ルーカス・ドロウヒー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルーカス・ドロウヒー Tennis pictogram.svg
Dlouhy RG13 (5) (9381317939).jpg
ルーカス・ドロウヒー
基本情報
ラテン文字名 Lukáš Dlouhý
国籍 チェコの旗 チェコ
出身地 同・ピーセク
居住地 モナコ・モンテカルロ
生年月日 1983年4月9日(31歳)
身長 185cm
体重 88kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2001年
ツアー通算 10勝
シングルス 0勝
ダブルス 10勝
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(2007)
全仏 3回戦(2006)
全英 2回戦(2006)
全米 1回戦(2006)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト4(2009)
全仏 優勝(2009)
全英 ベスト4(2008)
全米 優勝(2009)
優勝回数 2(仏1・米1)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 73位(2006年4月3日)
ダブルス 5位(2009年6月22日)
2012年2月7日現在

ルーカス・ドロウヒーLukáš Dlouhý, 1983年4月9日 - )は、チェコピーセク出身の男子プロテニス選手。ダブルスの得意な選手としてよく知られ、2009年全仏オープン全米オープン男子ダブルスでリーンダー・パエスインド)とペアを組んで優勝した。ATPツアーでシングルスの優勝はないが、ダブルスで10勝を挙げている。自己最高ランキングはシングルス73位、ダブルス5位。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。ネット際へのドロップ・ショットを最も得意にする選手。

来歴[編集]

ドロウヒーは姉がチェコのジュニア女子テニス国内チャンピオンになったことから、姉の後を追うようにテニスを始めた。ルーカスがテニスの技量を伸ばせるように、彼の両親はチェコの首都プラハへの移転に多大の犠牲を払ったという。2001年にプロ入りし、4年後のウィンブルドン4大大会の男子ダブルスにデビューする。2006年2月のブラジル・コスタドサウイペ大会と5月のポルトガルエストリル大会で、ドロウヒーは同じチェコの先輩選手パベル・ビズネルとペアを組み、ATPツアー大会で2つのダブルス・タイトルを獲得した。エストリル大会の後、彼は全仏オープンで男子シングルス3回戦・男子ダブルス準決勝に進出し、ここで初めての好成績を出した。シングルス3回戦では第7シードのトミー・ロブレドに 1-6, 4-6, 2-6 で敗れたが、これが彼の4大大会シングルス自己最高成績である。ビズネルとペアを組んだダブルスでは、ヨナス・ビョルクマンスウェーデン)&マックス・ミルヌイベラルーシ)組との準決勝に進んだ。続くウィンブルドンでは、シングルス2回戦でビョルクマンに敗れ、ビズネルとのダブルスでは第1シードのボブ・ブライアン&マイク・ブライアン組(アメリカ、双子の兄弟ペア)との準々決勝まで勝ち進む。それ以来、彼はツアーでもダブルスの分野で成績を伸ばし始めた。

2007年、ドロウヒーとビズネルは全仏オープン全米オープンの2大会で男子ダブルス決勝戦に進出したが、どちらも準優勝に終わった。全仏男子ダブルスでは、準々決勝で「ブライアン兄弟」を破りながらも、初進出の決勝でダニエル・ネスターカナダ)&マーク・ノールズバハマ)組に 6-2, 3-6, 4-6 の逆転で敗れた。全米男子ダブルスでは、準々決勝でネスター&ノールズ組に雪辱したものの、決勝でシーモン・アスペリンスウェーデン)&ユリアン・ノールオーストリア)組に 5-7, 4-6 のストレートで敗れ、2人は2つの準優勝に甘んじた。

2008年全仏オープンを契機に、ドロウヒーはリーンダー・パエスインド)と組んで大半のトーナメントに出場するようになる。このペアはウィンブルドンでネスターとネナド・ジモニッチセルビア)組との準決勝に進み、最終第5セットまで争った末 6-7, 6-4, 1-6, 6-4, 6-8 のスコアで競り負けた。続いて全米オープンの決勝に進み、ドロウヒーは2年連続2度目の全米男子ダブルス決勝に勝ち上がったが、ここでも「ブライアン兄弟」に 6-7, 6-7 で敗れ去り、2年連続の全米男子ダブルス準優勝に終わった。この後、ドロウヒーとパエスはジャパン・オープンで来日し、ミハイル・ユージニーロシア)&ミーシャ・ズベレフドイツ)組に 3-6, 4-6 で敗れた準優勝がある。

2009年全仏オープンで、ドロウヒーはパエスと組んで宿願の男子ダブルス初優勝を遂げた。第3シードから勝ち上がった2人は、決勝でウェスリー・ムーディ南アフリカ)&ディック・ノーマンベルギー)組に 3-6, 6-3, 6-2 の逆転勝利を収めた。同年の全米オープン男子ダブルス決勝で、ドロウヒーとパエスはマヘシュ・ブパシインド)&&マーク・ノールズバハマ)組を 3-6, 6-3, 6-2 で破り、ドロウヒーは3年連続の決勝進出でついに全米ダブルス初優勝を決めた。

ATPツアー決勝進出結果[編集]

ダブルス: 25回 (10勝15敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2006年2月20日 ブラジルの旗 コスタ・ド・サイペ クレー チェコの旗 パベル・ビズネル ポーランドの旗 マリウシュ・フィルステンベルク
ポーランドの旗 マルチン・マトコフスキ
6–1, 4–6, [10–3]
準優勝 1. 2006年4月10日 スペインの旗 バレンシア クレー チェコの旗 パベル・ビズネル チェコの旗 ダビド・スコッチ
チェコの旗 トマーシュ・ジブ
4–6, 3–6
優勝 2. 2006年5月1日 ポルトガルの旗 エストリル クレー チェコの旗 パベル・ビズネル アルゼンチンの旗 ルーカス・アーノルド・カー
チェコの旗 レオシュ・フリエドル
6–3, 6–1
優勝 3. 2007年2月12日 ブラジルの旗 コスタ・ド・サイペ クレー チェコの旗 パベル・ビズネル スペインの旗 アルベルト・モンタニェス
スペインの旗 ルーベン・ラミレス・ヒダルゴ
6–2, 7–6(7–4)
準優勝 2. 2007年3月4日 メキシコの旗 アカプルコ クレー チェコの旗 パベル・ビズネル イタリアの旗 ポティト・スタラーチェ
アルゼンチンの旗 マルティン・バサロ・アルジェロ
0–6, 2–6
準優勝 3. 2007年6月9日 フランスの旗 全仏オープン クレー チェコの旗 パベル・ビズネル バハマの旗 マーク・ノールズ
カナダの旗 ダニエル・ネスター
6–2, 3–6, 4–6
優勝 4. 2007年7月23日 クロアチアの旗 ウマグ クレー スロバキアの旗 ミハル・メルティナク チェコの旗 ヤロスラフ・レビンスキー
チェコの旗 ダビド・スコッチ
6–1, 6–1
準優勝 4. 2007年9月8日 アメリカ合衆国の旗 全米オープン ハード チェコの旗 パベル・ビズネル スウェーデンの旗 シーモン・アスペリン
オーストリアの旗 ユリアン・ノール
5–7, 4–6
準優勝 5. 2008年6月15日 ドイツの旗 ハーレ インドの旗 リーンダー・パエス ロシアの旗 ミハイル・ユージニー
ドイツの旗 ミーシャ・ズベレフ
6–3, 4–6, [3–10]
準優勝 6. 2008年9月7日 アメリカ合衆国の旗 全米オープン ハード インドの旗 リーンダー・パエス アメリカ合衆国の旗 ボブ・ブライアン
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン
6–7(5–7), 6–7(10–12)
優勝 5. 2008年9月21日 タイ王国の旗 バンコク ハード インドの旗 リーンダー・パエス アメリカ合衆国の旗 スコット・リプスキー
アメリカ合衆国の旗 デイヴィッド・マーティン
6–4, 7–6(7–4)
準優勝 7. 2008年9月29日 日本の旗 東京 ハード インドの旗 リーンダー・パエス ロシアの旗 ミハイル・ユージニー
ドイツの旗 ミーシャ・ズベレフ
3–6, 4–6
準優勝 8. 2009年2月15日 オランダの旗 ロッテルダム ハード インドの旗 リーンダー・パエス カナダの旗 ダニエル・ネスター
セルビアの旗 ネナド・ジモニッチ
2–6, 5–7
優勝 6. 2009年6月6日 フランスの旗 全仏オープン クレー インドの旗 リーンダー・パエス 南アフリカ共和国の旗 ウェスリー・ムーディ
ベルギーの旗 ディック・ノーマン
3–6, 6–3, 6–2
優勝 7. 2009年8月31日 アメリカ合衆国の旗 全米オープン ハード インドの旗 リーンダー・パエス インドの旗 マヘシュ・ブパシ
バハマの旗 マーク・ノールズ
3–6, 6–3, 6–2
準優勝 9. 2010年1月10日 オーストラリアの旗 ブリスベン ハード インドの旗 リーンダー・パエス フランスの旗 ジェレミー・シャーディ
フランスの旗 マルク・ジケル
3–6, 6–7(5–7)
準優勝 10. 2010年2月27日 アラブ首長国連邦の旗 ドバイ ハード インドの旗 リーンダー・パエス スウェーデンの旗 シーモン・アスペリン
オーストラリアの旗 ポール・ハンリー
2–6, 3–6
優勝 8. 2010年4月3日 アメリカ合衆国の旗 マイアミ ハード インドの旗 リーンダー・パエス インドの旗 マヘシュ・ブパシ
ベラルーシの旗 マックス・ミルヌイ
6–2, 7–5
準優勝 11. 2010年6月5日 フランスの旗 全仏オープン クレー インドの旗 リーンダー・パエス カナダの旗 ダニエル・ネスター
セルビアの旗 ネナド・ジモニッチ
5–7, 2–6
準優勝 12. 2010年6月19日 オランダの旗 スヘルトーヘンボス インドの旗 リーンダー・パエス スウェーデンの旗 ロベルト・リンドステット
ルーマニアの旗 ホリア・テカウ
6–1, 5–7, [7–10]
優勝 9. 2011年1月9日 オーストラリアの旗 ブリスベン ハード オーストラリアの旗 ポール・ハンリー スウェーデンの旗 ロベルト・リンドステット
ルーマニアの旗 ホリア・テカウ
6–4, 途中棄権
優勝 10. 2011年1月15日 オーストラリアの旗 シドニー ハード オーストラリアの旗 ポール・ハンリー アメリカ合衆国の旗 ボブ・ブライアン
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン
6–7(6–8), 6–3, [10–5]
準優勝 13. 2011年9月25日 フランスの旗 メス ハード
(室内)
ブラジルの旗 マルセロ・メロ イギリスの旗 ジェイミー・マレー
ブラジルの旗 アンドレ・サ
4–6, 6–7(7–9)
準優勝 14. 2013年4月27日 ルーマニアの旗 ブカレスト クレー オーストリアの旗 オリバー・マラチ ベラルーシの旗 マックス・ミルヌイ
ルーマニアの旗 ホリア・テカウ
6–4, 4–6, [6–10]
準優勝 15. 2013年8月3日 オーストリアの旗 キッツビュール クレー チェコの旗 フランティシェク・チェルマク ドイツの旗 マルティン・エメリッヒ
ドイツの旗 クリストファー・カス
4–6, 3–6

4大大会ダブルス優勝[編集]

  • 全仏オープン 男子ダブルス:1勝(2009年) [同部門準優勝2度:2007年・2010年]
  • 全米オープン 男子ダブルス:1勝(2009年) [同部門準優勝2度:2007年・2008年]

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2005 2006 2007 2008 2009 通算成績
全豪オープン LQ 1R 2R 1R LQ 1–3
全仏オープン 2R 3R 1R LQ A 3–3
ウィンブルドン LQ 2R 1R LQ A 1–2
全米オープン LQ 1R LQ LQ LQ 0–1

外部リンク[編集]