マリア・デ・カスティーリャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリア・デ・カスティーリャ

マリア・デ・カスティーリャ(María de Castilla, 1401年9月1日 - 1458年10月4日)は、アラゴンアルフォンソ5世の王妃。カスティーリャエンリケ3世と王妃カタリナの娘。

1415年に従兄であるアルフォンソと結婚し、翌1416年の夫の王位継承により王妃となった。2人の間に子供は生まれなかった。なお、1418年にマリアの弟フアン2世とアルフォンソの妹マリアが結婚している。

アルフォンソ5世はアラゴン王位とともにバルセロナ伯、およびバレンシアシチリアの王位を継承していたが、ナポリ王位を争って1442年に獲得した。アルフォンソ5世はたびたび出征を重ねた後、ナポリ王国の征服後はナポリに宮廷を構えてアラゴンやカタルーニャへは戻らなかった。そのため、マリアは夫に代わって摂政としてカタルーニャを治めた。

1458年、夫の死から3ヶ月余り後にバレンシアで死去した。

先代:
エンリケ3世
アストゥリアス女公
1402年 - 1405年
次代:
フアン2世