万円から200万円、多いときには300万円以上になったこともあった(AV1本の撮影で2日間で100万円前後)[3]

2009年1月、ビー・オープンよりティーパワーズへ移籍。同年10月30日にはDMMライブチャットに登場した[5]

2010年3月24日、スカイパーフェクTV!の「スカパー!アダルト放送大賞」のライブドア賞を受賞する[6]。同年、AV女優業から引退、ストリッパーに専念するようになった。

2012年10月、中華人民共和国の芸能界に本格参入することを発表した[7]

人物(特技、趣味、他)[編集]

  • ヴィジュアル系バンドが好きでMALICE MIZER(中でもメンバーのKamiL'Arc〜en〜Cielのファン。2008年に行われたX JAPANのライブ公演、『X JAPAN 攻撃再開 2008 I.V. ~破滅に向かって~』の最終日「創造の夜」を友人と見に行ったところ、大型スクリーンに何度も映されたことをブログで告白している(インターネット中継の映像でも一部確認できる)。
    • スポーツ紙のインタビューで、ロックバンドの追っかけにハマっていた事を告白。貧乏ミュージシャンとエッチのため、屋外ですることが多く「渋谷の公園のトイレの位置は全て頭に入っています」と答えているとされている。しかし、後に「オーマイニュース」の記者が「渋谷の公園のトイレの位置は全て頭に入っているという有力な説がありますが、本当ですか?」と尋ねたところ、「そんなことないですよー。自分の地元の公園や駅にあるトイレの場所を知っているだけで、渋谷の公園は広くて知り尽くしていませんよ」という答えが返ってきた[8]
    • ビジュアル系以外ではSEAMOの大ファンで、SEAMOの『MTV Apt.SEAMO』にて共演。
  • SMかに分けると、「断然ドM」と言う。インタビューで「胸を鷲掴みにされたり、お尻を叩かれたりするのが大好き」、「ぶっかけられるのも、イラマチオも好き」と答えている。

学生時代[編集]

小学1年生から高校生までインターナショナルスクール[1]クリスチャン・アカデミー・イン・ジャパンに通っていた。

勉強は疎かにして、バイトや部活動に励んでいた。部活は中学・高校ともにホッケー部(アイスホッケーではなく、陸上で行うホッケー)に所属していた[1][9][8]

中学2年の終わり、13歳の時に当時付き合っていた高校3年生の彼氏と初体験[1]

骨折して入院した彼氏を見舞いに行った際、六人部屋の病室で、彼のベッド周りの仕切りカーテンを閉めただけでフェラチオしたという。

仕事[編集]

  • 15歳の時にKinki Kidsと共に森永製菓のチョコレート菓子ダースCMに出演している。この頃はタレント活動はしておらず、たまたま誘われて行ったオーディションで合格しただけだという[10]
  • やりすぎコージー出演時にAVへの出演理由に対して、「AV女優」という仕事に誇りを持っており、「この業界に入ったのはAV女優という仕事のイメージを上げるため」と答えている。学生の頃よりAV女優を志しており、当時の彼氏とデビューに向けていろいろなテクニックを練習していたという。
  • 以前、付き合っていた男性の女友達がAV女優をやっていたり、周りに風俗の仕事をしている人が多かったため「裸の仕事も1つの仕事」であると認識する。知り合いにAV事務所を知っている人がおり、その人に「近々、裸の仕事をやりたいかも」と相談したところ、現在所属している事務所を紹介され、面接を受けて合格、デビューが決まった[9]
  • AV女優は天職と語っている。AV女優=暗い過去がある、ヤリマン、性欲が溜まっているというステレオタイプなイメージがあるが、自分はそうではないという。AVの仕事内容が好きというよりは、仕事環境が好きで、デビューから2008年の3年間、1度もNGを出さなかったのはとても恵まれた環境であったからと語っている[9]
  • 女性のポーズや表情、など研究を兼ねて、現在でも自分でアダルトDVDを購入。
  • AV女優専門キャバクラ「RedDragon」[11]デリバリーヘルス「CLUB虎の穴青山店」」[12]にも在籍している。

業界関係者[編集]

  • 自身のブログで尊敬するAV女優に小沢菜穂蒼井そら紫彩乃沢田麗奈を挙げた。
  • Rioはカワイイ系・妹系の女優と評される一方、小澤は典型的な美人モデル系の女優であり、ミックスの女優同士でキャラクターが被ってしまうという事はない。なお両者の「競演」も過去に雑誌であった。『おねがい!マスカット』には2回目まで出演していたが、特に目立つことはなかった。ただRioは「スカットメジャーリーグ」で「メジャー」に選んでおり、芸歴(その時点で3年)を尊重した配慮は見られた。
  • 緋咲アンナは小澤を憧れとしており、ファンであり、本人の楽天blog『アンナさん大成功です』にて、小澤を「様」付けで呼んで、崇めている。

交友関係[編集]

  • AV女優寧々と水野美香は、お互いのブログにも登場するほどプライベートでも仲がよい。また、歌手のステファニーとも友達。

スキャンダル[編集]

  • 2008年8月7日付けの東京スポーツで、ジャニーズ所属KAT-TUN(当時)の田中聖との熱愛が報じられる。小澤は自身のブログで「東スポなんて9割は嘘。交際を認めたとか(書いてあるが)私は取材すら受けていない」と熱愛を否定した[13]

その他[編集]

  • プライベートではオナニーの経験が無く、デビュー作品ではじめて経験した。
  • デビュー作品の撮影場所は、俳優・石坂浩二の自宅であった家をスタジオにしたところだった(新宿御苑の近くにある)
  • AV女優になる前はマクドナルド、コンビニ、レストランの店員、キャバクラ嬢、英語の先生などのアルバイトを経験している[9]
  • デビューしてしばらくは黒髪であったが、S1を離れ数年後にエクステを入れ始め、現在は完全茶色になっている。
  • ポメラニアンとフレンチブルドッグのハーフ(名前は、アポロ)と(名前は、臣(おみ))を飼っている。
  • タレント関根勤が小澤のファンである事をTV番組内で公表している。
  • マイポーチに浣腸とコーラックを入れて携帯している。

海外での人気[編集]

  • 東南アジアでも人気があり、タイのイベントに招待されたことがある[5]
  • 中国最大手検索サイト百度の「美女検索ランキング」と「女性スター検索ランキング」の両方で1位を獲得する位、彼女の人気は中国語圏で凄まじい。
  • 民主党議員の松浦大悟Twitterの書き込みによれば、インドネシアでは、男性ならほぼ全員が小澤のことを知っているという[14]。事実「ミヤビ」の愛称で人気が高く、2009年にはインドネシア映画『Menculik Miyabi(ミヤビの誘拐)』への出演話が持ち上がり、ムスリムの多いインドネシア国内で、反対デモが起きるなどの騒動を巻き起こした。
  • テレビ朝日の『世界の村で発見!こんなところに日本人』(2014年5月17日放送)で、インドネシア人より、インドネシアで最も有名な日本人女優は「セクシーセクシーミヤビ」だとして『Menculik Miyabi(ミヤビの誘拐)』の画像とともに紹介された。

作品[編集]

イメージビデオ[編集]

  • キレイナセックス(2006年5月11日、コンセント)
  • 小澤マリア/ネイキッドビ-ナス(2006年7月21日、ビ-エムドットスリ-)
  • new NUDE05(2006年11月22日、シャッフル)

アダルトビデオ(撮りおろし作品のみ)[編集]

2005年
  • 新人×ギリギリモザイク ナンバーワンスタイル(10月7日、エスワン
  • ギリギリモザイク 美しきパコパコ(11月19日、エスワン)
  • ギリギリモザイク 誘惑エロティックFUCK(12月7日、エスワン)
2006年
  • ギリギリモザイク ギリギリモザイク(1月19日、エスワン)
  • ギリギリモザイク SEX ON THE BEACH~南の島でパコパコ!(2月19日、エスワン)
  • ギリギリモザイク 6つのコスチュームでパコパコ!(3月19日、エスワン)
  • ギリギリモザイク 淫らな肉体(4月19日、エスワン)
  • ギリギリモザイク 学校でセックスしよっ(5月19日、エスワン)
  • ギリギリモザイク Wギリギリモザイク(6月7日、エスワン)共演:天宮まなみ
  • ギリギリモザイク 無限バコバコ5(7月19日、エスワン)
  • ギリギリモザイク ギリギリモザイク6本番(8月19日、エスワン)
  • ギリギリモザイク 妄想的特殊浴場 本指名(9月19日、エスワン)
  • ギリギリモザイク バコバコ乱交16(10月7日、エスワン)
  • ギリギリモザイク マリアとの共同生活は24時間セックスざんまい!(11月19日、エスワン)
  • ギリギリモザイク イヤラしい痴女5(12月7日、エスワン)
2007年
  • 小澤マリア×ギリギリモザイク COLLECTION1(1月7日、エスワン)
  • ハイパー×ギリギリモザイク ハイパーギリギリモザイク(1月19日、エスワン)
  • ギリギリモザイク パコパコ航空CA(2月19日、エスワン)
  • 憧れの美人ハーフ女子アナ中出しレイプ(4月25日、ダスッ!)
  • 人気ファッションモデル小澤マリア20連発中出し!(5月25日、ダスッ!)
  • 悶絶アクメ無制限潮吹き (6月25日、ダスッ!)
  • SPECIALGANGBANG☆3MIX 松嶋れいな、小澤マリア、芹沢直美 (7月25日、kira☆kira)共演:松嶋れいな芹沢直美
  • 美人ハーフ英語女教師小澤マリア20連発中出し!(8月25日、ダスッ!)
  • 100連発で中に出す!(9月25日、ダスッ!)共演:鈴木杏里
  • アナル奴隷浣腸噴射!(10月25日、ダスッ!)
  • 肛門性交生中出し(12月1日、ダスッ!)
2008年
2009年
2010年
  • 究極のレズキス(1月21日、稀有)共演:高城ゆい 他出演:椎奈つばめ、ちひろ、真田春香、つぼみ、星優乃
  • 僕は透明人間! パート9(3月4日 V&Rプロダクツ)他出演:COCO@、辻さやか、水瀬いつき、風見リオナ、小泉あずさ、小山内こころ
  • 美熟女お掃除フェラ 4(3月5日、OFFICE K'S)他出演:桐原あずさ横山みれい、立木ゆりあ、星優乃、平松恵理香
  • 奴隷街 第二章(3月7日、アタッカーズ)共演:早川瀬里奈、美麗
  • 女子高生オマンコおっぴろげコレクション2(3月12日、OFFICE K`S)他出演:成瀬心美、佐伯奈々涼宮ラム真咲南朋
  • 超高級王様ゲーム(3月18日、SODクリエイト)共演:波多野結衣彩月あかり浜崎りお晶エリー
  • 女王様ブッカケ中出し輪姦ザーメン塗れの元S女(4月19日、クロス)
2011年
  • グラマラスセックス(6月15日、ワンズファクトリー)

その他、上記のセル系ビデオをレンタル向け再編集し、タイトル変更した作品も多数。

オリジナルビデオ[編集]

アダルトビデオ(総集編)[編集]

  • み~んなでパコパコしよっ2 (2006年4月7日、エスワン)
  • S級痴女が犯してあげる (2006年4月7日、エスワン)
  • 美巨乳ボインボイン4時間! (2006年4月19日、エスワン)
  • S1 '04.11~'05.10全281タイトル 5時間まとめてドーンッ!! (2006年5月7日、エスワン)
  • みんなでパコパコ ON THE BEACH (2006年6月7日、エスワン)
  • バコバコ騎乗位4時間! (2006年6月19日、エスワン)
  • 美脚美女の挑発FUCK4時間! (2006年7月7日、エスワン)
  • ハイパーギリギリモザイク (2006年8月7日、エスワン)
  • ウブなセックスたっぷり見せちゃうぞ 2 (2006年8月19日、エスワン)
  • 抜き挿しクッキリ! ドアップ結合部たっぷり4時間! (2006年9月7日、エスワン)
  • 100コスチュームでパコパコ4時間! (2006年9月7日、エスワン)
  • 3Pパコパコ4時間! 前から!後ろから!突かれまくりスペシャル!! (2006年9月19日、エスワン)
  • スーパーS級アイドル4時間! 1 (2006年10月7日、エスワン)
  • S1女学院 み~んなでパコパコ学園祭! 2 (2006年10月7日、エスワン)
  • 美巨乳ボインボイン4時間! 2 (2006年10月19日、エスワン)
  • オチンチン大好き い~っぱいフェラチオしてあげる 2 (2006年11月19日、エスワン)
  • ビッチャビチャ潮吹き大洪水25連発! (2006年12月7日、エスワン)
  • S級女優23人!大絶叫バコバコ4時間 (2006年12月7日、エスワン)
  • S1ガールズコレクション 382タイトル7時間まとめてドーンッ!! (2007年1月7日、エスワン)
  • S1ガールズコレクション 発射無制限♥妄想的特殊大浴場 2 (2007年1月7日、エスワン)
  • S1ガールズコレクション 濃厚ザーメン♥たっぷり顔射4時間! 2 (2007年1月19日、エスワン)
  • S1ガールズコレクション バコバコ騎乗位4時間! 2 (2007年1月19日、エスワン)
  • タイトル:kira☆kira BEST2007 下半期総集編(2008年4月19日、kira☆kira)
  • 1周年記念!ダスッ!総集編8時間(2008年4月24日、ダスッ!)
  • ソープしちゃうぞ◆ THE BEST(2010年8月13日、クリスタル映像)他9名(月野りさ雪見紗弥灘坂舞青木りんつぼみ浜崎りお真田春香灘坂舞鮎川なお星崎アンリ)出演
  • PREMIUM 生姦中出し 223min(2012年9月13日、Cream Pie)

書籍[編集]

トレーディングカード[編集]

写真集[編集]

(寫真集)小澤マリア Ozawa Maria 小泽玛丽亚 小澤瑪莉亞 Miyabi 写真 XCity - JuicyHoney '06

DVD付きMOOK[編集]

  • DMM増刊 小澤マリア(2006年2月22日、GOT)

カレンダー[編集]

  • 小澤マリア(ヌード) 2007年 カレンダー(2006年9月21日、トライエックス)

電子書籍[編集]

  • DMM増刊 小澤マリア(2006年2月22日、GOT)
  • JUICYHONEY 小澤マリア(2006年9月24日、デジタルコンテンツ社)
  • Zeppin専科 Vol.07 「小澤マリア ~コスプレ五番勝負~」(2007年3月16日、Dolce Vita)

携帯サイト[編集]

出演[編集]

テレビバラエティ[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 特命係長 只野仁(テレビ朝日)- サウナ従業員アニータ 役
    • スペシャル(2005年)*葉山麻理名義で出演
    • 3rdシーズン

映画[編集]

  • 特命係長 只野仁 最後の劇場版 (2008年12月)- サウナ従業員アニータ 役
  • Menculik Miyabi (2009年、インドネシア映画)
  • 絕命派對 (2009年4月、台湾映画
  • Hantu Tanah Kusir (2010年、インドネシア映画)

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d e 小澤マリアの部屋へようこそ”. ベストビデオ (2005年9月号). 2012年5月20日閲覧。
  2. ^ 所属モデル”. 2012年5月20日閲覧。
  3. ^ a b 東京AV・モデル【ビー・オープン】在籍の小澤マリアさんへお仕事についてのインタビュー”. k-fubaito.com. 2012年5月20日閲覧。
  4. ^ コレが参加メーカーの2005年の代表作!, All About, (2006-01-19), http://allabout.co.jp/entertainment/adultvideo/closeup/CU20060119A/index2.htm 2008年11月13日閲覧。 
  5. ^ a b 「当日は○○な格好をしちゃいます♪」小澤マリアちゃんが見せるド級のセクシー姿!”. 日刊サイゾー. 2012年5月20日閲覧。
  6. ^ スカパー!アダルト放送大賞2010”. 2012年5月20日閲覧。
  7. ^ 人気AV女優小澤マリア、中国芸能界に本格参入”. 人民網 (2010年10月12日). 2012年11月9日閲覧。
  8. ^ a b c OhmyNews (2007年8月30日). “カリスマAV女優・小澤マリアに独占インタビュー(後編)”. 2008年9月30日閲覧。
  9. ^ a b c d OhmyNews (2007年8月29日). “カリスマAV女優・小澤マリアに独占インタビュー(前編)”. 2008年9月30日閲覧。
  10. ^ 小澤マリア公式ブログ (2008年9月28日). “質問返しpart ∞”. 2008年9月30日閲覧。
  11. ^ 小澤マリア - 六本木RedDragon/レッドドラゴン|在籍キャストプロフィール
  12. ^ 渋谷 青山 デリヘル 風俗店 CLUB虎の穴 / 小澤マリア
  13. ^ 小澤マリア公式ブログ (2008年8月7日). “祭†”. 2008年8月13日閲覧。
  14. ^ GOGOdai5 (2009年). “Twitter”. 2009年12月4日閲覧。

外部リンク[編集]

※以下は、18禁サイト