ショウ郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「譙郡」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

譙郡(しょう-ぐん)は、中国にかつて存在した三国時代から唐代にかけて、現在の河南省東部と安徽省北部にまたがる地域に設置された。

概要[編集]

三国のにより、沛郡を分割して譙郡が立てられた。譙郡は豫州に属した。

のとき、譙郡は城父山桑竜亢の7県を管轄した[1]

南朝宋のとき、譙郡は・蘄・寧陵襄邑長垣の6県を管轄した[2]

南朝斉のとき、譙郡は北譙郡と改められた。斉の北譙郡は寧陵・譙・蘄の3県を管轄した[3]

北魏のとき、譙郡は南兗州に属し、蒙・蘄・寧陵の3県を管轄した[4]

北周のとき、譙郡は亳州に転属した。

583年開皇3年)、が郡制を廃すると、譙郡は廃止されて、亳州に編入された。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、亳州が譙郡と改称された。譙郡は譙・酇・城父・穀陽・山桑・臨渙の6県を管轄した[5]

621年武徳4年)、唐が王世充を平定すると、譙郡は亳州と改められ、譙・城父・穀陽・鹿邑・酇の5県を管轄した。742年天宝元年)、亳州は譙郡と改称された。758年乾元元年)、譙郡は亳州と改称され、譙郡の呼称は姿を消した[6]

僑置譙郡[編集]

東晋のとき、譙郡の本土が五胡の統治下にあったため、僑郡南譙郡が置かれた。南北朝時代のあいだ、南北の王朝は激しく郡県を争奪したため、南北の譙郡が王朝ごとに各地に置かれる混乱した状況に陥った。

淮南の南譙郡[編集]

東晋の太元年間、淮南に南譙郡が僑立された。南朝宋のとき、南譙郡は南豫州に属し、山桑・譙・銍・扶陽・蘄・城父の6県を管轄した[2]。南朝斉のとき、南譙郡は山桑・蘄・北許昌・扶陽・曲陽嘉平の6県を管轄した[3]東魏のとき、南譙郡は合州に属し、蘄・邵陵の2県を管轄した[4]

渦陽の南譙郡[編集]

東魏の武定末年、南譙郡は譙州に属し、渦陽茅岡柏橋蜀坡の4県を管轄した[4]

揚州の北譙郡[編集]

508年(北魏の永平元年)、北譙郡が置かれた。北譙郡は揚州に属し、安陽・北譙の2県を管轄した[4]

楚州の北譙郡[編集]

東魏の武定末年、北譙郡は楚州に属し、南蔡・北譙の2県を管轄した[4]

脚注[編集]

  1. ^ 晋書』地理志上
  2. ^ a b 宋書』州郡志二
  3. ^ a b 南斉書』州郡志上
  4. ^ a b c d e 魏書』地形志二中
  5. ^ 隋書』地理志中
  6. ^ 旧唐書』地理志一