フィリップ (パリ伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パリ伯フィリップ

ルイ・フィリップ・アルベール・ドルレアン(Louis Philippe Albert d'Orléans, 1838年8月24日 - 1894年9月8日)は、フランスルイ・フィリップの孫。パリ伯(comte de Paris)の称号を授けられた。父はルイ・フィリップの長男オルレアン公フェルディナン・フィリップ。ルイ・フィリップの在位中、1842年に父が早世したため、第1王位継承者となった。しかし1848年の2月革命でルイ・フィリップはイギリスへ追放された。パリ伯フィリップを母エレーヌの摂政のもとに王位に就かせようとする努力もなされたが、実現はせず、フィリップも母や弟シャルトル公ロベールとともに国外へ逃れた。

オルレアニスト(オルレアン派)によって「フランス王フィリップ7世」とされた。

家族[編集]

ルイ・フィリップ王の末子モンパンシエ公アントワーヌ・ドルレアンの長女で、従妹に当たるマリー・イザベル(1848年 - 1919年)と1864年に結婚した。2人の間には4男4女が生まれた。

先代:
ルイ・フィリップ (フランス王)
フランス王位請求者
(オルレアン派)

オルレアン家当主
1850年 - 1894年
次代:
フィリップ8世
先代:
アンリ5世
フランス王位請求者
(正統派)
1883年 - 1894年
次代:
フィリップ8世