マリーア・ヴィットーリア・ダル・ポッツォ・デッラ・チステルナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スペイン王妃マリア・ビクトリア

マリーア・ヴィットーリア・カルロッタ・エンリケッタ・ジョヴァンナ・ダル・ポッツォ・デッラ・チステルナイタリア語:Maria Vittoria Carlotta Enrichetta Giovanna dal Pozzo della Cisternaスペイン語:María Victoria dal Pozzo della Cisterna, 1847年8月9日 パリ - 1876年11月8日 サンレモ)は、イタリアヴィットーリオ・エマヌエーレ2世の次男アオスタ公アメデーオの最初の妻。夫が1870年から1873年までアマデオ1世としてスペイン王の座にあった間、スペイン王妃であった。

サルデーニャ王国の貴族で自由主義政治家であった第5代チステルナ公カルロ・エマヌエーレ・ダル・ポッツォ・デッラ・チステルナと、その妻でベルギー貴族のルイーズ・ド・メロード=ウェステルロー伯爵夫人の長女として生まれた。母方の叔母アントワネットは、モナコシャルル3世の妃である。1863年5月30日にトリノでイタリア王子のアオスタ公アメデーオと結婚した。2人の結婚式の間、民衆たちの間ではアメデーオとマリーア・ヴィットーリアの夫婦には多くの不幸が待っているという噂が流れていた。マリーア・ヴィットーリアは翌1864年に父が死ぬと同時に、第6代チステルナ=ベルリグアルド女公、第7代ヴォゲーラ侯爵夫人および第9代ポンデラーノ伯爵夫人の爵位を相続した。

夫のアオスタ公が1870年11月16日にスペイン王に選出されると、マリーア・ヴィットーリアもスペイン王妃となった。王妃としての彼女は控えめで、慈善活動にのみ熱心に取り組んだ。1873年2月11日に夫が廃位されると、マリーア・ヴィットーリアもイタリアに帰国した。逃避行と出産で体を痛めていたマリーア・ヴィットーリアは、その年のうちに亡くなった。夫のアメデーオは1888年、実の姪であるマリー・レティシア・ボナパルトと再婚している。

子女[編集]

夫アメデーオとの間に3人の息子をもうけた。