CA (アダルトビデオ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社CA
CA Co., Ltd.
種類 株式会社
略称 アウトビジョン
outvision
本社所在地 日本の旗 日本
106-0032
東京都港区六本木3-15-20
武原ビル2階
設立 1990年3月29日
業種 情報・通信業
事業内容

各種映像の企画・制作(成人向け)
ビデオ・DVDの販売促進業務

映画・ビデオの映像製作、編集業務、販売及びその企画営業代行業務並びにそのコンサルタント業務
代表者 齋藤 仁一(代表取締役
資本金 3,000万円(発行済株式数900株)
売上高 206億8200万円(平成21年7月期)
従業員数 101名
外部リンク http://www.ca-ca.jp/
特記事項:1.旧商号は、株式会社北都(2009年11月1日に現商号へ変更)
2.会社情報は、Coojinの求人情報のもの。
テンプレートを表示

株式会社CA(シーエー、CA Co., Ltd.[1])は、日本の大手アダルトビデオメーカーである。旧社名は株式会社北都(ほくと、HOKUTO Corporation)。通称アウトビジョンoutvision)。

概要[編集]

石川県加賀市で物流業やビデオレンタル業などを営む株式会社ケー・シー(KC)が母体[2]

CAの直営レーベルと取り扱いメーカーで、アウトビジョングループを構成。同グループは、ソフト・オン・デマンドグループと並ぶ日本の非ビデ倫アダルトビデオ企業グループ最大勢力の一つである。

登記上の本店(本社)は東京都港区六本木3-15-20 武原ビル2階。東京都目黒区中目黒3-16-7 エバグリーン・ガーデン3Aから2009年10月1日に移転登記を行っている。 以前はガーデンプレイス内に事業所を設置していたが、六本木の武原ビルに移転している。

内外のメーカー以外にも、映像コンテンツのブロードバンド配信やオンラインDVDレンタルなどを行うECサイト「DMM.com」を運営する株式会社デジタルメディアマート(DMM)や、DMMの系列会社でインターネット事業を展開している株式会社ドーガ(DooGA)、雑誌「月刊DMM」「Bejean」などの発行やアイドルイメージビデオの制作・販売を行う株式会社ジーオーティー(GOT)といった企業と協力関係にある[2]。ただし、現在DMMは経営的に別とする情報もある[2]

沿革[編集]

1990年4月に北都として創業後、当初は加賀市に本社を置きつつ、日本ビデオ倫理協会加盟メーカーとして企画ものAVを中心にリリースしていた[2]。当時のリリースペースは月8本前後で、ごく一般的なAVメーカーだった。アニメ『うろつき童子』のパロディ作品『超妖魔伝説 うらつき童子』シリーズ(中野貴雄監督・1994年)が欧州でもリリースされ、話題を呼んだこともあった。

1994年には本社機能を石川県に残しつつ、東京にも事業拠点を置き、総合販売部門である「アウトビジョン」の業務を拡充。また1997年にはビデ倫を脱退。この頃から毎月膨大な作品を発売するようになり、1997年は月20本だったリリース本数は、2000年には月200本の大台に達した。商品は企業名を前面に出さないという戦略により、メーカー名を冠せず販売されていた。

北都の拡大路線は、多数の下請け制作会社を活用した外注制作と、人件費の安い石川県を拠点にした物流、受注販売による営業コストの削減等により可能になったとされる。またアウトビジョンが(店の在庫リスクが少ない)委託販売方式によって販路を拡大し、膨大な作品を流通させることができた。

1999年には、デジタルメディアマートを設立し、映像配信サイト「DMM」を開設する[3]

2000年以降は、従来路線は踏襲しつつも、発売点数を絞り込むとともに、有力な自社レーベルのメーカー化を推進する方向に転換。「Mr.プレジデント」から改組された総合レーベル「MOODYZ(ムーディーズ)」や、単体系レーベルの「エスワン(S1 NO.1 STYLE)」等がこうしたメーカーにあたる。2006年5月リリース分まで対外的には北都との関係を積極的に公表していなかった。同年6月リリース分より、ジャケット裏面に表記される所在地は「石川県加賀市美岬町1-1 AVCサポートセンター(メーカー名)係」に統一したが、2007年8月リリース分より、所在地は「東京都渋谷区恵比寿4丁目5番28号 恵比寿ガーデン605号(メーカー名)係」に変更されている。

また関連企業であるDMMの急成長等を背景に、独立系レーベルの囲い込みを進める。「アタッカーズ」の買収、ソフト・オン・デマンドグループであった「ドグマ」の独占販売開始を皮切りに、「マルクス兄弟」、「桃太郎映像出版」、「トライハートコーポレーション」、「アロマ企画」、「AVS」、「オーロラプロジェクト」といった有力メーカーとの関係を強化し、アウトビジョングループとして一大勢力を形成するに至っている。

2005年4月、アイデアポケットのレンタル向け商品のリリースを開始。10月には関連会社の有限会社ティーアイエスを通じてレンタル部門への本格参入を果たす。2006年7月からは「桃太郎ピクチャーズ」(桃太郎のレンタル部門)の流通もティーアイエスが担当している。

従来、倫理審査団体は日本倫理審査協会(JEJA、日倫)に所属(外部メーカーを中心に例外あり)。実質的には自主規制であったが、2007年7月、ビジュアルソフト・コンテンツ産業協同組合(VSIC)の審査に移行した。

2007年12月 - 2008年1月に開催される「AVグランプリ」を主催する「AVグランプリ事務局」には、当社とジーオーティー、デジタルメディアマート、ティーアイエスの4社が協力している。

2008年12月 - 資本金4500万円から3000万円に減資登記を行っている。

2009年6月より、一部ラジオ局でスポンサー提供・専属AV女優出演の番組を展開(後述参照)。11月、従来の株式会社北都から株式会社CAに社名変更[4]
9月末日時点で、現在の代表取締役以外の取締役が一斉退任している。

会社の事業目的[編集]

1.ビデオ機器、レーザーディスク機器、ファミリーコンピュータ及びその関連機器並びにビデオソフト、レーザーディスク、ファミリーコンピュータゲームソフト及びコンパクトディスクの製作販売。
2.玩具の販売。
3.フランチャイズチェーンシステ厶によるビデオソフト、レーザーディスク、ファミリーコンピュータゲームソフト及びコンパクトディスク販売業加盟店の募集及び加盟店の把握業務。
4.不動産の売買、賃貸、管理、仲介等の取引に関する業務。
5.企業の経営管理及び販売活動に関する人材育成のための教育及び養成。
6.宝石、貴金属製品、日用品雑貨の輸出入業務。
7.古物売買業。
8.出版業。
9.映画・ビデオの映像製作、編集業務、販売及びその企画営業代行業務並びにそのコンサルタント業務。
10.シーディロムの制作、販売。
11.広告・宣伝代理業務。
12.写真撮影業務。
13.各種イベントの企画、制作、運営、管理。
14.各種イベント、展示会、キャンペーン等販売促進に関する行事の企画、立案、会場設営、実施運営作業の請負業務。
15.上記各号に附帯関連する一切の業務。

※ 2011年11月30日変更 2011年12月5日登記

関連企業[編集]

アウトビジョングループの主なメーカー[編集]

内部メーカー[編集]

外部メーカー[編集]

スポンサー提供番組[編集]

※ いずれも、S1 No.1 STYLE名義の提供だが、CMは「DMM.com」のみ流れていた。

脚注[編集]

  1. ^ JP WHOIS /JPRSにおける、ドメイン名「outvision.co.jp」の検索結果より参照。
  2. ^ a b c d 参考文献(金沢誠のコラム)を参照
  3. ^ 業界最大手AVサイト「DMM」証券業も…変身のワケ
  4. ^ 株式会社CAの企業情報 - Coojin 求人情報検索(10046826)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]