W54T

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
au W54T
キャリア au
製造 東芝
発売日 2007年7月28日
概要
OS REX OSKCP
CPU Qualcomm MSM6550
225MHz
音声通信方式 CDMA 1X WIN
(CDMA2000 1xMC)
(800MHz/2GHz/新800MHz)
データ通信方式 CDMA 1X WIN
(CDMA2000 1xEV-DO Rel.0)
形状 スライド型
サイズ 111 × 50 × 18.5(最厚部19.7) mm
質量 151 g
連続通話時間 260分
連続待受時間 260時間
(いずれも移動と静止の組み合わせ)
充電時間 AC130分/DC140分
外部メモリ microSD
日本語入力 モバイルRupo
FeliCa あり(クーポン・Touch Message対応)
赤外線通信機能 IrSimple
Bluetooth あり
放送受信機能 ワンセグ
地上デジタル音声放送実用化試験
FM放送対応
備考 1. W54Tの発売日は関東及び北陸において
2. SAR値:0.447W/Kg
メインディスプレイ
方式 強化ガラス+クリアスクリーン液晶ディスプレイ
解像度 WVGA(480X800ドット
サイズ 3.0インチ
表示色数 最大262,144色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 324万画素CMOS
機能 AFあり・広角28mmレンズによる手振れ軽減付ワイドアングル対応 F値:3.2
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ブラックローズ (Black Rose)
ブラッシュドメタル (Brushed Metal)
マラカイトグリーン (Malachite Green)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

W54T(だぶりゅーごーよんてぃー)は、東芝、および東芝モバイルコミュニケーション社(現・富士通モバイルコミュニケーションズ)が日本国内向けに開発した、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話CDMA 1X WIN対応携帯電話である。

特徴[編集]

本端末はW52Tの後継にあたり、厚さが3mm前後薄くなった。機能面ではPCサイトビューアーも横表示に対応するなど全体的に911Tに近くなった。今まで不評だったレスポンス速度の改善や、端子類や着信ランプの位置が大きく変わり、バッテリー容量がW53Tと同一品であり、800mAhに減少した。また、ボディにはau向け端末では初めてステンレスを採用(ただし本体底面部は除く)し、テンキー部分には1X WIN対応の東芝機としてはこの端末よりシートキーが用いられる。東芝製CDMA 1X WIN端末としては、最後のMOBILE TURBO T5GP及びHello messenger対応端末でもある。

W52Tとの主な変更点
  • ワンセグの予約録画に対応
  • ワンセグ録画中の着信・メール受信に対応
  • 従来のTV出力機能に加え、ワンセグのTV出力に対応
  • メインディスプレイに強化ガラス(同社製のau向けスライド式端末としては初採用)・光の乱反射を抑え、外でも見やすくなる「クリアスクリーン」を採用
  • 広角28mmレンズ(35mmフィルム換算)を搭載し、ワイドアングル撮影が可能
  • au災害時ナビに対応。本体にあらかじめ用意されている地図データを使って、周辺の広域避難所の場所や自宅の方向を知ることができる。
  • オープンアプリプレイヤー搭載
  • 3Dメールに対応
  • EZケータイアレンジに対応(EZケータイアレンジ用のサンプルとして「トウシバ犬」などがプリセット)
  • Touch Messageやラッピングメールなどの新サービスに対応
  • N800MHz帯(新800MHz帯・CDMA Bandclass 0 Subclass 2)エリアに対応
  • トヨタ車純正のテレマティクスサービス「G-BOOK mX / mX pro」対応ナビを装備したトヨタ車との完全連携に対応(例:Bluetooth接続による音楽再生時の音楽ファイルの演奏時間等の情報表示、スキップ再生等のコントロール機能、携帯電話側のバッテリーの残量表示の情報取得等)

などがある。

評判[編集]

W52T時に不評だったレスポンス速度の遅さなどが今機においてある程度は改善されている。また、価格の方もW52Tと比べて改善されている。 しかし、東芝スライド端末共通のスライドによる、傷などが改善されていない[1]

対応サービス[編集]

沿革[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

注釈[編集]

  1. ^ この件については同社が手掛けた同キャリア向けの2009年夏モデルのbiblio(TSY01)やPLY(TSX04)でもスライド機構によるカーソルキー周辺の傷などの不具合が生じていたが2010年夏モデルのdynapocket IS02(スマートフォン・TSI01)でようやく改善されることとなった。