REX OS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
REX OS
開発元企業 / 開発者 クアルコム
開発状況 開発中
初リリース 1999年
対応プラットフォーム ARM
カーネル種別 モノリシックカーネル
既定のユーザインタフェース KCPKCP+など
ライセンス プロプライエタリ

REX OS (Real-Time Executive Operating System、レックス オーエス)とは、クアルコムQualcomm)が採用している、携帯電話用ベースバンド・チップソフトを動かす為のARMベースのリアルタイムオペレーティングシステム。古くは、cdmaOne用、並びにCDMA2000用チップセットだけであったが、サポートするエアインタフェースの拡大に伴い、W-CDMA、GSM用のチップセットでも使われている。ライセンスは、クローズドなソースライセンスなので、クアルコムから開発ライセンスを取得しないとソースを見ることが出来ない。

CPU[編集]

元々は、80186向けのOSであったが、ARM向けに移植され、後に x86はサポートされなくなった。

機能[編集]

リアルタイムオペレーティングシステムとして、以下の機能を持つ。

タスクは、メモリ保護機能を持たない。

リアルタイムOSとして、タスク管理の機能しかなく、純粋なカーネル部分は、携帯電話用ベースバンド・ソフトウェアであるDMSSあるいはAMSSのなかの1パーセント程度でしかない。

関連項目[編集]

  • BREW
  • Brew Mobile Platform(Brew MP) - 従来のREX OSに代わるクアルコムのモバイル専用基本プラットフォーム。