アーサー・アッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アーサー・アッシュArthur Ashe, 1943年7月10日 - 1993年2月6日)は、アメリカバージニア州リッチモンド出身の男子テニス選手。本名は Arthur Robert Ashe Jr. (アーサー・ロバート・アッシュ・ジュニア)という。黒人テニス選手の先駆者として活躍したが、エイズのため49歳で死去した。1968年全米オープン1970年全豪オープン1975年ウィンブルドンで優勝し、4大大会男子シングルス「3勝」を挙げる。シングルス自己最高ランキングは2位。キャリア通算でシングルス33勝、ダブルス14勝を記録した。彼は4大大会で男子シングルスを制覇した初の黒人選手であり、1983年ヤニック・ノア全仏オープンで優勝するまで、4大大会で男子シングルスを制した唯一の黒人選手だった。

経歴[編集]

アッシュは公園の管理人だった父親のもとでテニスを始めたが、幼少期から人種差別の影響により、ジュニアのテニス・トーナメントに参加できなかった。10歳の時に黒人医師のロバート・ウォルター・ジョンソン1899年 - 1971年)と出会い、彼の支援を受けるようになる。ジョンソンはアッシュを自宅に同居させ、学業とテニスの両面で多大の援助を与えた。公民権運動の高まりとともに、アッシュも徐々に試合出場の機会を得られるようになり、1960年1961年に「全米室内テニス選手権」で2連覇を果たす。そうしてカリフォルニア大学に入学の道も開かれ、「全米大学テニス選手権」のシングルス優勝も達成した。1963年から男子国別対抗戦・デビスカップのアメリカ代表選手に選ばれ、黒人のテニス選手として初めてデ杯でプレーするようになった。

1968年全米オープン4大大会初優勝を果たした時、アッシュは陸軍中尉として兵役に就いていた。この年はテニスの歴史を通じて最大の転換期であり、これまでアマチュア選手しか出場資格がなかった4大大会に、プロ選手も出場を認められた「オープン化」が実施された年である。そのオープン化措置のもとで行われた最初の全米オープンで、アッシュはプロ選手のトム・オッカーオランダ)を 14-12, 5-7, 6-3, 3-6, 6-3 で破っている。黒人テニス選手の4大大会シングルス優勝は、女子で1950年代後半に活躍したアリシア・ギブソン1927年 - 2003年)が5勝を挙げていたが(ギブソンの成績:1956年全仏選手権優勝、1957年1958年にウィンブルドンと全米選手権を2連覇)、アッシュは男子選手として初の黒人チャンピオンに輝いた。1970年全豪オープンでも優勝し、4大大会2冠を獲得する。この大会ではオープン化以前、1966年1967年の全豪選手権で2年連続の準優勝に甘んじていた。翌年の1971年全豪オープンでは決勝戦で地元オーストラリアケン・ローズウォールに敗れ、大会連覇はならなかった。

1975年ウィンブルドン男子シングルス決勝で、アッシュは大会前年優勝者のジミー・コナーズを 6-1, 6-1, 5-7, 6-4 で破り、4大大会3勝目を挙げた。これはアッシュが32歳の誕生日を迎える数日前の名勝負であった。(1996年ウィンブルドン準優勝者で、同じく黒人選手のマラビーヤ・ワシントンは、6歳の時に見たこの試合がきっかけでテニスを始めたという。)1981年から5年間、デビスカップのアメリカ・チーム代表監督を務める。現役引退後はアメリカ・テニス協会のジュニア育成委員として活動し、1985年国際テニス殿堂入りを果たした。

全米オープンのセンター・コート。「アーサー・アッシュ・スタジアム」の名前がある

アッシュは成長期に受けたロバート・ウォルター・ジョンソン医師の指導を守り、終始一貫して紳士的なマナーとスポーツマンシップに徹した選手だった。律儀な人柄で、当時のテニス界から深い尊敬を受けた。

アッシュは早くから心臓疾患に悩まされ、1979年7月に36歳で最初の発作を起こしている。病状は徐々に悪化し、1988年に心臓手術を受けたが、その際に施された輸血の影響でエイズウイルスに感染した。1992年にアッシュはエイズ感染を公表し、最晩年はエイズとの闘いでも前面に立ったが、1993年2月6日に49歳の生涯を閉じた。

アッシュの逝去から4年後、1997年全米オープンの会場に新しいセンター・コートが建造され、彼の功績を称えて「アーサー・アッシュ・スタジアム」と命名された。その開場式典ではジョン・マッケンローが「彼は偉大なテニス大使だった」とのスピーチを行った。このコートは最大収容人数2万5千人の規模を誇る、世界最大のテニス・コートである。

4大大会優勝[編集]

  • 全豪オープン 男子シングルス:1勝(1970年)/男子ダブルス:1勝(1977年1月) [男子シングルス準優勝3度:1966年・1967年・1971年]
  • 全仏オープン 男子ダブルス:1勝(1971年)
  • ウィンブルドン 男子シングルス:1勝(1975年)
  • 全米オープン 男子シングルス:1勝(1968年) [準優勝1度:1972年]
大会 対戦相手 試合結果
1968年 全米オープン オランダの旗 トム・オッカー 14-12, 5-7, 6-3, 3-6, 6-3
1970年 全豪オープン オーストラリアの旗 ディック・クリーリー 6-4, 9-7, 6-2
1975年 ウィンブルドン アメリカ合衆国の旗 ジミー・コナーズ 6-1, 6-1, 5-7, 6-4

外部リンク[編集]