PiPit

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

PiPit (ピピット) はトヨタ自動車が統括し、日本各地のトヨタ販売会社トヨタ店トヨペット店カローラ店ネッツ店)・トヨタL&F店とその傘下にあるトヨタレンタリース店・トヨタ部品共販店が運営展開するKDDIauブランド)、およびワイモバイル(Y!mobileブランド。旧・ウィルコムブランド)のキャリアショップである。

概要[編集]

家電量販店など携帯電話販売店・取扱店とは異なり、端末の販売のほか修理受付や諸手続などauショップおよびY!mobileショップ(旧・ウィルコムプラザ)とほぼ同様のサービスが受けられる。

自動車ディーラーショールームや事務所に併設されているため、それら店舗では来客者用の駐車場が利用できる。一部の販売店では小型店舗を「PS」の店名で区別していたり(三重トヨタ自動車のPSセンター、神奈川トヨタ自動車のPS店、トヨタカローラ南茨城のPSスクエアなど)、ショールームとは独立したPiPit単独店舗を出店している場合もある。

au携帯電話サービスにおいてトヨタ自動車(一次代理店)を介しトヨタ販売会社はKDDIと(沖縄県は沖縄セルラー電話とも)代理店契約を締結している(二次代理店にあたる)ため、KDDIの固定通信サービス (auひかりau one netマイライン[1]など) の加入受付なども取り扱っている。ただしトヨタ販売会社が運営しているが故に店舗によって機器設備やスキルにバラツキがあるため、通信キャリア(KDDI・沖縄セルラー(いずれもau)とワイモバイル・ウィルコム沖縄(いずれもY!mobile))側の公式サイトコールセンターではキャリアショップとして積極的に案内されておらず、諸手続については受付可否を個別に店舗に確認することが推奨されている。

もともとトヨタグループ日本高速通信(後にKDDに吸収合併)が出資したアステルグループの携帯電話販売店「アステルスポット」として展開を開始したのが源流である。携帯電話の普及によりトヨタグループの日本移動通信(提供地域以外ではデジタルツーカー(のちのJ-PHONE))の取扱いを開始しPiPitに改めた。2000年10月にKDDIが発足するのに合わせて同年6月からIDO以外の地域でDDIセルラー、10月より全国で旧DDIの固定通信系サービスおよびDDIポケットの取扱いを開始した。なお、アステルやJ-PHONEとの併売も一時存在した。

PiPitがないトヨタ販売店でも、販売会社によっては端末の販売や契約変更などを系列のPiPit店もしくは販売会社本社に取り次ぐ形でそれぞれ受け付けていたり[2]、法人営業部門を有する場合がある。また、PiPitに依らずトヨタ販売会社やデンソーなどの地域子会社が二次代理店としてauショップを運営している場合もある。

限定販売機種[編集]

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ auまとめラインを含む
  2. ^ ワイモバイル(旧・ウィルコム←DDIポケット)は2014年8月現在、ごく一部のワイモバイル特約店(旧・ウィルコムカウンター)の指定を受けているところに限定されている。

外部リンク[編集]