マルコ・ベロッキオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルコ・ベロッキオ
Marco Bellocchio
マルコ・ベロッキオMarco Bellocchio
生年月日 1939年11月9日(75歳)
出生地 ピアチェンツァ県ボッビオ
国籍 イタリアの旗 イタリア

マルコ・ベロッキオMarco Bellocchio, 1939年11月9日 - )は、イタリア映画監督脚本家

来歴[編集]

1939年11月9日ピアチェンツァ県ボッビオで生まれる。ミラノで哲学を学んでいたが、映画に転向。1959年からローマ国立映画実験センターで映画製作を学んだ[1]

1965年、『ポケットの中の握り拳』で映画監督としてデビュー。1967年の『中国は近い』は第28回ヴェネツィア国際映画祭審査員特別賞と国際映画批評家連盟賞を受賞した。1968年にはイタリア共産党に入党している。

その後、精神科医のマッシモ・ファジョーリと知り合い[2]、作風を精神分析的なものへと変貌させる。マルーシュカ・デートメルスを起用してレイモン・ラディゲ同名小説』を大胆な解釈で映画化した『肉体の悪魔』(1986年)やベアトリス・ダルが自身を魔女と称す女性を演じた『サバス』(1988年)、日常的な会話を止め、舞台言語だけを話す男を描いた『蝶の夢』(1994年)がその代表作である[1]。また、1991年には『La Condanna』が第41回ベルリン国際映画祭審査員グランプリを受賞している[3]

2000年代からは作風を再び社会的・政治的なものに戻し、1978年赤い旅団が起こしたアルド・モーロ元首相の誘拐殺人事件を扱った『夜よ、こんにちは』(2003年)やベニート・ムッソリーニの最初の妻を描いた『愛の勝利を ムッソリーニを愛した女』(2009年)といった作品を発表し、いずれも高い評価を得ている[2]

2011年第68回ヴェネツィア国際映画祭栄誉金獅子賞を受賞。2012年尊厳死について扱った『眠れる美女』を発表。同作は第69回ヴェネツィア国際映画祭第25回東京国際映画祭で上映された。2015年には新作『L'ultimo vampiro』が公開される予定である。

作品[編集]

長編劇映画のみ記載。
  • ポケットの中の握り拳 I Pugni in tasca (1965年)
  • 中国は近い La Cina e vicina (1967年)
  • Nel nome del padre (1971年)
  • Sbatti il mostro in prima pagina (1972年)
  • Marcia trionfale (1976年)
  • Il gabbiano (1977年)
  • Salto nel vuoto (1980年)
  • Vacanze in Val Trebbia (1980年)
  • Gli occhi, la bocca (1982年)
  • エンリコ四世 Enrico IV (1984年)
  • 肉体の悪魔 Il Diavolo in corpo (1986年)
  • サバス La Visione del Sabba (1988年)
  • La condanna (1991年)
  • 蝶の夢 Il Sogno della farfalla (1994年)
  • Il principe di Homburg (1997年)
  • La balia (1999年)
  • 母の微笑 Il Sorriso di mia amdre (2002年)
  • 夜よ、こんにちは Buongiorno, notte (2003年)
  • 結婚演出家 Il Regista di Matrimoni (2006年)
  • Sorelle (2006年)
  • 愛の勝利を ムッソリーニを愛した女 Vincere (2009年)
  • Sorelle Mai (2010年)
  • 眠れる美女 Bella Addormentata (2012年)
  • L'ultimo vampiro (2015年)

脚注[編集]

  1. ^ a b マルコ・ベロッキオ”. 2014年8月22日閲覧。
  2. ^ a b マルコ・ベロッキオについて”. 2014年8月22日閲覧。
  3. ^ Berlinale: 1991 Prize Winners”. Berlinale. 2014年8月22日閲覧。

外部リンク[編集]