RTEMS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RTEMS
開発元企業 / 開発者 OAR Corporation
OSの系統 リアルタイムオペレーティングシステム
開発状況 開発中
ソースモデル オープンソース
最新安定版リリース 4.9.1 / 2008年12月
最新開発版リリース CVS head
対応プラットフォーム ARM, Blackfin, ColdFire, TI C3x/C4x, H8/300, x86, 68k, MIPS, Nios II, PowerPC, SuperH, SPARC, ERC32, LEON, Mongoose-V
ライセンス 修正GPL
ウェブサイト www.rtems.com

RTEMS (Real-Time Executive for Multiprocessor Systems) はフリーでオープンソースリアルタイムオペレーティングシステム (RTOS) であり、組み込みシステム向けの設計となっている。

元々は Real-Time Executive for Missile Systems の略とされていたが、後に Real-Time Executive for Military Systems の略とされ、さらに現在の頭字語となった。RTEMSの開発は1980年代末ごろに始まり、1993年ごろにはFTPでダウンロード可能になっていた。OAR Corporationはユーザーの代表者などを含む運営委員会と協力してRTEMSプロジェクトを運営している。

RTEMSはリアルタイムの組み込みシステム向けに設計されており、以下のような各種プロセッサアーキテクチャに移植されている。

RTEMS はPOSIXμITRONといった各種オープンAPI標準をサポートするよう設計されている。もともとのAPIは Classic RTEMS API と呼ばれており、Real-Time Executive Interface Definition (RTEID) 仕様に基づいている。またFreeBSDTCP/IPスタックや、NFSFATといった各種ファイルシステムをサポートしている。

RTEMSではメモリ管理プロセス管理を行わない。POSIXの用語で言えば、シングルプロセス・マルチスレッド環境を実装している。そのため、POSIXサービスのうち、メモリマッピング、プロセス生成、共有メモリといった関連の部分は提供していない。RTEMS は POSIX Profile 52 すなわち "single process, threads, filesystem" にほぼ相当する[1]

RTEMSは様々な分野で利用されている。EPICSコミュニティでもRTEMSサブミッタとして活動している人が複数存在する。宇宙開発においても、SPARCERC32LEONMIPS Mongoose-VColdfirePowerPCといったマイクロプロセッサが使われているため、RTEMSが活躍している。マーズ・リコネッサンス・オービターでは Electra ソフトウェアラジオにRTEMSが使われている[2]

RTEMSは修正版GPLライセンスで配布されており、RTEMSオブジェクトと他のファイルをリンクしたとき、実行ファイル全体をGPLとすることを要求しない。これは GNAT Modified General Public License に準じているがAda言語に限定されない。

脚注[編集]

  1. ^ Open Group pilots embedded real-time POSIX conformance testing”. 2013年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月3日閲覧。 LinuxDevices.com、2005年9月7日
  2. ^ Real Time Mars Approach Navigation aided by the Mars Network (PDF)”. NASA. 2008年1月25日閲覧。

外部リンク[編集]