森下くるみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
もりした くるみ
森下 くるみ
プロフィール
生年月日 1979年7月29日
現年齢 35歳
出身地: 日本の旗 日本秋田県秋田市
血液型 AB型
公称サイズ(2006年時点)
身長 / 体重 164 cm / kg
スリーサイズ 85 - 60 - 89 cm
ブラのサイズ C
活動
ジャンル アダルトビデオ
AV出演: 1998年 - 2011年
専属契約: ソフト・オン・デマンド
Maza sirdute.pngドグマ
AV女優テンプレート | カテゴリ

森下 くるみ(もりした くるみ、1979年7月29日 - )は、日本の元AV女優。女優。作家。秋田県秋田市出身。身長:164cm。スリーサイズ:B85 (C) ・W60・H89。血液型:AB型(2006年時点での公称)。なお、初期のプロフィールでは出身地・誕生日・血液型等で異なる記載をしているものが多い。

セルビデオ時代最初のAVアイドルである[1]

略歴・人物[編集]

秋田県立秋田工業高等学校卒業[2]1998年9月に『うぶ』(ソフト・オン・デマンド)でデビュー。インディーズAVメーカー初の専属女優として、当時としては異例であった12本の出演契約を結んだ(後に契約はさらに延長された)。

初期の出演作では、多くのファンを獲得し、ロリータ系AV女優として人気を得た。AVに加え、写真集を含むグラビアでも活動した。

2002年にはソフト・オン・デマンドを離れ、TOHJIROが設立したドグマの専属女優となり、2009年現在に至るまで出演を続けている。

公式ウェブサイトやブログを通じて、自身の趣味を公開している。それによれば、好みの映画監督はアレハンドロ・ホドロフスキー、ミュージシャンではキース・ジャレット友川かずきキング・クリムゾンである。また旅行も趣味であり、これまでにスペインタイマレーシア台湾チベット中国南部・沖縄県などを訪れている。

近年はクラブイベントに出演して、CDを使ったDJプレイを披露したり、また雑誌でコラムや官能小説を執筆する[3]など、AV女優以外での活動も行っている。

要求される内容がどんどんハードになってきたので、2008年にAV女優を引退し、[4]2011年11月にAV引退を発表[5]

作品[編集]

映画[編集]

  • 劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ(2011年、入江悠監督)
  • すべては「裸になる」から始まって(2012年、中町サク監督)
  • ユートピアサウンズ(2013年、三間旭浩監督)
  • 死んでもいいの 百年恋して(2013年12月) - 主演・主婦祐加役

アダルトビデオ[編集]

オリジナル作品[編集]

1998年
  • うぶ(1998年9月18日、UBU(ソフト・オン・デマンド))
  • ぴくぴくしちゃう(1998年10月16日、UBU(ソフト・オン・デマンド))
  • セーラーむらむらブルマーぷるぷる(1998年11月20日、UBU(ソフト・オン・デマンド))
1999年
  • 暴行 an outrage - While I Believe You.(1999年1月8日、ON(ソフト・オン・デマンド))
  • 瑠璃色の森 ワイセツな蕾が開く夜(1999年2月5日、ON(ソフト・オン・デマンド))
  • 四六時中SEX くるみAV女優中間発表(1999年3月5日、ON(ソフト・オン・デマンド))
  • 女体実験室 ナース狩り(1999年4月9日、ON(ソフト・オン・デマンド))
  • 喪失 アナルヴァージン(1999年5月14日、ON(ソフト・オン・デマンド))
  • 特濃くるみるく(1999年6月11日、ON(ハムレット))
  • くるくるくるみ物語 うぶ伝説(1999年6月18日、DEMAND(スペース企画=ソフト・オン・デマンド)
  • けじめ 三浦真紀ファイナル(1999年8月6日、ON(ハムレット))主演:三浦真紀
  • AV女優(1999年9月3日、DEMAND(スペース企画=ソフト・オン・デマンド))
  • 秘技伝授 男をイカせるテクニック入門(1999年10月8日、SPACE(スペース企画=ソフト・オン・デマンド))共演:小室友里
  • ノーガードSEX 涙のクロスカウンター(1999年10月22日、SPACE(スペース企画=ソフト・オン・デマンド))
  • 緊縛女子校生 完全版(1999年12月1日、SPACE(スペース企画=ソフト・オン・デマンド))
2000年
  • 第1回 森下くるみのファン感謝デー(2000年1月20日、ON(ハムレット))
  • 美少女組曲淫語(2000年2月5日、ON(ハムレット))
  • 禁断の花園 くるみレズ地獄(2000年3月5日、ON(ハムレット))共演:川奈まり子沢賀名
  • 恋身(れんしん)女子校生パティ(2000年7月20日、DEMAND(ハムレット))
  • 森下くるみの音 Fuckin'on(2000年9月5日、SENZ(ハムレット))
  • 全裸若女将(2000年12月8日、セルシネマ(ハムレット))共演:吉川みなみ蛍雪次郎扇まや如月夕奈川村南工藤小夏飛鳥舞子小池ゆい立花ひろみ、鈴木あや
2001年
  • プライベート(2001年1月10日、ハムレット)
  • 表くるみ裏くるみ(2001年2月7日、ON(ハムレット))
  • 青い性欲SPECIAL(2001年5月10日、ドグマ
  • ザーメン・バトル・ロワイヤル(2001年7月19日、ON(ハムレット))
  • 森下くるみの手コキ・淫語・痴女(2001年9月7日、ON(ハムレット))
2002年
2003年
  • 悪女の時間 究極の痴女対決(2003年2月10日、ドグマ)共演:朝河蘭
  • スペレズ2003(2003年3月10日、ドグマ)共演:桜井風花
  • 特濃くるみるく2003(2003年3月10日、ドグマ)
  • 美しい痴女の接吻とセックスSpecial(2003年5月10日、ドグマ)
  • ミリオンスペシャル ヌードの森 メモワール・レズビアン(2003年6月27日、ミリオン)共演:及川奈央
  • 男根少女(2003年7月10日、ドグマ)共演:澤宮有希風間京子
  • 拘束椅子トランス(2003年10月10日、ドグマ)
2004年
  • チェンジ(2004年4月10日、ドグマ)共演:桜井風花
  • コスプレくるみのオナニー・ナビゲーター(2004年5月10日、ドグマ)
  • 拘束椅子レズビアン(2004年7月10日、ドグマ)共演:三上翔子
  • 東京M女ストーリー(2004年9月10日、ドグマ)
  • コスプレくるみの普通のSEX4連発(2004年12月10日、ドグマ)
2005年
  • 森下くるみの恋と性欲(2005年1月10日、ドグマ)
  • 蔵の中~あの世と この世が まぐわるエロス~(2005年4月15日、KILLER(MOODYZ))共演:南波杏
  • エンドレス・ファッカー2005(2005年6月19日、ドグマ)
  • ストリッパー(2005年12月4日、colors(SODクリエイト))共演:夏目ナナ桜田さくら西村あみ友田真希
2006年
  • くるみのブログ(2006年1月19日、ドグマ)
  • 縄・トライアングル・レズビアン(2006年6月19日、ドグマ)共演:姫咲しゅり星月まゆら
  • ブラック・くるみ(2006年11月19日、ドグマ)
2007年
  • KILLER KURUMI(2007年1月19日、ドグマ)
  • BODYJACK(2007年7月19日、ドグマ)
  • 肉便器先生(2007年10月15日、ドグマ)
2008年
  • マンコがマンコに恋をする理由(2008年1月19日、ドグマ)共演:松野ゆい
(実質的な引退作品)

主な編集作品 (単独名義作)[編集]

2000年
  • TOHJIROH作品集BEST VOL.4 森下くるみスペシャル(2000年2月20日、BEST(ハムレット))
  • 第1回 森下くるみのファン感謝デー 特別編集 ザーメンスペシャル(2000年6月5日、DEMAND(ハムレット))
  • AV女優 ヘアー解禁版(2001年7月19日、ソフト・オン・デマンド)
2001年
  • 秘技伝授 男をイカせるテクニック入門 ヘアー解禁版(2001年8月22日、ハムレット)
  • ノーガードSEX 涙のクロスカウンター ヘアー解禁版(2001年9月20日、ハムレット)
2002年
  • 森下くるみヒストリー「永久保存版」 Vol.1 1998.9~1999.3(2002年7月5日、SODクリエイト)
  • 森下くるみヒストリー「永久保存版」 Vol.2 1999.4~1999.12(2002年7月19日、SODクリエイト)
  • 森下くるみヒストリー「永久保存版」 Vol.3 2000.1~2000.12(2002年8月4日、SODクリエイト)
  • 森下くるみヒストリー「永久保存版」 Vol.4 2001.1~2000.11(2002年8月17日、SODクリエイト)
2003年
  • ミリオンスペシャル ヌードの森 メモワール・レズビアン 完全版(2003年6月27日、ミリオン)
  • ザーメンコレクション 森下くるみ編(2003年8月3日、バリュー(SODクリエイト))
2006年
  • ストリッパー 特別編集版(2006年4月6日、SODクリエイトド)
  • ドグマ5周年記念 くるみベスト(2006年4月19日、ドグマ)
2008年
2010年

著書等[編集]

エッセイ[編集]

対談集[編集]

小説[3][編集]

  • 『硫化水銀』(小説現代2008年2月号掲載)
  • 『ダリア』(エソラ〔小説現代増刊〕VOL.5掲載)
  • 『バニラ』(ソニー・デジタルエンタテインメント2011年11月発表)

写真集[編集]

  • milk(1999年1月20日発行、撮影:斉木弘吉、英知出版ISBN 4754212134
  • TENNYO 3(2000年9月25日発行、撮影:宮沢正明、英知出版)ISBN 4754212665
  • KARAMI 08(2002年1月15日発行、撮影:横山こうじ、三和出版ISBN 4883568733
  • らぶぱら片思い「ずっとずっと想い焦がれた少女(キミ)へ、もしもこの恋がかなうなら。」(2002年7月5日発行、撮影:マキハラススム、竹書房ISBN 4812409373

その他[編集]

  • 「真コラム百人斬り!! 森下くるみの800ワード」 趣味は映画鑑賞を料理。好みのタイプは三船敏郎とジョニー・デップ BREAK Max(コアマガジン)
  • 「おんなはつらいよ」映画秘宝モバイルサイト「映画秘宝クラブ」内

脚注[編集]

  1. ^ 「クラスで上から2~3番目じゃないと、AV女優になれない!?」AV業界、激動の15年史”. 日刊サイゾー (2012年8月1日). 2013年11月3日閲覧。
  2. ^ 公式Facebookより
  3. ^ a b 2012年現在、ケータイ小説や電子書籍などの小説執筆活動は、本名に近い名前で行っている。(雑誌『NAO DVD』2012年8月号のインタビューより)
  4. ^ 伝説AV嬢 1本のギャラは「小さな国産車程度しか買えない」2011年10月21日NEWSポストセブン
  5. ^ 。TOHJIROH監督の下、引退作品を制作する日時まで決まっていたが、製作には至らず、AV引退を発表することになった。(雑誌『NAO DVD』2012年8月号のインタビューより)
  6. ^ 単行本版が発売して間もなく英知出版の自己破産申し立てにより流通不能になったため、「再発」である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]