VJA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
VJA
設立 1983年9月
(VISAジャパン協会)[1]
所在地 東京都港区
活動地域 日本の旗 日本
会員数 89 (2012年3月末現在)[2]
ウェブサイト http://www.vja.gr.jp/
テンプレートを表示

VJA(ブイ・ジェイ・エイ)は、Visa日本におけるメンバーの一つである。通称「VJ協会」。

本記事においては、実質的なMasterCard部門であるオムニカード協会(オムニカードきょうかい)についても併せて取り扱う。尚、便宜上「VJA」の名称は特に断り書きの無い限り両者の総称として使用する。

概要[編集]

VJA[編集]

1968年、住友クレジットサービス(現:三井住友カード)とバンク・オブ・アメリカとの提携により、海外専用の「住友国際カード」が発行された事が、日本国内におけるVISA[3]普及の布石となる。

1980年2月、それまで日本国内・海外で分かれていたカードを統合、国内外共通の「住友VISAカード」が発行される。そして、よりスムーズな事業展開の為、同年5月に日本におけるVISA発行会社の統括機関としてビザ・ジャパン株式会社が設立される。

1983年9月にビザ・ジャパン協会へ改組、2006年4月に現在の名称に変更[1]。会長は歴代の三井住友カード株式会社代表取締役社長が務める。

オムニカード協会[編集]

1989年、大手クレジットカード会社による国際ブランドデュアル化の流れに対応し、VJ協加盟会社がMasterCardブランドのクレジットカードを発行出来る様にする為に設立される。しかし、MasterCardブランドは主力商品であるVISAの補完的な位置付けにあり、積極的な宣伝等は行われていない。

また、VJ協会に加盟する会社の中にはオムニカード協会発足以前よりUCカードDCカードUFJカードといった他グループへの並行加盟によりMasterCardブランドの取扱いを行っていたケースも多く見られ、必ずしも全ての会社がオムニカード協会へ参加しているわけではない。

尚、キャンペーンは、VJ協会と共催しているが、オムニカード協会のウェブサイトは存在しない為、キャンペーンをインターネットで確認する場合はVJ協会又は各社のウェブサイトを参照する必要がある。

VJAグループ[編集]

VJAに加盟するクレジットカード会社及び銀行の一覧。名称末尾に「☆」マークがあるものは2013年2月現在、MasterCardの新規入会を受け付けている発行会社。

VJAグループに共通するサービス[編集]

VJAグループでは、VJAグループに共通するサービスと、各社が独自に提供するサービスが存在する。ここでは、VJAグループに共通するサービスについて記述する。 独自サービスを提供するシティカードジャパン(以下「CCJ」)については、シティカードジャパン#主なサービスを参照。

Vpass[編集]

支払金額の照会や支払方法の変更などをインターネットで行う事が出来るサービスである。VJAグループの内、CCJを除く各社が発行するVISAカードの会員が利用する事が出来る。また、天満屋カードサービス株式会社が発行するVISAカード等、三井住友カードが業務代行を行うカードの一部でも利用する事が出来る。

モバイルVpass

携帯電話のインターネット閲覧機能を用いるVpassと同様のサービスである。NTTdocomo(株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(NTTドコモ))のiモードauKDDI株式会社及び沖縄セルラー電話株式会社)のEZweb、SoftBank(ソフトバンクモバイル株式会社)のYahoo!ケータイ又はDisney Mobile(ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社)の Disney Web のいずれかで利用する事が出来る。但し、九州カードが株式会社西日本シティ銀行と提携し発行するクレジットカードの会員が新規に登録する場合は、「九州VISAカード」でなく「西日本シティVISAカード」を選択しなければならない等の違いがある。

VJデスク[編集]

海外の主要な都市に設けられている電話サービスで、現地のホテルレストランの紹介・予約、交通機関の案内やクレジットカードの盗難対応・医療案内などに日本語で利用する事が出来るサービスである。 業務はツーリストインターナショナルアシスタンスサービス株式会社及び株式会社JTBグローバルアシスタンスに委託している。

VJAグループの内、CCJを除く各社が発行するVISAカードの会員が利用する事が出来る。また、JFRカード株式会社(MasterCardを除く)、株式会社セディナ(「Cedyna CF Card GOLD」に限る)の会員もそれぞれ利用する事が出来る。

VJトラベルデスク[編集]

ツーリストインターナショナルアシスタンスサービスに業務を委託し提供する旅行の予約・手配サービスである。電話で申し込む形となるが、料金が最大5%引となるのが特徴である。

VJホテルステイプラン[編集]

提携しているホテルに優待料金で宿泊する事が出来る。電話で予約する際に「VJホテルステイプラン」利用の旨を伝えるだけで利用する事が出来る。

VJロードサービス[編集]

日本ロードサービス株式会社と提携し提供するロードサービスである。VJAグループの内、三重銀カード[11]、紀陽カード、九州カード[12]などが取り扱っている。

尚、三井住友カードは、株式会社インターパートナー・アシスタンス・ジャパンと提携し「三井住友カードロードサービス」を提供している[13]

VJタクシーチケット[編集]

タクシーチケットである。20枚綴で発行手数料は税込315円(VISAプラチナカード、VISAゴールドカード、VISAヤングゴールドカード20s、VISAエグゼクティブカードの会員は無料)。但し、同じVJAにあっても、三井住友カード以外の多くのカードでは、ビジネスカードのみの特典となっている。

GlobePass[編集]

三井住友カードがアジア金融機関と設立した「GlobePass」のサービスを利用する事が出来る。尚、VJAグループは、GlobePassの日本に於ける活動を推進する「GlobePass推進協議会」に参加している。

空港ラウンジサービス[編集]

VISAプラチナカード及びVISAゴールドカード[14]の会員が利用する事が出来るサービスであり、次の空港その他飛行場に設けられたラウンジを利用する事が出来る。

ワールドプレゼント[編集]

VJAグループの内、CCJを除く各社が採用するポイントサービスである。

VISAカードのショッピングの利用額が1000円毎に1ポイントが貯まる。追加カード・サービス(一部を除く)を用いるショッピングの利用でも同様である。但し、次の特定加盟店での利用はポイントの付与の対象とはならない。また提携カードなど、独自のポイントサービスが導入されているカードではワールドプレゼントの対象とならない場合がある。

  • 国民年金の保険料の納付
  • 楽天Edy(旧ビットワレット)株式会社の「楽天Edy(旧Edy)」へのチャージ
  • 東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)の「モバイルSuica」へのチャージ及びモバイルSuicaを利用した定期券・Suicaグリーン券・モバイルSuica特急券の購入
  • 西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)の「SMART ICOCA」へのチャージ
  • セブン・カードサービスの「nanaco」へのチャージ
  • WAONへのチャージ[15]
    • 三井住友カードの「三井住友カードWAON」
    • むさしのカードの「むさしのカードWAON」
    • 三重銀カードの「三重銀カードWAON」
    • 関西クレジット・サービスの「関西カードWAON」
    • 紀陽カードの「紀陽カードWAON」
    • 九州カードの「KYUSHU CARD WAON」
    • 住信カードの「住信カードWAON」
    • 中部しんきんカードの「中部しんきんカードWAON」
    • 近畿しんきんカードの「近畿しんきんカードWAON」
    • 中国しんきんカードの「中国しんきんカードWAON」
    • 山陰合同銀行の「ごうぎんカードWAON」
    • 荘内銀行の「〈荘銀〉ブライトワンWAON」
    • 筑波銀行の「つくばバンクカードWAON」
    • 但馬銀行の「たんぎんカードWAON」

情報誌[編集]

情報誌として、以下の3種が出版されている。

「VISA」:信用金庫系(しんきん、東北しんきん、中部しんきん、近畿しんきん、中国しんきん、四国しんきん、九州しんきん)を除くVISA会員向け。
「MY LOUNGE」:信用金庫系を除くMasterCard会員向け。
「はれ予報」:信用金庫系の会員向け。

年間定期購読料は税込3,211円(「はれ予報」の場合は税込2,625円)で、1年に10回配本される。但し、VISAゴールドカード及びVISAプラチナカードの会員には無料で送付される。


CM[編集]

  • 「未来からのメッセージ篇」 出演:明日海りお (2013年11月14日-)

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b VJ協会の設立と経緯” (日本語). 2013年1月3日閲覧。但し、その原点は、1980年5月に住友クレジットサービスが設立した「VISAジャパン株式会社」となる。
  2. ^ VJ協会の組織と運営” (日本語). 2013年1月3日閲覧。
  3. ^ この時点でのブランド名は「BANK AMERICARD」。1976年に現在の「VISA」へ改称している。
  4. ^ VISAへの直接加盟による発行へ移行した為、VJAとしての新規申込は受け付けていない。
  5. ^ 住信カード株式会社からの継承。旧中央三井カード株式会社からの継承でUCカードグループ・JCBグループにも加盟。
  6. ^ a b ごうぎんクレジットは新規入会を停止し(既存会員サポートは継続)、山陰合同銀行の直接発行へ移行している。
  7. ^ シティカードのみ対象。
  8. ^ a b 秋田国際カードは新規入会を停止し(既存会員サポートは継続)、秋田銀行の直接発行へ移行している。
  9. ^ 旧・あおぎんクレジットカード株式会社からの継承。VISAカードとマスターカードの新規入会及び更新の取扱いは停止済み[1]
  10. ^ a b 中銀カードは2006年12月以降法人向けに特化され、個人向けには中国銀行が発行する。
  11. ^ VJロードサービス(会員証用)” (日本語). 2009年6月20日閲覧。
  12. ^ VJロードサービス” (日本語). 2009年6月20日閲覧。
  13. ^ 三井住友カードロードサービス” (日本語). 2010年3月13日閲覧。
  14. ^ VISAヤングゴールドカード20sの会員は利用する事は出来ない。
  15. ^ 各カードのWAON発行者(バリューイシュア)は、イオンリテール株式会社である。

外部リンク[編集]

  • VJA
  • Vpass
  • VJ Travel Desk (ツーリストインターナショナルアシスタンスサービス株式会社)