LynxOS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
LynxOS
開発元企業 / 開発者 LynuxWorks
OSの系統 Unix系リアルタイム
開発状況 開発中
ソースモデル クローズドソース
最新安定版リリース 7.0 / 2013年06月5日(10か月前) (2013-06-05
対象市場 組み込みシステム
使用できる
プログラミング言語
Ada • C言語 • C++
対応プラットフォーム 680x0, x86, ARM, PowerPC, MIPS
カーネル種別 モノリシックカーネル
既定のUI コマンドライン
ライセンス プロプライエタリ
ウェブサイト www.lynuxworks.com/rtos

LynxOS(リンクスオーエス)は、LynuxWorks社(旧Lynx Real-Time Systems社)が開発したUNIXライクリアルタイムオペレーティングシステム。POSIX.1、POSIX.1b、POSIX.1cをサポートするPOSIX互換であり、LinuxABIとも互換性がある。

アビオニクス防衛プロセス制御電気通信各業界の組込みシステムに多用されている。X Window SystemなどGUIも動作する。

沿革[編集]

1986年にテキサス州ダラスでモトローラ(現・フリースケール・セミコンダクタ)のMC68010向けOSとして最初のバージョンが開発された。1988年から1989年にかけて、インテル80386向けに移植。1989年前後に、アプリケーションバイナリインタフェース (ABI) が、UNIX System V Release 3互換となった。

その後、Linuxなどの他のOSとの互換性も追加された。Usenetニュースグループではcomp.os.linuxでLynxOSの話題を扱っている。