マリア・デ・ラス・メルセデス・デ・オルレアンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
María de las Mercedes de Orleans.jpg

マリア・デ・ラス・メルセデス・デ・オルレアンスMaría de las Mercedes de Orleans, 1860年6月24日 - 1878年6月26日)は、スペインアルフォンソ12世の最初の王妃。マリア・デ・ラス・メルセデスは「慈悲のマリア」を意味する名前である。フランス名はマリー・デ・グラース・ドルレアン(全名:Marie des Grâces Isabelle Françoise d’Assise Antonia Louise Fernande Philippe Amélie Christine Françoise de Paule Raymonde Rita Cayetana Jeanne Josépha Joaquime Anne Raphaëlle Philomène Thérèse de la Très Sainte Trinité Gaspara Melchiora Balthazara de Tous les Saints d'Orléans)。

モンパンシエ公アントワーヌフランスルイ・フィリップの末子)とスペイン王女ルイサ・フェルナンダフェルナンド7世の娘)の娘として、マドリード王宮で生まれた。彼女はフランス王族であったが、同時にスペイン王女でもあった。イサベル2世の姪にあたり、父アントワーヌは結婚と同時にスペイン王子の称号も授けられたためである。彼女は幼年時代をセビーリャサンテルモ宮殿で送った。マリアの家族はアントワーヌの王位への野心のせいで警戒され、マドリードに住めなかった。アントワーヌの子供たちには王位継承権があり、最も順位が高いマリアの兄フェルナンドは13歳で死んだ。マリアは、姉のマリア・イサベル(のちルイ・フィリップの嫡孫パリ伯フィリップと結婚)、マリア・アメリア(19歳で死去)、マリア・クリスティーナらとともに、最も近い順位にいることになった。

1860年代のスペインは、革命の動乱の中にあった。伯母イサベルが退位すると、マリアの一家も亡命した。1872年、12歳のマリアは従兄のアストゥリアス公アルフォンソと初めて出会った。

1876年、アルフォンソの即位が実現すると、同時にマリアとの結婚が発表された。この結婚に不同意のイサベル2世は(カルリスタ王位請求者マドリード公カルロスの娘ブランカと結婚させて、国内の対立を沈静化させる計画だった)、マリアに会おうともしなかった。自分の意が通らないなら一生結婚しないと言ったアルフォンソは、1878年1月にマリアとアトーチャ教会で挙式した。マリアの黒い瞳と黒髪は「アンダルシアの夜の漆黒」と謳われた。この挙式は、スペイン史で広く知られるものの一つである。

新婚旅行の後、マリアに肺結核の兆しが現れた。マリアは流産をし、1878年7月にわずか18歳で急死した。

王妃マリアは黒衣と修道女としての法衣を着せられ、王立納骨堂ではなくエル・エスコリアル修道院に埋葬された(子供を生んだ王妃だけが納骨堂に埋葬されるならいのため)。

衝撃のあまりアルフォンソは体調を崩した。首相カスティーリョが早く新しい王妃を迎えるべきだと勧めると、アルフォンソはマリアの姉マリア・クリスティーナを選んだ。不幸なことに、マリア・クリスティーナも婚約中に肺結核に罹患して死んだ。2度の不幸に打ちのめされたアルフォンソは、従妹へのこだわりを捨て、オーストリア大公女マリア・クリスティーナと結婚し、3人の子供を得た。なお、その第1子である長女はマリア・デ・ラス・メルセデスと名付けられている。

マリアは、マドリードの王宮の向かいに建てられた新しい教会、アルムデナ大聖堂に現在眠っている。1883年に建設が始まり、2000年11月にアルフォンソの遺言により、マリアの棺が移された。マリアの死から約100年後の2004年5月、アストゥリアス公フェリペ(のちの国王フェリペ6世)と妃レティシアがここで華燭の典を挙げた。