カルロ・タンクレーディ・ディ・ボルボーネ=ドゥエ・シチリエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルロ・タンクレーディ
Carlo Tancredi
ボルボーネ=シチリア家
Carlos Tancredo de Bourbon-Duas Sicílias.JPG
カルロ・タンクレーディ(1900年)
称号 カゼルタ伯
全名
出生 1870年11月10日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国グリースドイツ語版
死去 1949年11月11日(満79歳没)
スペインの旗 スペインセビリア
埋葬 スペインの旗 スペインセビリア、救世主教会
配偶者 マリア・デ・ラス・メルセデス
  ルイサ
子女
父親 アルフォンソ
母親 マリーア・アントニエッタ
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

カルロ・タンクレーディ・ディ・ボルボーネ=ドゥエ・シチリエイタリア語: Carlo Tancredi di Borbone-Due Sicilie, 1870年11月10日 - 1949年11月11日)は、スペイン王子(Infante de España、また旧両シチリア王国の王家ボルボーネ=シチリア家の一員。スペイン語名はカルロス・タンクレド・デ・ボルボン=ドス・シシリアスCarlos Tancredo de Borbón-Dos Sicilias)。最後の国王フランチェスコ2世の甥に当たる。

生涯[編集]

両シチリア王フェルディナンド2世の四男カゼルタ伯アルフォンソと、その従妹で両シチリア王族のマリーア・アントニエッタの次男として生まれる。

1901年にマドリードで、スペイン国王アルフォンソ12世の王女マリア・デ・ラス・メルセデスと結婚した。父アルフォンソは嗣子のいないフランチェスコ2世の死後に両シチリア王家の家長となっていたが、カルロはこの結婚に際してその継承権を放棄し、代わってスペイン王子の身分を得た。2人の間には2男1女が生まれた(名前はスペイン名で記す)。

1903年にマリアと死別した後、1907年にパリ伯フィリップの娘ルイーズ・ドルレアンと再婚した。2人の間には1男3女が生まれた(上に同じ)。

両シチリア王家家長であった兄フェルディナンド・ピオに先立って死去した。1960年に死去したフェルディナンドは男子がおらず、家長の座を巡ってカルロの長男アルフォンソと、カルロの弟カストロ公ラニエーリが争う事態となった。以後もこの2人の子や孫の間で係争が続いている。

スペイン王子カルロス・タンクレドの紋章