カルロ・タンクレーディ・ディ・ボルボーネ=ドゥエ・シチリエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カラブリア公カルロ・タンクレーディ
カルロ・タンクレーディの紋章

カルロ・タンクレーディ・ディ・ボルボーネ=ドゥエ・シチリエ(Carlo Tancredi di Borbone-Due Sicilie, 1870年11月10日 - 1949年11月11日)は、スペイン王子(Infante de España)、また旧両シチリア王国の王家ブルボン=シチリア家の一員。スペイン名はカルロス・タンクレド・デ・ボルボーン=ドス・シシリアス(Carlos Tancredo de Borbón-Dos Sicilias)。両シチリア王フェルディナンド2世の四男カゼルタ伯アルフォンソと、その従妹で両シチリア王族のマリーア・アントニエッタの次男。最後の国王フランチェスコ2世の甥に当たる。

1901年にマドリードで、スペイン王アルフォンソ12世の王女マリア・デ・ラス・メルセデスと結婚した。父アルフォンソは嗣子のいないフランチェスコ2世の死後に両シチリア王家の家長となっていたが、カルロはこの結婚に際してその継承権を放棄し、代わってスペイン王子の身分を得た。2人の間には2男1女が生まれた(名前はスペイン名で記す)。

1903年にメルセデスと死別した後、カルロは1907年にパリ伯フィリップの娘ルイーズ・ドルレアンと再婚した。2人の間には1男3女が生まれた(上に同じ)。

父アルフォンソの後を継いで両シチリア王家家長となった兄フェルディナンド・ピウスには男子がなかった。フェルディナンド・ピウスが1960年に死去した際、すでにカルロは死去していたが、家長の座を巡ってカルロの長男アルフォンソと、カルロの弟カストロ公ラニエーリが争う事態となった。以後もこの2人の子や孫の間で係争が続いている。