PikeOS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PikeOS
開発元企業 / 開発者 SYSGO AG
OSの系統 リアルタイム
最新安定版リリース 3.2 / 2011年05月(3年前) (2011-05
対象市場 安全性とセキュリティが要求される組込みシステム
カーネル種別 マイクロカーネル
ウェブサイト www.sysgo.com/products/pikeos-rtos-technology/

PikeOSは、 SYSGO AG英語版が開発したマイクロカーネルに基づくリアルタイムオペレーティングシステムである。高度な信頼性とセキュリティが重要な組込みシステムをターゲットにしている。多重オペレーティングシステムのための論理区画環境を提供し、安全要求やセキュリティー要件といった異なる設計目標を単一マシンで共存させることができる。

概要[編集]

いくつかのプログラムがそれぞれ異なるクリティカルレベルをもつ場合、単一マシンで共有させる際に下部OSがそれらの独立性を保証する必要がある。それを達成する技法として広く受け入れられているのがリソース論理区画である。PikeOSではリソースの論理区分と仮想化を組合せている。その仮想機械環境(以下VM)は複数のオペレーティングシステム全体をホスティングでき、それらの上でアプリケーションを動作させることができる。PikeOSは準仮想化を用いているので、オペレーティングシステムがそのVM上で動作するよう修正する必要がある。しかしアプリケーションプログラムは、まったく修正されていなくとも動作する。各VMが個別でリソースセットをもつので、あるVMがホストするプログラムは、他のVMでホストされているプログラムから独立している。これによりレガシーなプログラム(たとえばLinux)と安全性が重視されるプログラムを単一のマシンで共存させることを可能にする。他の仮想化システムとは異なり、PikeOSの機能は空間的リソース(メモリなど)の分割だけではなく、クライアントOSの時間的リソース(CPU時間など)を厳格に分割する。

それにより、タイミング特性を保持しつつ厳格なリアルタイムシステムを仮想化可能である。PikeOSのスケジューリング方式は特許となっている[1]

空間的および時間的リソースは、PikeOSシステムソフトウェアによって個々のVMへ静的に割り当てられる。PikeOSマイクロカーネルとこのシステムソフトウェアは、全域的な信頼できるコード英語版の最小レイヤーを形成している。少量の信頼できるコードとモジュール設計によりPikeOSは、IEC 61508DO-178B英語版、EN 50128、EN 62304 といった工業規格に準拠することを要求される安全性が重視されるプロジェクトに適している。既知の例ではエアバスA350統合モジュール式航空電子機器英語版およびエアバスA400Mのロードマスター・ワークステーションで用いられている[2][3][4]

プログラミング・インタフェースと環境[編集]

現在、以下のアプリケーションプログラミングインタフェース、ランタイム環境とゲスト・オペレーティングシステムが、利用可能である。

さらにAUTOSARランタイム環境は現在開発中である。

サポートしているハードウェア[編集]

PikeOSでサポートしているプロセッサにはPowerPC, x86, ARM, MIPS, SPARC および SuperHアーキテクチャがある。システムリソースを厳密に分割するには、プロセッサがメモリ管理ユニットを持っている必要がある。バージョン3.1よりPikeOSでマルチコアがサポートされるようになった[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ SYSGO’s Patent for scheduling mixed real-time and non-real-time applications www.wipo.int/pctdb/en/wo.jsp?IA=WO2006%2F050967
  2. ^ Airbus selects SYSGO PikeOS for A350 XWB aircraft Article on EDA Geek(18/11/2008)
  3. ^ Rheinmetall selects DO178B certifiable PikeOS from SYSGO for A400M project Article from Military Embedded Systems (10/12/2008)
  4. ^ In-Flight Equipment for Airbus A400M www.menmicro.com/applications/avionics-in-flight,30AP011.html
  5. ^ SYSGO’s Embedded Virtualization RTOS PikeOS Offers Android Personality Article from ElectronicSpecifier (April 2011)
  6. ^ Android & Autosar running concurrently on PikeOS Video from Embedded World 2011
  7. ^ OpenSynergy brings security to infotainment EETimes Automotive (01/11/2011)
  8. ^ PikeOS adds multicore Article from EE-Times (02/03/2010)

外部リンク[編集]


この記事は英語版ウィキペディアにある同じ項目の記事この版から翻訳された記事である。