2010年全仏オープン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2010年全仏オープン
開催期間:   5月23日 - 6月6日
通算:   109回
カテゴリ:   グランドスラム (ITF)
開催地:   フランス, パリ (16区)
優勝者
男子シングルス
スペインの旗 ラファエル・ナダル
女子シングルス
イタリアの旗 フランチェスカ・スキアボーネ
男子ダブルス
カナダの旗 ダニエル・ネスター / セルビアの旗 ネナド・ジモンイッチ
女子ダブルス
アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ / アメリカ合衆国の旗 ビーナス・ウィリアムズ
混合ダブルス
スロベニアの旗 カタリナ・スレボトニク / セルビアの旗 ネナド・ジモンイッチ
ジュニア男子シングルス
アルゼンチンの旗 アグスティン・ベロッティ
ジュニア女子シングルス
ウクライナの旗 エリーナ・スヴィトリナ
ジュニア男子ダブルス
ペルーの旗 デュイリオ・ベレッタ / エクアドルの旗 ロベルト・キロス
ジュニア女子ダブルス
ハンガリーの旗 ティメア・バボス / アメリカ合衆国の旗 スローン・スティーブンス
レジェンド部門45歳以下男子ダブルス
ロシアの旗 エフゲニー・カフェルニコフ / ウクライナの旗 アンドレイ・メドベデフ
レジェンド部門女子ダブルス
アメリカ合衆国の旗 マルチナ・ナブラチロワ / チェコの旗 ヤナ・ノボトナ
レジェンド部門45歳以上男子ダブルス
エクアドルの旗 アンドレス・ゴメス / アメリカ合衆国の旗 ジョン・マッケンロー
車いす男子シングルス
日本の旗 国枝慎吾
車いす女子シングルス
オランダの旗 エステル・フェルヘール
車いす男子ダブルス
フランスの旗 ステファン・ウデ / 日本の旗 国枝慎吾
車いす女子ダブルス
オーストラリアの旗 ダニエラ・ディトーロ / オランダの旗 アニク・ファン・クート
全仏オープン
 < 2009 2011 > 

2010年全仏オープン(Internationaux de France de Roland-Garros 2010)は、フランスパリにあるスタッド・ローラン・ギャロスにて、2010年5月23日から6月6日にかけて開催されたITFグランドスラム大会の一つである。サーフェスはクレーコート。本年2大会目のグランドスラム大会であり、今大会で第109回大会となる。

シングルス本戦出場選手[編集]

男子シングルス
女子シングルス

大会経過[編集]

1日目 (5月23日)[編集]

男子シングルスの1回戦では、前年のシングルス準優勝者のロビン・セーデリングの他、ミハイル・ユージニーマリン・チリッチジョー=ウィルフリード・ツォンガエルネスツ・グルビスが順当に勝ち上がったが、第23シードのグルビスはジュリアン・ベネトー(フランス)との対戦中にハムストリングを痛めて途中棄権する波乱があった[1]

女子シングルスの1回戦では、前年覇者のスベトラーナ・クズネツォワの他、ビーナス・ウィリアムズアラバン・レザイナディア・ペトロワフラビア・ペンネッタマリア・キリレンコが順当に勝ち上がったが、前年ベスト8で第10シードのビクトリア・アザレンカヒセラ・ドゥルコに、第20シードのマリア・ホセ・マルチネス=サンチェスアクグル・アマンムラドワに敗れる波乱があった[2]

メインコートの試合
フィリップ・シャトリエ・コート (センター・コート)
試合 勝者 敗者 試合結果
女子シングルス1回戦 ロシアの旗 スベトラーナ・クズネツォワ [6] ルーマニアの旗 ソラナ・チルステア 6–3, 6–1
男子シングルス1回戦 スウェーデンの旗 ロビン・セーデリング [5] フランスの旗 ロラン・レクーデル [WC] 6–0, 6–2, 6–3
女子シングルス1回戦 フランスの旗 アラバン・レザイ [15] カナダの旗 ヘイディ・エル・タバク [Q] 6–1, 6–1
男子シングルス1回戦 フランスの旗 ジョー=ウィルフリード・ツォンガ [8] ドイツの旗 ダニエル・ブランツ 4–6, 6–3, 6–2, 6–7, 7–5
スザンヌ・ランラン・コート (グランドスタンド)
試合 勝者 敗者 試合結果
男子シングルス1回戦 クロアチアの旗 マリン・チリッチ [10] ブラジルの旗 リカルド・メロ 6–1, 3–6, 6–3, 6–1
女子シングルス1回戦 アルゼンチンの旗 ヒセラ・ドゥルコ ベラルーシの旗 ビクトリア・アザレンカ [10] 6–1, 6–2
男子シングルス1回戦 フランスの旗 ジュリアン・ベネトー ラトビアの旗 エルネスツ・ガルビス [23] 6–4, 6–2, 1–0 retired
女子シングルス1回戦 アメリカ合衆国の旗 ビーナス・ウィリアムズ [2] スイスの旗 パティ・シュナイダー 6–3, 6–3
女子シングルス1回戦 ロシアの旗 ナディア・ペトロワ [19] 中華人民共和国の旗 張帥 6–0, 6–3

2日目 (5月24日)[編集]

男子シングルスのシード勢では、前年覇者で世界ランク1位のロジャー・フェデラーの他、イワン・リュビチッチトマーシュ・ベルディハスタニスラス・ワウリンカジョン・イスナートマス・ベルッチ、世界ランク3位のノバク・ジョコビッチ、前年ベスト4のフェルナンド・ゴンサレスガエル・モンフィスビクトル・ハネスク、世界ランク4位のアンディ・マレーニコラス・アルマグロらが順当に勝ち上がったが、過去4度全仏ベスト8の経験を持つ第21シードのトミー・ロブレドビクトル・トロイツキに、第27シードのフェリシアーノ・ロペスが予選から勝ち上がってきたユリアン・ライスターに敗れる波乱があった[3]

女子シングルスのシード勢では、世界ランク1位で第1シードのセリーナ・ウィリアムズキャロライン・ウォズニアッキエレナ・ヤンコビッチエレーナ・デメンチェワサマンサ・ストーサーアグニエシュカ・ラドワンスカら、トップ8シードの内この日試合が行われた6名全員が順当に初戦を突破した他、李娜カテリナ・ボンダレンコアリサ・クレイバノワルーシー・サファロバフランチェスカ・スキアボーネアリョーナ・ボンダレンコらその他のシード勢全員も初戦を突破した[4]

メインコートの試合
フィリップ・シャトリエ・コート (センター・コート)
試合 勝者 敗者 試合結果
女子シングルス1回戦 デンマークの旗 キャロライン・ウォズニアッキ [3] ロシアの旗 アーラ・クドリャフツェワ 6–0, 6–3
男子シングルス1回戦 スイスの旗 ロジャー・フェデラー [1] オーストラリアの旗 ピーター・ルクザック 6–4, 6–1, 6–2
女子シングルス1回戦 アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ [1] スイスの旗 ステファニー・ボーグル 7–6(2), 6–2
男子シングルス1回戦 フランスの旗 ガエル・モンフィス [13] ドイツの旗 ディター・キンドルマン [LL] 6–3, 7–5, 6–7(5), 6–2
スザンヌ・ランラン・コート (グランドスタンド)
試合 勝者 敗者 試合結果
女子シングルス1回戦 中華人民共和国の旗 李娜 [11] フランスの旗 クリスティナ・ムラディノビッチ 7–5, 6–3
男子シングルス1回戦 セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ [3] カザフスタンの旗 エフゲニー・コロレフ 6–1, 3–6, 6–1, 6–3
男子シングルス1回戦 イギリスの旗 アンディ・マレー [4] フランスの旗 リシャール・ガスケ 4–6, 6–7(5), 6–4, 6–2, 6–1

3日目 (5月25日)[編集]

男子シングルス1回戦では、全仏過去4度優勝の第2シードラファエル・ナダルが前年度ジュニアシングルス部門準優勝者のジャンニ・ミナをストレートで順当に下した他、フェルナンド・ベルダスコフアン・カルロス・フェレーロダビド・フェレールフィリップ・コールシュライバーユルゲン・メルツァーレイトン・ヒューイットアンディ・ロディックらが順当に勝ち上がったが、第18シードのサム・クエリーロビー・ジネプリに、第26シードのフアン・モナコが予選から勝ち上がってきたグレガ・ゼミヤに敗れる波乱がった。

女子シングルス1回戦では、全仏過去4度優勝の第22シードジュスティーヌ・エナンが、ツベタナ・ピロンコバをストレートで順当に下した他、ヤニナ・ウィックマイヤーマリア・シャラポワベラ・ズボナレワアナスタシア・パブリュチェンコワダニエラ・ハンチュコバシャハー・ピアー鄭潔マリオン・バルトリらが順当に1回戦を勝ち上がったが、全仏2年連続準優勝の第9シードディナラ・サフィナは、1996年全仏オープン以来14年ぶりに全仏オープンシングルス本戦へ出場してきた大会最年長39歳のクルム伊達公子にフルセットで敗れ、クルム伊達に1996年ウィンブルドン選手権以来14年ぶりのグランドスラムシングルス本戦勝利、並びにWTAツアーにおけるシングルストップ10選手を破った最年長記録更新を献上する大波乱となった[5][6]

メインコートの試合
フィリップ・シャトリエ・コート (センター・コート)
試合 勝者 敗者 試合結果
女子シングルス1回戦 ベルギーの旗 ジュスティーヌ・エナン [22] ブルガリアの旗 ツベタナ・ピロンコバ 6–4, 6–3
男子シングルス1回戦 アメリカ合衆国の旗 アンディ・ロディック [6] フィンランドの旗 ヤルコ・ニエミネン 6–2, 4–6, 4–6, 7–6(4), 6–3
女子シングルス1回戦 フランスの旗 マリオン・バルトリ [13] イタリアの旗 マリア・エレナ・カメリン 6–2, 6–3
男子シングルス1回戦 オーストラリアの旗 レイトン・ヒューイット [28] フランスの旗 ジェレミー・シャルディー 7–5, 6–0, 6–4
スザンヌ・ランラン・コート (グランドスタンド)
試合 勝者 敗者 試合結果
男子シングルス1回戦 スペインの旗 フェルナンド・ベルダスコ [7] ロシアの旗 イゴール・クニツィン 6–4, 6–2, 6–2
女子シングルス1回戦 日本の旗 クルム伊達公子 ロシアの旗 ディナラ・サフィナ [9] 3–6, 6–4, 7–5
男子シングルス1回戦 スペインの旗 ラファエル・ナダル [2] フランスの旗 ジャンニ・ミナ 6–2, 6–2, 6–2
女子シングルス1回戦 ロシアの旗 マリア・シャラポワ [12] ロシアの旗 セニア・ペルバク [Q] 6–3, 6–2

4日目 (5月26日)[編集]

男子シングルスシード勢では、第1シードのロジャー・フェデラーアレハンドロ・ファジャをストレートで順当に下した他、ロビン・セーデリングジョー=ウィルフリード・ツォンガマリン・チリッチトマーシュ・ベルディハスタニスラス・ワウリンカミハイル・ユージニーらが順当に2回戦を突破したが、第32シードのギリェルモ・ガルシア・ロペスティエモ・デ=バッカーに敗れる波乱がった。

女子シングルスシード勢では、第2シードのビーナス・ウィリアムズアランチャ・パーラ・サントンハをストレートで順当に下した他、キャロライン・ウォズニアッキフラビア・ペンネッタナディア・ペトロワアレクサンドラ・ドゥルゲルマリア・キリレンコドミニカ・チブルコバアラバン・レザイスベトラーナ・クズネツォワらが順当に2回戦を突破したが、第24シードのルーシー・サファロバポローナ・エルコグに敗れる波乱がった。

この日は断続的な降雨により2時間以上試合進行が中断し[7]、予定されていた試合や進行途中の試合の幾つかが翌日に持ち越された。中でも第16シードのガエル・モンフィスファビオ・フォニーニ戦が第5セット5-5としたところで、第4シードのアンディ・マレーフアン・イグナシオ・チェラ戦が第2セット3-3としたところでそれぞれ順延となる[8][9] など、計5試合が中断となった他、男女シングルス、男女ダブルス部門で予定されていた試合の内、計10試合が翌日に延期となった[10][11][12][13]

メインコートの試合
フィリップ・シャトリエ・コート (センター・コート)
試合 勝者 敗者 試合結果
女子シングルス2回戦 アメリカ合衆国の旗 ビーナス・ウィリアムズ [2] スペインの旗 アランチャ・パーラ・サントンハ 6–2, 6–4
男子シングルス2回戦 スイスの旗 ロジャー・フェデラー [1] コロンビアの旗 アレハンドロ・ファジャ 7–6(4), 6–2, 6–4
スザンヌ・ランラン・コート (グランドスタンド)
試合 勝者 敗者 試合結果
男子シングルス2回戦 スウェーデンの旗 ロビン・セーデリング [5] アメリカ合衆国の旗 テーラー・デント 6–0, 6–1, 6–1
男子シングルス2回戦 フランスの旗 ジョー=ウィルフリード・ツォンガ [8] フランスの旗 ジョセリン・ウィアンナ 6–0, 6–1, 6–4
女子シングルス2回戦 フランスの旗 アラバン・レザイ [15] ドイツの旗 アンジェリーク・クルベール 6–2, 2–6, 6–3
女子シングルス2回戦 デンマークの旗 キャロライン・ウォズニアッキ [3] イタリアの旗 タチアナ・ガルビン 6–3, 6–1

5日目 (5月27日)[編集]

男子シングルスシード勢では、アンディ・ロディックマルコス・バグダティスらが順当に2回戦を突破した他、前日試合途中で順延となっていた試合では第4シードのアンディ・マレーフアン・イグナシオ・チェラ戦でマレーがチェラを順当に下したが、第16シードのガエル・モンフィスファビオ・フォニーニ戦ではモンフィスがフルセットの接戦の末敗れる波乱があった[14]

女子シングルスシード勢では、エレナ・ヤンコビッチエレーナ・デメンチェワ李娜フランチェスカ・スキアボーネシャハー・ピアーアリョーナ・ボンダレンコらが順当に2回戦を突破したが、第8シードのアグニエシュカ・ラドワンスカヤロスラワ・シュウェドワに、第21シードのベラ・ズボナレワアナスタシア・ロディオノワに、第32シードのカテリナ・ボンダレンコアレクサンドラ・ウォズニアクにそれぞれストレートで敗れる波乱があった [15]

この日も前日に引き続き雨が降り止まない悪天候の為、4時間以上に渡って試合開始が大幅に遅れ、女子シングルスでは予定されていた20試合の内、第12シードのマリア・シャラポワキルステン・フリプケンス戦と第13シードのマリオン・バルトリオリビア・サンチェス戦が試合途中で順延となった他[15]、男女シングルス部門で計16試合、男女ダブルス部門で計5試合が延期となった[14][16][17]

メインコートの試合
フィリップ・シャトリエ・コート (センター・コート)
試合 勝者 敗者 試合結果
女子シングルス2回戦 セルビアの旗 エレナ・ヤンコビッチ [4] エストニアの旗 カイア・カネピ [Q] 6–2, 3–6, 6–4
男子シングルス2回戦 イタリアの旗 ファビオ・フォニーニ フランスの旗 ガエル・モンフィス [13] 2–6, 4–6, 7–5, 6–4, 9–7
スザンヌ・ランラン・コート (グランドスタンド)
試合 勝者 敗者 試合結果
男子シングルス2回戦 アメリカ合衆国の旗 アンディ・ロディック [6] スロベニアの旗 ブラズ・カブチッチ 6–3, 5–7, 6–4, 6–2

6日目 (5月28日)[編集]

男子シングルス2回戦では、前年ベスト4の第12シードフェルナンド・ゴンサレスが、ノーシードのアレクサンドル・ドルゴポロフにストレートで敗れる波乱が起きた[18]

女子シングルスシード勢では、3回戦で前年優勝者の第6シードスベトラーナ・クズネツォワが、第30シードのマリア・キリレンコにフルセットで敗れる波乱が起きた[19]

メインコートの試合
フィリップ・シャトリエ・コート (センター・コート)
試合 勝者 敗者 試合結果
男子シングルス2回戦 スペインの旗 ラファエル・ナダル [2] アルゼンチンの旗 オラシオ・ゼバロス 6–2, 6–2, 6–3
女子シングルス2回戦 ベルギーの旗 ジュスティーヌ・エナン [22] チェコの旗 クララ・ザコパロバ 6–3, 6–3
女子シングルス3回戦 アメリカ合衆国の旗 ビーナス・ウィリアムズ [2] スロバキアの旗 ドミニカ・チブルコバ [26] 6–3, 6–4
男子シングルス3回戦 フランスの旗 ジョー=ウィルフリード・ツォンガ [8] オランダの旗 ティエモ・デ・バッカー 6–7(6), 7–6(4), 6–3, 6–4
スザンヌ・ランラン・コート (グランドスタンド)
試合 勝者 敗者 試合結果
女子シングルス2回戦 アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ [1] ドイツの旗 ユリア・ゲルゲス 6–1, 6–1
女子シングルス2回戦 フランスの旗 マリオン・バルトリ [13] フランスの旗 オリビア・サンチェス [WC] 7–5, 6–2
男子シングルス3回戦 スイスの旗 ロジャー・フェデラー [1] ドイツの旗 ユリアン・ライスター [Q] 6–4, 6–0, 6–4
男子シングルス3回戦 イギリスの旗 アンディ・マレー [4] キプロスの旗 マルコス・バグダティス [25] 6–2, 6–3, 0–6, 6–2
女子シングルス3回戦 ロシアの旗 エレーナ・デメンチェワ [5] カナダの旗 アレクサンドラ・ウォズニアク 6–7(2), 6–3, 6–4

7日目 (5月29日)[編集]

男子シングルス3回戦では、第6シードのアンディ・ロディックが、予選から勝ち上がってきた世界ランク114位のティムラズ・ガバシュビリにストレートで敗れる波乱があった[20]

男子ダブルス2回戦では、第1シードのボブ・ブライアン&マイク・ブライアン組が、ノーシードのマルセロ・メロ&ブルーノ・ソアレス組にストレートで敗れる波乱が起きた[21]

メインコートの試合
フィリップ・シャトリエ・コート (センター・コート)
試合 勝者 敗者 試合結果
女子シングルス3回戦 アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ [1] ロシアの旗 アナスタシア・パブリュチェンコワ [29] 6–1, 1–6, 6–2
女子シングルス3回戦 ロシアの旗 ナディア・ペトロワ [19] フランスの旗 アラバン・レザイ [15] 7–6, 4–6, 10–8
男子シングルス3回戦 セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ [3] ルーマニアの旗 ビクトル・ハネスク [31] 6–3, 3–6, 6–3, 6–2
男子シングルス3回戦 スペインの旗 ラファエル・ナダル [2] オーストラリアの旗 レイトン・ヒューイット [28] 6–3, 6–4, 6–3
スザンヌ・ランラン・コート (グランドスタンド)
試合 勝者 敗者 試合結果
男子シングルス3回戦 ロシアの旗 ティムラズ・ガバシュビリ [Q] アメリカ合衆国の旗 アンディ・ロディック [6] 6–4, 6–4, 6–2
女子シングルス3回戦 イスラエルの旗 シャハー・ピアー [18] フランスの旗 マリオン・バルトリ [13] 7–6(7), 6–2
男子シングルス3回戦 スペインの旗 フェルナンド・ベルダスコ [7] ドイツの旗 フィリップ・コールシュライバー [30] 2–6, 6–3, 6–3, 6–7(1), 6–4
女子シングルス3回戦 セルビアの旗 エレナ・ヤンコビッチ [4] ウクライナの旗 アリョーナ・ボンダレンコ [27] 6–4, 7–6(3)

8日目 (5月30日)[編集]

男子シングルス4回戦では、前年ベスト8の第4シードアンディ・マレーが、第15シードのトマーシュ・ベルディハにストレートで敗れる波乱が起きた[22]

女子シングルス4回戦では、第2シードのビーナス・ウィリアムズが、ナディア・ペトロワにストレートで敗れる波乱が起きた[23]

メインコートの試合
フィリップ・シャトリエ・コート (センター・コート)
試合 勝者 敗者 試合結果
女子シングルス4回戦 ロシアの旗 エレーナ・デメンチェワ [5] 南アフリカ共和国の旗 チャネル・シーパース [Q] 6–1, 6–3
女子シングルス3回戦 ベルギーの旗 ジュスティーヌ・エナン [22] ロシアの旗 マリア・シャラポワ [12] 6–2, 3–6, 6–3
女子シングルス4回戦 ロシアの旗 ナディア・ペトロワ [19] アメリカ合衆国の旗 ビーナス・ウィリアムズ [2] 6–4, 6–3
男子シングルス4回戦 スイスの旗 ロジャー・フェデラー [1] スイスの旗 スタニスラス・ワウリンカ [20] 6–3, 7–6(5), 6–2
男子シングルス4回戦 ロシアの旗 ミハイル・ユージニー [11] フランスの旗 ジョー=ウィルフリード・ツォンガ [8] 6–2, 途中棄権
スザンヌ・ランラン・コート (グランドスタンド)
試合 勝者 敗者 試合結果
女子シングルス4回戦 イタリアの旗 フランチェスカ・スキアボーネ [17] ロシアの旗 マリア・キリレンコ [30] 6–4, 6–4
女子シングルス4回戦 デンマークの旗 キャロライン・ウォズニアッキ [3] イタリアの旗 フラビア・ペンネッタ [14] 7–6(5), 6–7(4), 6–2
男子シングルス4回戦 スウェーデンの旗 ロビン・セーデリング [5] クロアチアの旗 マリン・チリッチ [10] 6–4, 6–4, 6–2
男子シングルス4回戦 チェコの旗 トマーシュ・ベルディハ [15] イギリスの旗 アンディ・マレー [4] 6–4, 7–5, 6–3

9日目 (5月31日)[編集]

女子シングルス4回戦では、第22シードのジュスティーヌ・エナンが第7シードのサマンサ・ストーサーに逆転負けで敗れ、引退前から継続していた全仏シングルス連勝記録が24で途絶えた[24]。また、ノーシードのヤロスラワ・シュウェドワが、主催者推薦のジャミラ・グロースをストレートで下し、カザフスタン国籍のテニス選手として男女通じて初のグランドスラムシングルスベスト8進出を果たした。

メインコートの試合
フィリップ・シャトリエ・コート (センター・コート)
試合 勝者 敗者 試合結果
男子シングルス4回戦 セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ [3] アメリカ合衆国の旗 ロビー・ジネプリ 6–4, 2–6, 6–1, 6–2
女子シングルス4回戦 アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ [1] イスラエルの旗 シャハー・ピアー [18] 6–2, 6–2
男子シングルス4回戦 スペインの旗 ラファエル・ナダル [2] ブラジルの旗 トマス・ベルッチ [24] 6–2, 7–5, 6–4
女子シングルス4回戦 セルビアの旗 エレナ・ヤンコビッチ [4] スロバキアの旗 ダニエラ・ハンチュコバ [23] 6–4, 6–2
スザンヌ・ランラン・コート (グランドスタンド)
試合 勝者 敗者 試合結果
男子シングルス4回戦 オーストリアの旗 ユルゲン・メルツァー [22] ロシアの旗 ティムラズ・ガバシュビリ [Q] 7–6(6), 4–6, 6–1, 6–4
女子シングルス4回戦 オーストラリアの旗 サマンサ・ストーサー [7] ベルギーの旗 ジュスティーヌ・エナン [22] 2–6, 6–1, 6–4
男子シングルス4回戦 スペインの旗 ニコラス・アルマグロ [19] スペインの旗 フェルナンド・ベルダスコ [7] 6–1, 4–6, 6–1, 6–4
女子シングルス4回戦 カザフスタンの旗 ヤロスラワ・シュウェドワ オーストラリアの旗 ジャミラ・グロース [WC] 6–4, 6–3

10日目 (6月1日)[編集]

男子シングルス準々決勝では、前年優勝者の第1シードロジャー・フェデラーが前年準優勝の第5シードロビン・セーデリングと対戦し、逆転負けを喫する波乱が起きた。フェデラーにとっては2004年全仏オープン3回戦でグスタボ・クエルテンに破れて以来、24大会ぶりにベスト4進出を逃す事となった[25]

メインコートの試合
フィリップ・シャトリエ・コート (センター・コート)
試合 勝者 敗者 試合結果
女子シングルス準々決勝 イタリアの旗 フランチェスカ・スキアボーネ [17] デンマークの旗 キャロライン・ウォズニアッキ [3] 6–2, 6–3
男子シングルス準々決勝 スウェーデンの旗 ロビン・セーデリング [5] スイスの旗 ロジャー・フェデラー [1] 3–6, 6–3, 7–5, 6–4
スザンヌ・ランラン・コート (グランドスタンド)
試合 勝者 敗者 試合結果
女子シングルス準々決勝 ロシアの旗 エレーナ・デメンチェワ [5] ロシアの旗 ナディア・ペトロワ [19] 2–6, 6–2, 6–0
男子シングルス準々決勝 チェコの旗 トマーシュ・ベルディハ [15] ロシアの旗 ミハイル・ユージニー [11] 6–3, 6–1, 6–2

11日目 (6月2日)[編集]

男子シングルス準々決勝では、ラファエル・ナダルが第19シードのニコラス・アルマグロをストレートで下して順当に準決勝進出を決めたが、第3シードのノバク・ジョコビッチはこれまでグランドスラムシングルスで3回戦以上への進出経験が一度も無かった第22シードのユルゲン・メルツァーにフルセットの末敗れる波乱があった[26]

女子シングルス準々決勝では、第4シードのエレナ・ヤンコビッチヤロスロワ・シュウェドワをストレートで下し、自身2年ぶり2度目の全仏準決勝に進出したが、第1シードのセリーナ・ウィリアムズは第7シードのサマンサ・ストーサーにフルセットの接線の末敗れる波乱があった[27]

メインコートの試合
フィリップ・シャトリエ・コート (センター・コート)
試合 勝者 敗者 試合結果
女子シングルス準々決勝 オーストラリアの旗 サマンサ・ストーサー [7] アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ [1] 6–2, 6–7(2), 8–6
男子シングルス準々決勝 スペインの旗 ラファエル・ナダル [2] スペインの旗 ニコラス・アルマグロ [19] 7–6(2), 7–6(3), 6–4
スザンヌ・ランラン・コート (グランドスタンド)
試合 勝者 敗者 試合結果
女子シングルス準々決勝 セルビアの旗 エレナ・ヤンコビッチ [4] カザフスタンの旗 ヤロスラワ・シュウェドワ 7–5, 6–4
男子シングルス準々決勝 オーストリアの旗 ユルゲン・メルツァー [22] セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ [3] 3–6, 2–6, 6–2, 7–6(3), 6–4

12日目 (6月3日)[編集]

混合ダブルス決勝戦では、第6シードのカタリナ・スレボトニク&ネナド・ジモンイッチ組が、ノーシードで勝ち上がってきたヤロスラワ・シュウェドワ&ユリアン・ノールをフルセットで下し、4年ぶり2度目の全仏優勝。スレボトニクとジモンイッチにとって通算4度目(同ペアでは通算3度目)のグランドスラム混合ダブルス優勝となった[28]

メインコートの試合
フィリップ・シャトリエ・コート (センター・コート)
試合 勝者 敗者 試合結果
女子シングルス準決勝 イタリアの旗 フランチェスカ・スキアボーネ [17] ロシアの旗 エレーナ・デメンチェワ [5] 7–6(3), 途中棄権
女子シングルス準決勝 オーストラリアの旗 サマンサ・ストーサー [7] セルビアの旗 エレナ・ヤンコビッチ [4] 6–1, 6–2
混合ダブルス決勝戦 スロベニアの旗 カタリナ・スレボトニク [6]
セルビアの旗 ネナド・ジモンイッチ [6]
カザフスタンの旗 ヤロスロワ・シュウェドワ
オーストリアの旗 ユリアン・ノール
4–6, 7–6(5), [11–9]
スザンヌ・ランラン・コート (グランドスタンド)
試合 勝者 敗者 試合結果
レジェンド部門女子ダブルス準決勝 クロアチアの旗 イバ・マヨリ
フランスの旗 ナタリー・トージア
アメリカ合衆国の旗 ジジ・フェルナンデス
ベラルーシの旗 ナターシャ・ズベレワ
4–6, 6–3, [10–8]
レジェンド部門45歳以上男子ダブルス グループ A スウェーデンの旗 ヨアキム・ニーストロム
スウェーデンの旗 マッツ・ビランデル
オーストラリアの旗 パット・キャッシュ
スウェーデンの旗 ミカエル・ペルンフォルス
7–6(4), 6–3
男子ダブルス準決勝 カナダの旗 ダニエル・ネスター [2]
セルビアの旗 ネナド・ジモンイッチ [2]
南アフリカ共和国の旗 ウェスリー・ムーディ [4]
ベルギーの旗 ディック・ノーマン [4]
6–0, 6–3
レジェンド部門45歳以下男子ダブルス グループ B イランの旗 マンスール・バーラミ
フランスの旗 アンリ・ルコント
ルーマニアの旗 イリ・ナスターゼ
スペインの旗 エミリオ・サンチェス
7–6(4), 3–6, [12–10]

13日目 (6月4日)[編集]

男子シングルス準決勝では、第1試合で第5シードのロビン・セーデリングが第15シードのトマーシュ・ベルディハをフルセットで下し2年連続の決勝進出。第2試合では第2シードのラファエル・ナダルが第22シードのユルゲン・メルツァーをストレートで下し決勝へ進出した[29]

女子ダブルス決勝戦では、第1シードのセリーナ・ウィリアムズ&ビーナス・ウィリアムズ組が第12シードのクベタ・ペシュケ&カタリナ・スレボトニク組をストレートで下し、ウィリアムズ姉妹にとってグランドスラムダブルス通算12度目、全仏では1999年全仏オープン以来、11年ぶり2度目の同部門優勝を果たした[30]。またこの優勝によりウィリアムズ姉妹はダブルスで2009年ウィンブルドン選手権から年跨ぎでの年間グランドスラムを達成し、1992年全仏オープンから1993年全豪オープンにかけて年間グランドスラムを達成したジジ・フェルナンデス&ナターシャ・ズベレワ組以来、17年ぶり3組目の達成ペアとなった[31]

メインコートの試合
フィリップ・シャトリエ・コート (センター・コート)
試合 勝者 敗者 試合結果
男子シングルス準決勝 スウェーデンの旗 ロビン・セーデリング [5] チェコの旗 トマーシュ・ベルディハ [15] 6–3, 3–6, 5–7, 6–3, 6–3
男子シングルス準決勝 スペインの旗 ラファエル・ナダル [2] オーストリアの旗 ユルゲン・メルツァー [22] 6–2, 6–3, 7–6(6)
スザンヌ・ランラン・コート (グランドスタンド)
試合 勝者 敗者 試合結果
レジェンド部門45歳以下男子ダブルス グループ B フランスの旗 アルノー・ブッチ
フランスの旗 セドリック・ピオリーン
オーストリアの旗 トーマス・ムスター
オーストラリアの旗 マーク・ウッドフォード
6–2, 3–6, [12–10]
レジェンド部門女子ダブルス3位決定戦 アメリカ合衆国の旗 ジジ・フェルナンデス
ベラルーシの旗 ナターシャ・ズベレワ
アメリカ合衆国の旗 メアリー・ジョー・フェルナンデス
スペインの旗 コンチタ・マルティネス
6–1, 6–2
レジェンド部門45歳以下男子ダブルス グループ A ロシアの旗 エフゲニー・カフェルニコフ
ウクライナの旗 アンドレイ・メドベデフ
スペインの旗 セルジ・ブルゲラ
オランダの旗 リカルド・クライチェク
4–6, 6–2, [12–10]
女子ダブルス決勝戦 アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ [1]
アメリカ合衆国の旗 ビーナス・ウィリアムズ [1]
チェコの旗 クベタ・ペシュケ [12]
スロベニアの旗 カタリナ・スレボトニク [12]
6–2, 6–3
レジェンド部門45歳以上男子ダブルス グループ B ルーマニアの旗 イリ・ナスターゼ
スペインの旗 エミリオ・サンチェス
フランスの旗 ギー・フォルジェ
フランスの旗 ティエリ・チュランヌ
6–1, 1–6, [10–7]

14日目 (6月5日)[編集]

女子シングルス決勝戦では、第17シードのフランチェスカ・スキアボーネが第7シードのサマンサ・ストーサーをストレートで下し優勝。イタリア人女子選手としては史上初のグランドスラムシングルス優勝者となり、男女通じても1976年全仏オープン男子シングルスでアドリアーノ・パナッタが優勝して以来36年ぶりの快挙であった。また29歳でのグランドスラム女子シングルス優勝は1969年ウィンブルドン選手権アン・ヘイドン=ジョーンズが30歳で優勝したのに次ぐ、グランドスラム史上2番目の年長優勝となった[32][33]

男子ダブルス決勝戦では、第2シードのダニエル・ネスター&ネナド・ジモンイッチが前年優勝ペアの第3シードルーカス・ドロウヒー&リーンダー・パエス組をストレートで下し優勝した[34]

メインコートの試合
フィリップ・シャトリエ・コート (センター・コート)
試合 勝者 敗者 試合結果
女子シングルス決勝戦 イタリアの旗 フランチェスカ・スキアボーネ [17] オーストラリアの旗 サマンサ・ストーサー [7] 6–4, 7–6(2)
男子ダブルス決勝戦 カナダの旗 ダニエル・ネスター [2]
セルビアの旗 ネナド・ジモンイッチ [2]
チェコの旗 ルーカス・ドロウヒー [3]
インドの旗 リーンダー・パエス [3]
7–5, 6–2
スザンヌ・ランラン・コート (グランドスタンド)
試合 勝者 敗者 試合結果
レジェンド部門45歳以上男子ダブルスグループ A エクアドルの旗 アンドレス・ゴメス
アメリカ合衆国の旗 ジョン・マッケンロー
スウェーデンの旗 ヨアキム・ニーストロム
スウェーデンの旗 マッツ・ビランデル
6–2, 6–2
レジェンド部門女子ダブルス決勝戦 アメリカ合衆国の旗 マルチナ・ナブラチロワ
チェコの旗 ヤナ・ノボトナ
クロアチアの旗 イバ・マヨリ
フランスの旗 ナタリー・トージア
6–4, 6–2
レジェンド部門45歳以下男子ダブルスグループ A ロシアの旗 エフゲニー・カフェルニコフ
ウクライナの旗 アンドレイ・メドベデフ
アメリカ合衆国の旗 マイケル・チャン
スペインの旗 アルベルト・コスタ
6–0, 3–6, [10–7]
45歳以下男子ダブルスグループ B クロアチアの旗 ゴラン・イワニセビッチ
ドイツの旗 ミヒャエル・シュティヒ
フランスの旗 アルノー・ブッチ
フランスの旗 セドリック・ピオリーン
6–3, 6–2

15日目 (6月6日)[編集]

男子シングルス決勝戦では、第2シードのラファエル・ナダルが第5シードのロビン・セーデリングをストレートで下し、2年ぶり5度目の優勝[35]。またこの優勝により翌週のATPシングルスランキングでピート・サンプラスが持つ1位在位記録286週に後1週まで迫っていたロジャー・フェデラーが1位の座から陥落し、ナダルが2009年6月第4週以来の1位に返り咲いた[36]

メインコートの試合
フィリップ・シャトリエ・コート (センター・コート)
試合 勝者 敗者 試合結果
男子シングルス決勝戦 スペインの旗 ラファエル・ナダル [2] スウェーデンの旗 ロビン・セーデリング [5] 6–4, 6–2, 6–4
スザンヌ・ランラン・コート (グランドスタンド)
試合 勝者 敗者 試合結果
レジェンド部門45歳以上男子ダブルス決勝戦 エクアドルの旗 アンドレス・ゴメス
アメリカ合衆国の旗 ジョン・マッケンロー
イランの旗 マンスール・バーラミ
フランスの旗 アンリ・ルコント
6–1, 6–1
レジェンド部門45歳以下男子ダブルス決勝戦 ロシアの旗 エフゲニー・カフェルニコフ
ウクライナの旗 アンドレイ・メドベデフ
クロアチアの旗 ゴラン・イワニセビッチ
ドイツの旗 ミヒャエル・シュティヒ
6–1, 6–1

シニア[編集]

男子シングルス[編集]

スペインの旗 ラファエル・ナダル vs. スウェーデンの旗 ロビン・セーデリング, 6–4, 6–2, 6–4

女子シングルス[編集]

イタリアの旗 フランチェスカ・スキアボーネ vs. オーストラリアの旗 サマンサ・ストーサー, 6–4, 7–6(2)

  • スキアボーネとストーサー、両者共に初のグランドスラムシングルス決勝戦であった。

男子ダブルス[編集]

カナダの旗 ダニエル・ネスター/ セルビアの旗 ネナド・ジモンイッチ vs. チェコの旗 ルーカス・ドロウヒー / インドの旗 リーンダー・パエス, 7–5, 6–2

  • ネスターにとっては通算6度目、全仏では2007年全仏オープン以来3年ぶり2度目の優勝となり、ジモンイッチにとっては通算3度目、全仏では初の同部門優勝となった。

女子ダブルス[編集]

アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ / アメリカ合衆国の旗 ビーナス・ウィリアムズ vs. チェコの旗 クベタ・ペシュケ / スロベニアの旗 カタリナ・スレボトニク, 6–2, 6–3

混合ダブルス[編集]

スロベニアの旗 カタリナ・スレボトニク / セルビアの旗 ネナド・ジモンイッチ vs. カザフスタンの旗 ヤロスロワ・シュウェドワ / オーストリアの旗 ユリアン・ノール, 4–6, 7–6(5), [11–9]

ジュニア[編集]

男子シングルス[編集]

アルゼンチンの旗 アグスティン・ベロッティ vs. アメリカ合衆国の旗 アンドレア・コラリーニ, 6–4, 7–5

  • ベロッティにとって初のジュニアグランドスラムタイトルとなった。

女子シングルス[編集]

ウクライナの旗 エリナ・スビトリナ vs. チュニジアの旗 オンス・ジャバー, 6-2, 7-5

  • スビトリナにとって初のジュニアグランドスラムタイトルとなった。

男子ダブルス[編集]

ペルーの旗 デュイリオ・ベレッタ / エクアドルの旗 ロベルト・キロス vs. アルゼンチンの旗 ファクンド・アルグエロ / アルゼンチンの旗 アグスティン・ベロッティ, 6–3, 6–2

  • ベレッタとキロスにとって、単複通じて初のジュニアグランドスラムタイトルとなった。

女子ダブルス[編集]

ハンガリーの旗 ティメア・バボス / アメリカ合衆国の旗 スローン・スティーブンス vs. スペインの旗 ララ・アルバレーナ=ベシノ / スペインの旗 マリア=テレサ・=トロ=フロール, 6–2, 6–3

  • バボスとスティーブンスにとって、単複通じて初のジュニアグランドスラムタイトルとなった。

その他のイベント[編集]

レジェンド部門45歳以下男子ダブルス[編集]

ロシアの旗 エフゲニー・カフェルニコフ / ウクライナの旗 アンドレイ・メドベデフ vs. クロアチアの旗 ゴラン・イワニセビッチ / ドイツの旗 ミヒャエル・シュティヒ, 6-1, 6-1

レジェンド部門45歳以上男子ダブルス[編集]

アメリカ合衆国の旗 ジョン・マッケンロー / エクアドルの旗 アンドレス・ゴメス vs. イランの旗 マンスール・バーラミ / フランスの旗 アンリ・ルコント, 6–1, 6–1

レジェンド部門女子ダブルス[編集]

アメリカ合衆国の旗 マルチナ・ナブラチロワ / チェコの旗 ヤナ・ノボトナ vs. クロアチアの旗 イバ・マヨリ / フランスの旗 ナタリー・トージア, 6–4, 6–2

車いす男子シングルス[編集]

日本の旗 国枝慎吾 vs. スウェーデンの旗 ステファン・オルソン, 6–4, 6–0

  • 国枝にとって全仏では同部門が設けられた2007年から4年連続4度目の優勝となり、2007年全豪オープンからのグランドスラム車いすシングルス連続優勝記録を10に伸ばした[37][38]

車いす女子シングルス[編集]

オランダの旗 エステル・フェルヘール vs. オランダの旗 シャロン・ワラベン, 6–0, 6–0

  • フェルヘールにとってグランドスラム車いすシングルス通算15度目、全仏では同部門が設けられた2007年から4年連続4度目の優勝となった。

車いす男子ダブルス[編集]

フランスの旗 ステファン・ウデ / 日本の旗 国枝慎吾 vs. オランダの旗 ロビン・アメルラーン / スウェーデンの旗 ステファン・オルソン, 6–0, 5–7, [10–8]

  • ウデにとってグランドスラム車いすダブルス通算4度目、全仏では初の優勝となり、国枝にとってはグランドスラム車いすダブルス通算9度目、全仏では2008年全仏オープン以来2年ぶり2度目の同部門優勝となった。

車いす女子ダブルス[編集]

オーストラリアの旗 ダニエラ・ディトーロ / オランダの旗 アニク・ファン・クート vs. オランダの旗 エステル・フェルヘール / オランダの旗 シャロン・ワラベン, 3–6, 6–3, [10–4]

  • ディトーロ、ファン・クート両者にとって初のグランドスラム車いすダブルスタイトルとなった。

シングルス部門シード選手[編集]

以下のデータは大会シード発表時の2010年5月17日付ランキングに基づく

男子シングルス[編集]

シード 順位 選手 大会時ポイント
防衛ポイント
獲得ポイント 大会後ポイント 結果
1 1 スイスの旗 ロジャー・フェデラー 10030 2000 360 8390 準々決勝敗退 (VS ロビン・セーデリング [5])
2 2 スペインの旗 ラファエル・ナダル 6880 180 2000 8700 優勝
3 3 セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ 6405 90 360 6675 準々決勝敗退 (VS ユルゲン・メルツァー [22])
4 4 イギリスの旗 アンディ・マレー 5565 360 180 5385 4回戦敗退 (VS トマーシュ・ベルディハ [15])
5 7 スウェーデンの旗 ロビン・セーデリング 4755 1200 1200 4755 準優勝 (VS ラファエル・ナダル [2])
6 8 アメリカ合衆国の旗 アンディ・ロディック 4600 180 90 4510 3回戦敗退 (VS ティムラズ・ガバシュビリ [Q])
7 9 スペインの旗 フェルナンド・ベルダスコ 3645 180 180 3645 4回戦敗退 (VS ニコラス・アルマグロ [19])
8 10 フランスの旗 ジョー=ウィルフリード・ツォンガ 3185 180 180 3185 4回戦敗退 (VS ミハイル・ユージニー [11])
9 11 スペインの旗 ダビド・フェレール 3010 90 90 3010 3回戦敗退 (VS ユルゲン・メルツァー [22])
10 12 クロアチアの旗 マリン・チリッチ 2945 180 180 2945 4回戦敗退 (VS ロビン・セーデリング [5])
11 13 ロシアの旗 ミハイル・ユージニー 2375 45 360 2690 準々決勝敗退 (VS トマーシュ・ベルディハ [15])
12 14 チリの旗 フェルナンド・ゴンサレス 2385 720 45 1710 2回戦敗退 (VS アレクサンドル・ドルゴポロフ)
13 15 フランスの旗 ガエル・モンフィス 2220 360 45 1905 2回戦敗退 (VS ファビオ・フォニーニ)
14 16 クロアチアの旗 イワン・リュビチッチ 2140 10 90 2220 3回戦敗退 (VS トマス・ベルッチ [24])
15 17 チェコの旗 トマーシュ・ベルディハ 2115 10 720 2825 準決勝敗退 (VS ロビン・セーデリング [5])
16 18 スペインの旗 フアン・カルロス・フェレーロ 2050 45 90 2095 3回戦敗退 (VS ロビー・ジネプリ)
17 19 アメリカ合衆国の旗 ジョン・イスナー 1880 0(45) 90 1925 3回戦敗退 (VS トマーシュ・ベルディハ [15])
18 21 アメリカ合衆国の旗 サム・クエリー 1675 10 10 1675 1回戦敗退 (VS ロビー・ジネプリ)
19 22 スペインの旗 ニコラス・アルマグロ 1690 90 360 1960 準々決勝敗退 (VS ラファエル・ナダル [2])
20 23 スイスの旗 スタニスラス・ワウリンカ 1600 90 180 1690 4回戦敗退 (VS ロジャー・フェデラー [1])
21 25 スペインの旗 トミー・ロブレド 1505 360 10 1155 1回戦敗退 (VS ビクトル・トロイツキ)
22 26 オーストリアの旗 ユルゲン・メルツァー 1495 90 720 2125 準決勝敗退 (VS ラファエル・ナダル [2])
23 27 ラトビアの旗 エルネスツ・ガルビス 1494 45 10 1459 1回戦敗退 (VS ジュリアン・ベネトー)
24 28 ブラジルの旗 トマス・ベルッチ 1482 10 180 1652 4回戦敗退 (VS ラファエル・ナダル [2])
25 29 キプロスの旗 マルコス・バグダティス 1465 10 90 1545 3回戦敗退 (VS アンディ・マレー [4])
26 30 アルゼンチンの旗 フアン・モナコ 1510 45 10 1475 1回戦敗退 (VS グレガ・ゼミヤ [Q])
27 31 スペインの旗 フェリシアーノ・ロペス 1420 45 10 1385 1回戦敗退 (VS ユリアン・ライスター [Q])
28 33 オーストラリアの旗 レイトン・ヒューイット 1350 90 90 1350 3回戦敗退 (VS ラファエル・ナダル [2])
29 34 スペインの旗 アルベルト・モンタニェス 1325 10 90 1405 3回戦敗退 (VS ロビン・セーデリング [5])
30 35 ドイツの旗 フィリップ・コールシュライバー 1320 180 90 1230 3回戦敗退 (VS フェルナンド・ベルダスコ [7])
31 37 ルーマニアの旗 ビクトル・ハネスク 1160 180 90 1070 3回戦敗退 (VS ノバク・ジョコビッチ [3])
32 38 スペインの旗 ギリェルモ・ガルシア・ロペス 965 10 45 1000 2回戦敗退 (VS ティエモ・デ・バッカー)

女子シングルス[編集]

シード 順位 選手 大会時ポイント
防衛ポイント
獲得ポイント 大会後ポイント 結果
1 1 アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ 8475 500 500 8475 準々決勝敗退 (VS サマンサ・ストーサー [7])
2 2 アメリカ合衆国の旗 ビーナス・ウィリアムズ 6386 160 280 6506 4回戦敗退 (VS ナディア・ペトロワ [19])
3 3 デンマークの旗 キャロライン・ウォズニアッキ 5630 160 500 5970 準々決勝敗退 (VS フランチェスカ・スキアボーネ [17])
4 4 セルビアの旗 エレナ・ヤンコビッチ 5160 280 900 5780 準決勝敗退 (VS サマンサ・ストーサー [7])
5 5 ロシアの旗 エレーナ・デメンチェワ 4830 160 900 5570 準決勝敗退 (VS フランチェスカ・スキアボーネ [17])
6 6 ロシアの旗 スベトラーナ・クズネツォワ 4661 2000 160 2821 3回戦敗退 (VS マリア・キリレンコ [30])
7 7 オーストラリアの旗 サマンサ・ストーサー 4405 900 1400 4905 準優勝 (VS フランチェスカ・スキアボーネ [17])
8 8 ポーランドの旗 アグニエシュカ・ラドワンスカ 4190 280 100 4010 2回戦敗退 (VS ヤロスラワ・シュウェドワ)
9 9 ロシアの旗 ディナラ・サフィナ 4156 1400 5 2761 1回戦敗退 (VS クルム伊達公子)
10 11 ベラルーシの旗 ビクトリア・アザレンカ 3665 500 5 3170 1回戦敗退 (VS ヒセラ・ドゥルコ)
11 12 中華人民共和国の旗 李娜 3515 280 160 3395 3回戦敗退 (VS フランチェスカ・スキアボーネ [17])
12 13 ロシアの旗 マリア・シャラポワ 3350 500 160 3010 3回戦敗退 (VS ジュスティーヌ・エナン [22])
13 14 フランスの旗 マリオン・バルトリ 3186 100 160 3246 3回戦敗退 (VS シャハー・ピアー [18])
14 15 イタリアの旗 フラビア・ペンネッタ 3175 5 280 3450 4回戦敗退 (VS キャロライン・ウォズニアッキ [3])
15 16 フランスの旗 アラバン・レザイ 2875 280 160 2755 3回戦敗退 (VS ナディア・ペトロワ [18])
16 17 ベルギーの旗 ヤニナ・ウィックマイヤー 3050 100 160 3110 3回戦敗退 (VS ダニエラ・ハンチュコバ [22])
17 18 イタリアの旗 フランチェスカ・スキアボーネ 2995 5 2000 4990 優勝
18 19 イスラエルの旗 シャハー・ピアー 2895 0 280 3175 4回戦敗退 (VS セリーナ・ウィリアムズ [1])
19 20 ロシアの旗 ナディア・ペトロワ 2795 100 500 3195 準々決勝敗退 (VS エレーナ・デメンチェワ [5])
20 21 スペインの旗 マリア・ホセ・マルチネス=サンチェス 2635 160 5 2480 1回戦敗退 (VS アクグル・アマンムラドワ)
21 22 ロシアの旗 ベラ・ズボナレワ 2625 0 100 2725 2回戦敗退 (VS アナスタシア・ロディオノワ)
22 23 ベルギーの旗 ジュスティーヌ・エナン 2575 0 280 2855 4回戦敗退 (VS サマンサ・ストーサー [7])
23 24 スロバキアの旗 ダニエラ・ハンチュコバ 2010 5 280 2285 4回戦敗退 (VS Jエレナ・ヤンコビッチ [4])
24 25 チェコの旗 ルーシー・サファロバ 2075 100 100 2075 2回戦敗退 (VS ポローナ・エルコグ)
25 26 中華人民共和国の旗 鄭潔 2325 100 100 2325 2回戦敗退 (VS アナスタシア・ピボバロワ [Q])
26 27 スロバキアの旗 ドミニカ・チブルコバ 2005 900 160 1265 3回戦敗退 (VS ビーナス・ウィリアムズ [2])
27 28 ウクライナの旗 アリョーナ・ボンダレンコ 1700 5 160 1855 3回戦敗退 (VS エレナ・ヤンコビッチ [4])
28 29 ロシアの旗 アリサ・クレイバノワ 1855 5 160 2010 3回戦敗退 (VS ヤロスラワ・シュウェドワ)
29 30 ロシアの旗 アナスタシア・パブリュチェンコワ 1850 160 160 1850 3回戦敗退 (VS セリーナ・ウィリアムズ [1])
30 31 ロシアの旗 マリア・キリレンコ 1710 5 280 1985 4回戦敗退 (VS フランチェスカ・スキアボーネ [17])
31 32 ルーマニアの旗 アレクサンドラ・ドゥルゲル 1655 0(30) 160 1785 3回戦敗退 (VS キャロライン・ウォズニアッキ [3])
32 33 ウクライナの旗 カテリナ・ボンダレンコ 1570 160 100 1510 2回戦 (VS アレクサンドラ・ウォズニアク)

欠場選手[編集]

シード圏内の選手の内、以下の6名が怪我などの理由により欠場した。

順位 選手 大会時ポイント
防衛ポイント
獲得ポイント 大会後ポイント 欠場理由
5 アルゼンチンの旗 フアン・マルティン・デル・ポトロ 5115 720 0 4395 右手首手術の為欠場[39]
6 ロシアの旗 ニコライ・ダビデンコ 5145 360 0 4785 左手首の怪我により欠場[39]
20 チェコの旗 ラデク・ステパネク 1705 90 0 1615 疲労の為欠場
23 アメリカ合衆国の旗 トミー・ハース 1660 180 0 1480 右臀部の怪我により欠場[39]
32 フランスの旗 ジル・シモン 1395 90 0 1305 右膝の怪我により欠場[40]
36 クロアチアの旗 イボ・カロビッチ 1295 10 0 1285 右足の怪我により欠場[41]
10 ベルギーの旗 キム・クライシュテルス 3890 0 0 3890 左足の怪我により欠場[39]

主催者推薦[編集]

男子シングルス[編集]

  1. アメリカ合衆国の旗 ライアン・スウィーティング
  2. オーストラリアの旗 カースティン・ボール
  3. フランスの旗 ダビド・グエズ
  4. フランスの旗 ニコラ・マユ
  5. フランスの旗 ジャンニ・ミナ
  6. フランスの旗 ジョセリン・ウィアンナ
  7. フランスの旗 ロラン・レクーデル
  8. フランスの旗 エドゥアール・ロジェ=ヴァセラン

女子シングルス[編集]

  1. アメリカ合衆国の旗 クリスティーナ・マクヘイル
  2. オーストラリアの旗 ジャミラ・グロース
  3. フランスの旗 ステファニー・コーエン=アロロ
  4. フランスの旗 クレア・フュアーステイン
  5. フランスの旗 ステファニー・フォレッツ
  6. フランスの旗 マチルド・ヨハンソン
  7. フランスの旗 クリスティナ・ムラディノビッチ
  8. フランスの旗 オリビア・サンチェス

男子ダブルス[編集]

  1. フランスの旗 リシャール・ガスケ / フランスの旗 セバスチャン・グロージャン
  2. フランスの旗 マルク・ジケル / フランスの旗 エドゥアール・ロジェ=ヴァセラン
  3. フランスの旗 ニコラス・デヴィルダー / フランスの旗 ポール=アンリ・マチュー
  4. フランスの旗 ティエリ・アシオンヌ / フランスの旗 ロラン・レクーデル
  5. フランスの旗 ジョナサン・イセリ / フランスの旗 ブノワ・ペイル
  6. フランスの旗 ギローム・ルファン / フランスの旗 アレクサンドレ・シドレンコ

女子ダブルス[編集]

  1. フランスの旗 ステファニー・コーエン=アロロ / フランスの旗 ポーリーン・パルメンティエ
  2. フランスの旗 クリスティナ・ムラディノビッチ / チュニジアの旗 セリま・スファー
  3. フランスの旗 イレーナ・パブロビッチ / フランスの旗 ローラ・ソープ
  4. フランスの旗 セベリン・ベルトラム / フランスの旗 ユリア・フェドソバ
  5. フランスの旗 ソフィー・ルフェーブル / フランスの旗 オウレリー・ヴェディ
  6. フランスの旗 クレア・フュアーステイン / フランスの旗 ステファニー・フォレッツ
  7. フランスの旗 マチルド・ヨハンソン / フランスの旗 カミーユ・パン

混合ダブルス[編集]

  1. フランスの旗 ステファニー・コーエン=アロロ / フランスの旗 ティエリ・アシオンヌ
  2. フランスの旗 ジュリー・クワン / フランスの旗 ニコラ・マユ
  3. フランスの旗 マチルド・ヨハンソン / フランスの旗 セバスチャン・ドゥショーナック
  4. フランスの旗 クリスティナ・ムラディノビッチ / フランスの旗 アレクサンドレ・シドレンコ
  5. フランスの旗 ポーリーン・パルメンティエ / フランスの旗 マルク・ジケル
  6. フランスの旗 オウレリー・ヴェディ / フランスの旗 ミカエル・ロドラ

予選勝者[編集]

男子シングルス[編集]

  1. スペインの旗 パブロ・アンドゥハル
  2. カザフスタンの旗 ユーリ・シュキン
  3. フランスの旗 オリビエ・パシャンス
  4. アメリカ合衆国の旗 ジェシー・ウィッテン
  5. ブラジルの旗 チアゴ・アウベス
  6. インドの旗 ソムデヴ・デヴァーマン
  7. アメリカ合衆国の旗 マイケル・ヤニ
  8. イタリアの旗 ステファノ・ガルバーニ
  9. ロシアの旗 ティムラズ・ガバシュビリ
  10. チリの旗 ホルヘ・アギラール
  11. フランスの旗 ブノワ・ペイル
  12. オーストリアの旗 マーティン・フィッシャー
  13. ドイツの旗 ユリアン・ライスター
  14. スロベニアの旗 グレガ・ゼミヤ
  15. イタリアの旗 シモーネ・ボレリ
  16. ドイツの旗 トビアス・カムケ

その他以下の2名がラッキールーザーとして本戦に繰り上がった

  1. ドイツの旗 ディター・キンドルマン
  2. スペインの旗 サンティアゴ・ベントゥーラ

女子シングルス[編集]

  1. カナダの旗 ヘイディ・エル・タバク
  2. 日本の旗 奈良くるみ
  3. ロシアの旗 エカテリーナ・イワノワ
  4. オーストラリアの旗 ソフィー・ファーガソン
  5. 中華人民共和国の旗 張帥
  6. ロシアの旗 アナスタシア・ピボバロワ
  7. ロシアの旗 セニア・ペルバク
  8. 日本の旗 土居美咲
  9. ルーマニアの旗 シモーナ・ハレプ
  10. エストニアの旗 カイア・カネピ
  11. スペインの旗 ヌリア・ラゴステラ・ビベス
  12. 南アフリカ共和国の旗 チャネル・シーパース

その他以下の1名がラッキールーザーとして本戦に繰り上がった

  1. アメリカ合衆国の旗 ベサニ・マテック=サンズ

獲得ポイント[編集]

ステージ 男子シングルス 男子ダブルス 女子シングルス 女子ダブルス
優勝 2000
準優勝 1200 1400
ベスト4 720 900
ベスト8 360 500
Round of 16 180 280
Round of 32 90 160
Round of 64 45 0 100 5
Round of 128 10 5
予選勝者 25 60
予選決勝 16 50
予選2回戦 8 40
予選1回戦 0 2

賞金額[編集]

本大会の賞金はユーロ建て(€)で支払われる。 ダブルスはペアでの賞金額となる。


男子・女子シングルス[編集]

  • 優勝: €1,120,000
  • 準優勝: €560,000
  • ベスト4: €280,000
  • ベスト8: €140,000
  • 4回戦: €70,000
  • 3回戦: €42,000
  • 2回戦: €25,000
  • 1回戦: €15,000


男子・女子ダブルス[編集]

  • 優勝: €320,000
  • 準優勝: €160,000
  • ベスト4: €80,000
  • ベスト8: €40,000
  • 3回戦: €22,000
  • 2回戦: €11,000
  • 1回戦: €7,500


混合ダブルス[編集]

  • 優勝: €100,000
  • 準優勝: €50,000
  • ベスト4: €25,000
  • ベスト8: €13,000
  • 2回戦: €7,000
  • 1回戦: €3,500

放送局[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ソデルリング、ツォンガらが2回戦進出 全仏オープン”. フランス通信社 (2010年5月24日). 2010年6月14日閲覧。
  2. ^ 前年覇者クズネツォワ 初戦突破、全仏オープン”. フランス通信社 (2010年5月24日). 2010年6月14日閲覧。
  3. ^ フェデラー 連覇に向け好スタート、全仏オープン”. フランス通信社 (2010年5月25日). 2010年6月14日閲覧。
  4. ^ セレーナ・ウィリアムスらが順当に初戦を突破 全仏オープン”. フランス通信社 (2010年5月25日). 2010年6月14日閲覧。
  5. ^ 【全仏オープン】故障に耐え14年ぶり白星 クルム伊達、正確ショットで”. MSN産経ニュース (2010年5月25日). 2010年6月14日閲覧。
  6. ^ Forever Young: Kimiko Stuns Safina”. WTA (2010年5月25日). 2010年6月14日閲覧。
  7. ^ 雨で試合開始が大幅に遅れる◇全仏オープン”. tennis365.net (2010年5月27日). 2010年6月14日閲覧。
  8. ^ “Murray delayed as Federer marches on”. Guardian. (2010年5月26日). http://www.guardian.co.uk/sport/2010/may/26/andy-murray-roger-federer 2010年5月27日閲覧。 
  9. ^ “Darkness!French Open match played in near blackout conditions”. Yahoo. (2010年5月26日). http://sports.yahoo.com/tennis/blog/busted_racquet/post/Darkness-French-Open-match-played-in-near-black?urn=ten,243916 2010年5月27日閲覧。 
  10. ^ 男子シングルス結果◇全仏オープン大会4日目”. tennis365.net (2010年5月27日). 2010年6月14日閲覧。
  11. ^ 女子シングルス結果◇全仏オープン大会4日目”. tennis365.net (2010年5月27日). 2010年6月14日閲覧。
  12. ^ 男子ダブルス結果◇全仏オープン大会4日目”. tennis365.net (2010年5月27日). 2010年6月14日閲覧。
  13. ^ 女子ダブルス結果◇全仏オープン大会4日目”. tennis365.net (2010年5月27日). 2010年6月14日閲覧。
  14. ^ a b ロディック、マレーらが3回戦進出◇全仏オープン”. tennis365.net (2010年5月28日). 2010年6月14日閲覧。
  15. ^ a b クルム伊達、イバノビッチが2回戦で敗退◇全仏オープン”. tennis365.net (2010年5月28日). 2010年6月14日閲覧。
  16. ^ 男子ダブルス結果◇全仏オープン大会5日目”. tennis365.net (2010年5月28日). 2010年6月14日閲覧。
  17. ^ 女子ダブルス結果◇全仏オープン大会5日目”. tennis365.net (2010年5月28日). 2010年6月14日閲覧。
  18. ^ 全仏オープン男子6日目 フェデラー、ナダルは盤石の勝ち上がり”. テニスナビ (2010年5月29日). 2010年6月16日閲覧。
  19. ^ テニス=全仏オープン女子、前回優勝クズネツォワが3回戦敗退”. ロイター (2010年5月29日). 2010年6月16日閲覧。
  20. ^ テニス=セリーナ、4回戦へ=ロディックは敗れる-全仏テニス”. 時事通信 (2010年5月29日). 2010年6月16日閲覧。
  21. ^ 男子ダブルス結果◇全仏オープン大会7日目”. tennis365.net (2010年5月30日). 2010年6月16日閲覧。
  22. ^ 前年覇者フェデラー8強、マレー4回戦敗退 全仏オープン”. フランス通信社 (2010年5月31日). 2010年6月16日閲覧。
  23. ^ ヴィーナス・ウィリアムス4回戦敗退、エナンはシャラポワを破る、全仏オープン”. フランス通信社 (2010年5月31日). 2010年6月16日閲覧。
  24. ^ 復活Vならず…エナン逆転負け、24連勝でストップ”. スポーツニッポン (2010年6月1日). 2010年6月16日閲覧。
  25. ^ 四大大会連続4強、23でストップ=フェデラー、雨にも泣く-全仏テニス”. 時事通信 (2010年6月2日). 2010年6月16日閲覧。
  26. ^ セリーナ、ジョコビッチが準々決勝で敗退=ナダルは4強入り-全仏テニス”. 時事通信 (2010年6月3日). 2010年6月16日閲覧。
  27. ^ テニス=全仏オープン女子、S・ウィリアムズが準々決勝敗退”. 時事通信 (2010年6月3日). 2010年6月16日閲覧。
  28. ^ 混合複はスレボトニク組V=全仏テニス”. 時事通信 (2010年6月4日). 2010年6月16日閲覧。
  29. ^ ナダルとソデルリングが決勝進出、全仏オープン”. フランス通信社 (2010年6月5日). 2010年6月16日閲覧。
  30. ^ ウィリアムズ姉妹がダブルス制覇◇全仏オープン”. tennis365.net (2010年6月5日). 2010年6月16日閲覧。
  31. ^ ウィリアムス姉妹が年間グランドスラム、全仏オープン”. フランス通信社 (2010年6月5日). 2010年6月16日閲覧。
  32. ^ スキアボーネが初優勝、全仏オープン”. フランス通信社 (2010年6月6日). 2010年6月15日閲覧。
  33. ^ スキアボーネがイタリア女性初のグランドスラム優勝◇全仏オープン”. tennis365.net (2010年6月6日). 2010年6月15日閲覧。
  34. ^ ネスター/ジモンイッチ組 前年王者を破って優勝、全仏オープン”. フランス通信社 (2010年6月6日). 2010年6月15日閲覧。
  35. ^ ナダル 2年ぶり5度目の優勝、全仏オープン”. フランス通信社 (2010年6月7日). 2010年6月15日閲覧。
  36. ^ ナダル 2番目の若さで7勝”. スポーツニッポン (2010年6月7日). 2010年6月15日閲覧。
  37. ^ 国枝 車いすの部で2冠 単は4連覇、全仏オープン”. フランス通信社 (2010年6月5日). 2010年6月15日閲覧。
  38. ^ 国枝が4連覇を達成◇全仏オープン”. tennis365.net (2010年6月4日). 2010年6月15日閲覧。
  39. ^ a b c d Kim Clijsters, Nikolay Davydenko Withdraw from French Open”. 2010年4月14日閲覧。
  40. ^ Simon out of French Open, Kunitsyn in”. Yahoo Sports. 2010年4月18日閲覧。
  41. ^ Karlovic withdraws from French Open”. Yahoo Sports. 2010年4月19日閲覧。
  42. ^ Roland Garros TV schedule”. Roland Garros. 2010年5月23日閲覧。

外部リンク[編集]


先代:
2010年全豪オープン
テニス4大大会
2010年
次代:
2010年ウィンブルドン選手権
先代:
2009年全仏オープン
全仏オープン
2010年
次代:
2011年全仏オープン