アントワーヌ・ドルレアン (モンパンシエ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モンパンシエ公アントワーヌ、フランツ・ヴィンターハルター画、1844年

アントワーヌ・ドルレアンAntoine Marie Philippe Louis d'Orleans, duc de Montpensier, 1824年7月31日 - 1890年2月4日)は、フランスの王族。モンパンシエ公。

フランス王ルイ・フィリップと妃マリー・アメリーの末子として、ヌイイ城で誕生した。

1846年10月、マドリードスペイン王女ルイサ・フェルナンダ(スペイン女王イサベル2世の妹)と結婚した。この結婚により「スペイン王子アントニオ」(Infante Antonio de España)の称号も得た。2人には10子が生まれた(フランス名で記す)。

アントワーヌはスペイン王女を妃としたことで、スペイン王位への野望を隠さなかった。1848年2月革命でスペインへ亡命した。義姉イサベル2世に対抗して、反・宰相フアン・プリム派を支持した。1870年には、王配フランシスコの弟セビーリャ公エンリケ・マリアと決闘して公を殺し、1ヶ月間投獄された。同年11月、イサベル2世に代わる国王の選挙がコルテスで行われた際、イタリア王子のアマデオ1世が191票を得て選ばれたのに対し、アントワーヌはわずか27票しか得られなかった。