高橋優貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
髙橋 優貴
読売ジャイアンツ #12
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県ひたちなか市
生年月日 (1997-02-01) 1997年2月1日(22歳)
身長
体重
178[1] cm
82[1] kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2018年 ドラフト1位
初出場 2019年4月4日
年俸 1,500万円(2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

髙橋 優貴(たかはし ゆうき、1997年2月1日 - )は、茨城県ひたちなか市出身[2]プロ野球選手投手)。左投左打。読売ジャイアンツ所属。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

ひたちなか市立田彦小学校3年から勝田スポーツ少年団で野球を始める。ひたちなか市立田彦中学校では友部リトルシニアでプレーした。東海大学菅生高等学校では1年夏からベンチ入りし、3年夏に西東京大会で決勝まで進むも日本大学鶴ヶ丘高等学校にサヨナラ負けを喫し甲子園出場はならなかった。八戸学院大学に進学後は北東北大学リーグで通算20勝、リーグ最多となる通算301奪三振の新記録を樹立し、それまで多和田真三郎が持っていた奪三振記録299を更新した[3]

2018年10月25日に行われたドラフト会議では、1巡目で根尾昂辰己涼介を抽選で外した読売ジャイアンツが再々指名で交渉権を獲得した。 背番号12

巨人時代[編集]

2019年4月4日、対阪神タイガース3回戦で先発登板し、6回4安打1失点で勝利投手となった。これは巨人軍の大学卒業入団選手の1年目としては1960年の青木宥明関東学院大学卒)が1960年の開幕3戦目・対国鉄スワローズ戦にて初登板先発完投勝利投手になって以来、59年ぶりのことであった[4]

選手としての特徴[編集]

大学時代の最速は152km/hだった[5]。変化球はスライダースクリューなどを軸に投球を組み立てる[6]

左投左打だが、ペンと箸は右利きである。

詳細情報[編集]

記録[編集]

投手記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 12 (2019年 - )

登場曲[編集]

  • 「欲望に満ちた青年団」ONE OK ROCK(2019年)※登板時
  • 「這い上がれMY WAY」阿部真央(2019年)※打席時

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]