MALICE MIZER

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
MALICE MIZER
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル プログレッシブ・ロック
プログレッシブ・メタル
ゴシック・ロック
活動期間 1992年 - 2001年
事務所 Midi:Nette
公式サイト http://www.malice-mizer.co.jp/
メンバー
Klaha(ボーカル
Manaギター
Közi(ギター)
Yu~ki(ベース
Kami(ドラムス
旧メンバー
TETSU(ボーカル)
Gackt(ボーカル)
GAZ(ドラムス)

MALICE MIZER(マリスミゼル)は、日本のヴィジュアル系ロックバンド1992年8月結成、2001年12月31日をもって活動休止。バンド名の由来は「悪意と悲劇」という意味を持つフランス語。

主なメンバー[編集]

過去に在籍したメンバー[編集]

  • TETSU(テツ) - 初代ヴォーカル (MALICE MIZER→MEGA8BALL→ZIGZOnil) 脱退以降は本名の高野哲名義での活動となり、2012年より、ZIGZOとしての活動を再開している。ヴィジュアルも脱退後はほぼノーメイクとなっている。
  • Gackt(ガクト、神威楽斗) 2代目ヴォーカル&ピアノ 現在はソロ歌手、俳優、タレントとして活動中。
  • GAZ(ガズ) - ドラム  脱退後Kneuklid Romanceに加入、その後脱退するが2009年、2011年、2012年のKneuklid Romance復活時に参加。現在DOVERMANとして活動中。

サポートメンバー[編集]

略歴[編集]

  • 1992年8月、前身のバンド「摩天楼」が「MALICE MIZER」と「Knueklid Romance」「翡翠」へと分裂をし、Mana、Közi、KAIEが中心となり結成。(KAIEは即脱退)
  • 1993年3月にドラムのGAZ(現:Knueklid Romance)脱退後、神村右狂(後に右狂→Kamiと改名)がサポート加入し、6月20日、正式メンバーとして、神村右狂が加入し活動開始。
    • 同年『BRAIN TRASH』『SPEED OF DESPERATE』『SANS LOGIQUE』『SADNESS』音源リリース。
  • 1994年7月24日、『memoire』をシリアルナンバー入り3000枚限定6曲入りでリリース、予約で完売となる。12月24日にはデラックス盤として『バロック』を新録、ブックレット付BOX仕様でリリース。12月27日のLIVEでTETSU (Vo) 脱退、以後しばらく活動停止となる。
  • 1995年10月10日、2代目ヴォーカルオーディションにて、Gackt.C(前身バンドCAIN'S FEELでは当初ドラムを担当、後にヴォーカルに転身)が加入。LIVE「華麗なる復活劇 ~新たなる悪意と悲劇の物語が始まる~」渋谷ON AIR WESTのチケットはソールドアウト。
    • 12月10日、第2期ラインナップ(Gackt、Mana、Közi、Yu~ki、Kami)での初音源『麗しき仮面の招待状』リリース。
  • 1996年6月9日にはフル・アルバム『Voyage Sans retour』をリリース。3月には東京都愛知県大阪府でTOURを行い、EVENT等にも参加、夏には全国TOURも敢行する。10月10日には"新生MALICE MIZER 1周年"を記念してのブックレット付CDS『ma chérie~愛しい君へ~』をリリース。
  • 1997年日本コロムビアと契約しメジャーデビューを果たす。7月19日フランスロケを敢行した映像作品を加えた初回限定版シングル『ヴェル・エール~空白の瞬間の中で~』(通常版同年8月6日発売)を発売。
  • 1998年7月28日横浜アリーナ公演を最後にGacktが失踪、事実上脱退。さらに翌年1999年6月21日にはKamiがくも膜下出血で急逝。しばらくの間ヴォーカリスト不在のまま残された3人での活動となる。
    • 同年9月に日本コロムビアとの契約を切りMidi:Nette M.†.M(ミディネット エーム・クロワ・エーム)を設立し独自レーベルでの活動に戻る。事実上のインディーズからの再スタート。
    • 同年11月3日、6th Single『再会の血と薔薇』はヴォーカル無しの3人となって初のシングルをリリース。
  • 2000年7月26日、8th Single『白い肌に狂う愛と悲しみの輪舞(ロンド)』で異例のヴォーカルのサポートヘルプメンバーとしてKlahaが同曲に参加。7月、Klahaが正式に3代目ヴォーカリストとして加入。
  • 2001年12月31日、メンバーそれぞれの自由な発想により各々の活動を展開しようという考えから2001年いっぱいをもちMALICE MIZER活動停止と発表(発表は同月11日)。
  • 2010年7月17日、Moi dix MoisとKöziによるジョイントツアー「Deep Sanctuary2」赤坂BLITZ公演にて、「再会の血と薔薇〜ず」と称しオリジナルメンバーのMana、Közi、Yu~kiによるセッションが行なわれた。

概要[編集]

楽曲・衣装・セットの点において独自の世界観を徹底した、奇抜なパフォーマンスで知られる。 楽曲の大きな特徴はクラシック音楽とロックを巧みに織り交ぜた点にある。これはメンバーの多くが幼少期にクラシック音楽に触れていたことによる。衣装は白塗りの顔に中世ヨーロッパ文化を織り交ぜたものが大半を占めるが、あるメンバーには十二単調の衣装なども存在し、アーティスト写真によっては、各々バラバラのコンセプトととれるような衣装を纏っていたこともあった。 演劇要素を取り入れて、幻想的なライブを行うのが魅力の一つであるが、初代ヴォーカルのTETSUはロックバンド指向の強い人物であったため、そういったパフォーマンスを嫌っており、脱退することとなった。 TETSUが脱退し、Gacktが加入した頃、Gackt自身はメンバーに「ステージで空を飛びたい」と語っている。 また、活動当時は電球を使わず蝋燭を照明として使用する、家具をロココ調で揃えていると公言するなど公私に渡ってバンドの世界観を徹底させていた。「とんねるずのハンマープライス」では「MALICE MIZERのメンバーが貴方の家を「マリスの館」にしてくれる権」を出品した。

また、ギターのManaはファンから「Mana様」の愛称で呼ばれ、表舞台では徹底して喋らない(因みにトークイベントなどの際には、隣に「通訳」の人員を置き、「耳打ち」によって間接的に発言する。Manaによる「Moi dix Mois」としてのヨーロッパでのイベントの際には、この「耳打ち」の光景に歓声があがるという)。

発表された曲のいずれもオリコンランキングチャートの上位にランクイン[1]するヒットを飛ばし人気を博し順風満帆に思えてきたが、1998年12月にGacktが突如行方不明になる。ワイドショーやメディアでは「雲隠れ」と報道された。1999年1月にファンクラブ広報で正式に脱退を表明。さらに同年6月21日、ドラムのKamiの突然の死と不慮の事態が続く。その後、しばらく3人での活動となり、2000年7月にMALICE MIZER初期の頃よりライヴでのサポートや親交のあったKlaha(前身バンドPRIDE OF MIND)が「白い肌に狂う哀と悲しみの輪舞」でサポートヴォーカリストとして参加。その後、同月に正式に3代目MALICE MIZERヴォーカリストとして参加。着実にCDのセールスを上げ、他方映画出演などの活動の幅を広げていたが、2001年12月に「各メンバーの自由な活動展開を」との考えから音楽活動を停止した。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格 備考
第1期
1st 1992年10月31日 SANS LOGIQUE デモテープ
2nd 1993年4月5日 SADNESS
3rd 1993年10月12日 THE 1TH ANNIVERSARY
第2期(インディーズ)
1st 1995年12月10日 麗しき仮面の招待状 マキシシングル シークレットトラック収録
2nd 1996年10月10日 ma chérie 〜愛しい君へ〜 ファンクラブ開設記念シングル
特殊ブック仕様
第2期(メジャー)
1st 1997年7月19日(初回盤)
1997年8月6日(通常盤)
ヴェル・エール 〜空白の瞬間の中で〜 8cmシングル c/wはKöziがヴォーカル
2nd 1997年12月3日 au revoir 初回クリスタルカードケース・ポストカード付
3rd 1998年2月11日 月下の夜想曲 初回特殊紙仕様
4th 1998年5月20日 ILLUMINATI 初回ミラージャケット
5th 1998年9月30日 Le ciel 〜空白の彼方へ〜 初回限定スペシャルワイド・ジャケット
第3期
1st 1999年11月3日 再会の血と薔薇 マキシシングル
2nd 2000年5月31日 虚無の中での遊戯
3rd 2000年7月26日 白い肌に狂う愛と哀しみの輪舞
4th 2001年5月30日 Gardenia 初回スリーブケース・ステッカー付
5th 2001年6月21日 Beast of Blood
6th 2001年10月30日 真夜中に交わした約束~薔薇の婚礼~ DVD付き
7th 2001年11月30日 Garnet~禁断の園へ~

アルバム[編集]

発売日 タイトル 備考
第1期
1st 1994年7月24日 memoire 初回版3000枚限定
1994年12月24日 memoireDX ボーナストラック追加DX仕様
第2期
1st 1996年6月9日 Voyage Sans retour 初回5000枚予約限定販売
Box仕様 ブックレット付
2nd 1998年3月18日 merveilles 初回A5サイズ特殊ブック仕様
2005年10月5日 La Collection merveilles -L'édition Limitée- CD+DVD豪華版オルゴール付
第3期
1st 2000年8月23日 薔薇の聖堂 初回A5サイズ特殊ブック仕様

ベストアルバム[編集]

発売日 タイトル 備考
1st 2004年10月1日 La Collection des Singles -L'édition Limitée- ベストBOX 5000セット限定販売
2006年7月19日 La Collection des Singles CD+DVD通常盤
2nd 2006年10月18日 La meilleur selection de MALICE MIZER ファン投票の結果により選曲

その他[編集]

  • 神話(Kami's MEMORIAL BOX) (2000年2月1日)(Kamiの遺した作品をメンバーの手で完成させたもの、CD&VIDEO)

VIDEO/DVD[編集]

  • ヴェル・エール~空白の瞬間の中で~de l'image (1997年9月3日)
  • merveilles ~終焉と帰趨~ l'espace (1998年10月28日/2002年3月30日)
  • merveilles-cinq (5) parallele- (1999年2月24日/2002年3月30日)
  • 再会の血と薔薇 ~de l'image~
  • 薔薇に彩られた悪意と悲劇の幕開け (2000年11月22日)
  • sans retour Voyage“derniere”~encoure une fois~ (2001年4月18日)
  • 薔薇の軌跡 (2001年4月25日 VIDEO&DVD同時発売)
  • Beast of Blood~de l'image~ (2001年7月11日 VIDEO&DVD同時発売)
  • 薔薇の伝承 序章 (2001年9月21日)
  • Cardinal (2002年2月6日)
  • 薔薇の婚礼 (2002年3月22日)(初主演映画)
  • Sélection de performances live(2007年3月28日)

BOOK[編集]

出演[編集]

映画[編集]

テレビ番組[編集]

  • MALICE MIZER sur TV "l'image de merveilles" (1997年)
  • 薔薇の軌跡 (2000年)

地上波での音楽番組出演はあまり無かったが、一方で笑っていいとも!のテレフォンショッキングやハンマープライスなどバラエティ番組にも出演している。メジャーデビュー後間もなく「MALICE MIZER」単体にスポットを当てた特別番組があり、当初からメディアに強烈なインパクトを与えたバンドだったと言える。また、後に放映されたものも含め、MALICE MIZERの特別番組は全てDVDとして発売されている。

ラジオ番組[編集]

  • 真夜中のs'il vous plaît (シルヴプレ) (メインパーソナリティー:Gackt、Kami、Közi)
  • 私設秘書の著述 (メインパーソナリティー:Gackt、Kami、Közi)
    ※開始時この番組には正式なタイトルは無かったが、番組内の早口言葉のコーナーからこの言葉が抜擢されそのままタイトルとなった。
  • 真夜中 DE s'il vous plaît (シルヴプレ) (メインパーソナリティー:Yu~ki、Közi)

10th Anniversaryファン投票[編集]

  • 10th Anniversary作品第2弾として『La Meilleur de MALICE MIZER』がリリースされるにあたり、インディーズ時代からコロムビア時代を通しての第二期MALICE MIZERの曲でファン投票が行われた。
  • 投票範囲は、シングル「麗しき仮面の招待状」~「Le ciel 〜空白の彼方へ〜」の7作、アルバム『Voyage Sans retour』『merveilles』の2作。

結果[編集]

  1. ma chérie 〜愛しい君へ〜
  2. ヴェル・エール 〜空白の瞬間の中で〜
  3. 月下の夜想曲
  4. au revoir
  5. Le ciel

脚注[編集]

  1. ^ ファーストアルバム『merveilles」はオリコン初登場時2位と言う結果ながら、その後のインタビューでManaは「一位じゃなければ意味が無いですよ」などと語っている。

外部リンク[編集]