アルフォンソ・デ・ボルボーン=ドス・シシリアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルフォンソ・デ・ボルボン=ドス・シシリアス・イ・ボルボンAlfonso de Borbón-Dos Sicilias y Borbón, 1901年11月30日 - 1964年2月3日)は、スペイン王子(Infante de España)、また旧両シチリア王国の王家ブルボン=シチリア家の一員。カラブリア公およびカゼルタ伯。イタリア名ではアルフォンソ・マリア・ディ・ボルボーネ=ドゥエ・シチリエAlfonso Maria Leo Christinus Alfonso di Liguori Antonio Francesco Saverio di Borbone-Due Sicilie)。晩年の1960年以後、叔父カストロ公ラニエーリと両シチリア王家家長の座をめぐって争った。異母妹に現スペイン王フアン・カルロス1世の母マリア・デ・ラス・メルセデスがいる。

カゼルタ伯カルロ・タンクレーディと、スペイン王アルフォンソ12世の長女マリア・デ・ラス・メルセデスの長男として、マドリードで生まれた。1904年、母マリアが妹イザベッラを出産後に急逝すると、母の弟であるスペイン王アルフォンソ13世(当時は独身)によって、アストゥリアス公およびスペイン王子の称号を授けられた(アストゥリアス公位については、1907年アルフォンソ王子が誕生するまで)。

1936年ブルボン=パルマ家家長エリアと母の従妹にあたるオーストリア大公女マリア・アンナの四女アリーチェ・ディ・ボルボーネ=パルマと結婚し、3子をもうけた。

先代:
マリア・デ・ラス・メルセデス
アストゥリアス公
1904年 - 1907年
次代:
アルフォンソ
先代:
カゼルタ伯アルフォンソ
両シチリア王家家長
1960年 - 1964年
(カラブリア系)
次代:
カラブリア公カルロ