ロベール・ドルレアン (シャルトル公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャルトル公ロベール・ドルレアン

ロベール・フィリップ・ルイ・ウジェーヌ・フェルディナン・ドルレアンRobert Philippe Louis Eugène Ferdinand d'Orléans, duc de Chartres, 1840年11月9日 - 1910年12月5日)は、フランスの元王族。軍人。王太子・オルレアン公フェルディナン・フィリップの次男で、国王ルイ・フィリップの孫、王位請求者パリ伯フィリップの弟。シャルトル公。

1840年パリ生まれ。アメリカ南北戦争で北軍側に、そして1870年には普仏戦争に参加した。1863年ロンドン郊外のキングストン (Kingston-on-Thames) において、叔父ジョアンヴィル公フランソワ・ドルレアンの娘で従妹のフランソワーズ・ドルレアンと結婚した。

1886年、彼はフランスを追放された。

1910年、サン=フィルマン(Saint Firminオート=アルプ県コミューン)で死去した。

家族[編集]

ロベール・ドルレアンは、妻フランソワーズとの間に5人の子をもうけた:

著書[編集]

  • Histoire de la guerre civile en Amérique – 7 Bände. Paris: 1874–87

外部リンク[編集]