アルフォンソ・デ・ボルボーン=ドス・シシリアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルフォンソ・マリア
Alfonso María
ボルボーネ=シチリア家
Infante Alfonso de Borbon.png
アルフォンソ・マリア(1912年)
称号 アストゥリアス公
カラブリア公
カゼルタ伯
全名
出生 1901年11月30日
スペインの旗 スペイン王国マドリード
死去 1964年2月3日(満62歳没)
スペインの旗 スペインマドリード
埋葬 スペインの旗 スペインサン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアルエル・エスコリアル修道院
配偶者 アリシア
子女
父親 カルロ・タンクレーディ
母親 マリア・デ・ラス・メルセデス
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

アルフォンソ・マリア・デ・ボルボン=ドス・シシリアス・イ・ボルボンスペイン語: Alfonso María de Borbón-Dos Sicilias y Borbón, 1901年11月30日 - 1964年2月3日)は、スペイン王子(Infante de España、また旧両シチリア王国の王家ボルボーネ=シチリア家の一員。カラブリア公およびカゼルタ伯。イタリア語名はアルフォンソ・マリア・ディ・ボルボーネ=ドゥエ・シチリエAlfonso Maria di Borbone-Due Sicilie)。異母妹にスペイン国王フアン・カルロス1世の母マリア・デ・ラス・メルセデスがいる。

生涯[編集]

カゼルタ伯カルロ・タンクレーディと、スペイン国王アルフォンソ12世の長女マリア・デ・ラス・メルセデスの長男として、マドリードで生まれた。1904年、母マリアが妹イザベッラを出産後に急逝すると、母方の叔父にあたるスペイン王アルフォンソ13世(当時は独身)によって、アストゥリアス公およびスペイン王子の称号を授けられた(アストゥリアス公位については、1907年アルフォンソ王子が誕生するまで)。

1936年ボルボーネ=パルマ家家長エリアと母の従妹にあたるオーストリア大公女マリア・アンナの四女アリーチェ・ディ・ボルボーネ=パルマと結婚し、1男2女を儲けた。

両シチリア王家家長であった伯父のカラブリア公フェルディナンドが死去した1960年以後、カラブリア公位を継いで叔父のカストロ公ラニエーリと両シチリア王家家長の座をめぐって争った。

先代:
マリア・デ・ラス・メルセデス
アストゥリアス公
1904年 - 1907年
次代:
アルフォンソ
先代:
フェルディナンド
両シチリア王家家長
(カラブリア系)
1960年 - 1964年
次代:
カルロ