LISMO Port

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

LISMO Port(リスモ・ポート)とは、KDDIソニーと共同開発し、主に自社の顧客に向け、2008年2月1日から2013年11月29日まで無償配信を行っていた[1]auブランド(iidaブランドを含む)携帯電話用の楽曲・動画・バックアップ等のデータ管理を目的とした統合PCソフトウェアである。


概要[編集]

LISMO「オーディオ機器連携」&「KCP+」初の対応機種W56TW54Sが沖縄地区で先行発売された2008年2月1日、ダウンロード提供が開始された。

LISMO Portは、SonicStageをベースにした楽曲管理ソフト「SonicStage for LISMO」(Ver.4.0以降は「x-アプリ for LISMO」)、携帯電話のデータ管理ソフト「ケータイデータバックアップ」、LISMO Port用バックアップソフト「LISMO Portバックアップ」を1つにまとめたソフト。このソフトからは、mp3形式でも楽曲のインポートが可能となる。

このソフトにより携帯でダウンロードした着うたフルをインストールしたPCネットジュークに取り込みウォークマンに転送できる。また、moraAny Musicなどで購入したATRAC形式の楽曲を携帯電話に転送できるようになる。

バージョン4.0以降のLISMO Portではau Music Portを使用する従来機種でも利用できるようになった。

au Music Port との棲み分け[編集]

LISMO Port 4.0が公開されるまでLISMO「オーディオ機器連携」&「KCP+」非対応の従来機種では本ソフトは使用できず、パソコンに接続する機種によって本ソフトとau Music Port で使い分ける必要があったが、バージョン4.0からは対応機種が以前からLISMOに対応していなかった従来機種にまで拡大されたため、au Music Port と使い分ける必要がなくなった。(au Music Port は2010年3月末にダウンロード配信を終了。[2]

そのため、LISMO Port 4.0をインストールする際にau Music Port は自動的にアンインストールされるが、取り込んだデータを残すかどうかは選択可能であり、残した場合に限りデータの引き継ぎができる。

ただし、従来機種でダウンロードした着うたフルおよびau Music Port で購入した楽曲は、ネットジュークの取り込みやウォークマンへの転送が不可能である。

バージョンアップ[編集]

Ver.1.0 (SonicStage for LISMO Ver.1.0)[編集]

  • 初代バージョン

2008/2/1 リリース

Ver.2.0.00 (SonicStage for LISMO Ver.2.0.00)[編集]

  • LISMO Videoに対応。ダウンロードサイトにLISMO Music StoreとLISMO Video Storeを追加。

2008/6/03関連ニュース

Ver.2.0.01 (SonicStage for LISMO Ver.2.0.01)[編集]

2008/7/25 リリース?

Ver.3.0 (SonicStage for LISMO Ver.3.0)[編集]

  • HDCP非対応PCでもLISMO Videoの購入・転送が可能になる(ただしPCでの再生は引き続き不可)
  • mora for LISMOでのEdy決済に対応
  • EZ「着うたフルプラス」の配信・転送・バックアップに対応
  • ネットジュークに搭載されている12音解析技術に対応
  • 購入楽曲や取り込んだCD等からの音楽CD作成に対応
  • m3uプレイリストからの取り込みに対応
  • データベースがSonicStage Vとの共有となる

2008/12/8 リリースノート

Ver.3.1 (SonicStage for LISMO Ver.3.1)[編集]

  • Walkman Phone, Premier3のダイレクトエンコーディング録音機能で作成した音楽ファイルのバックアップ機能

2009/2/6 リリースノート

Ver.4.0 (x-アプリ for LISMO Ver.1.0)[編集]

  • KCP+非搭載機種でも音楽の転送が可能となった。

2009/10/19 リリースノート

Ver.4.0.01 (x-アプリ for LISMO Ver.1.0.01)[編集]

Ver.4.1 (x-アプリ for LISMO Ver.1.1)[編集]

  • Windows 7(32ビット版・64ビット版)に正式対応となった。
  • IS01(SHI01・スマートブック)を含む新機種への対応(2010年5月下旬より順次発売される新機種に対応)

2010/5/28 リリースノート

Ver.4.2 (x-アプリ for LISMO Ver.2.1)[編集]

Ver.4.4 (x-アプリ for LISMO Ver.2.3)[編集]

2011/10/11 リリースノート

Ver.4.4.01 (x-アプリ for LISMO Ver.2.3.01)[編集]

Ver.4.5 (x-アプリ for LISMO Ver.2.4)[編集]

Ver.5.0 (x-アプリ for LISMO Ver.2.5)[編集]

  • LISMO Portの最新バージョンにして事実上の最終バージョン。
  • Windows 8(32bit/64bit)に対応(ただしタブレット専用のWindows RTは除く)。
  • LISMO Port対応のauフィーチャーフォンに限り、別途最新版のドライバーソフトが必要となる(ただし一部機種はWindows 8に非対応の場合も)。

2012/10/22 LISMO Port対応機種のWindows® 8 (32ビット版・64ビット版) 対応状況について


対応フォーマット[編集]

Ver.4.1.02 (x-アプリ for LISMO Ver.1.1)[編集]

※曲名のタイトルが正常に表示されない、一部のファイルが読み込めない等の不具合は未改善。

Apple Lossless形式のファイルの取込みは不可能。

LISMO Video Storeで購入したビデオクリップ以外の動画ファイルは、au Music Player/LISMO Playerでの再生は不可能。

開発・サービスの終焉[編集]

2013年5月24日、スマートフォンの普及により同サービスの利用者数が減少しているなどの理由によりKDDIはLISMO Portのダウンロード提供を同年11月29日を以て同サービスを終了すると発表し[3]、予定通りダウンロード提供を終了した。ただし、現在既にLISMO PortをWindows搭載PC(SP2以降のWindows XPWindows VistaWindows 78.1以降のバージョンを除くWindows 8)にインストールして利用しているユーザーは同サービスのサポート終了後も着うたフル等の音楽ファイル、および携帯電話用ビデオクリップ、アドレス等の各種データバックアップ用の管理用ツールとして引き続き利用することができる。

脚注[編集]

関連項目[編集]