アメリー・ドルレアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリー・ドルレアン

アメリー・ドルレアン(Marie Amélie Louise Hélène d'Orléans, 1865年9月28日 - 1951年10月25日)は、ポルトガルカルルシュ1世の王妃。ポルトガル語アメリア(Maria Amélia Luísa Helena de Orleães)。

ともにフランスルイ・フィリップの孫で従兄妹同士である、パリ伯フィリップマリー=イザベル・ドルレアンの娘として、ロンドン郊外のトゥイッケナム(Twickenham)で誕生した。スペインアルフォンソ12世マリア・デ・ラス・メルセデスは母方の叔母にあたる。1886年にカルルシュと結婚。3子をもうけた。

1908年2月1日、リスボンでの暗殺事件で、夫カルルシュは即死、長男ブラガンサ公は事件から20分後に死亡した。アメリーは驚くべきことに無傷だった。暗殺者たちは、警護員らに銃撃され死亡、後にポルトガル共和党のメンバーとわかった。片腕を負傷した次男マヌエルが王位についた。

1910年、ポルトガル共和国樹立とともに国王一家は亡命、アメリーはル・シェネで死んだ。王国の瓦解によって、アメリーはポルトガル最後の王妃となった。