トーマス・ヨハンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トーマス・ヨハンソン
Thomas Johansson.jpg
トーマス・ヨハンソン
基本情報
ラテン文字名 Thomas Johansson
国籍 スウェーデンの旗 スウェーデン
出身地 同・リンシェーピング
生年月日 1975年3月24日(39歳)
身長 180cm
体重 80kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1994年
引退年 2009年
ツアー通算 10勝
シングルス 9勝
ダブルス 1勝
生涯通算成績 433勝394敗
シングルス 357勝296敗
ダブルス 76勝98敗
生涯獲得賞金 $7,168,029
4大大会最高成績・シングルス
全豪 優勝(2002)
全仏 2回戦(1996・2000・02・05)
全英 ベスト4(2005)
全米 ベスト8(1998・2000)
優勝回数 1(豪1)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦(2008)
全仏 2回戦(2006)
全英 3回戦(2007)
全米 3回戦(2005)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 7位(2002年6月10日)
ダブルス 51位(2006年7月17日)
獲得メダル
男子 テニス
オリンピック
2008 北京 ダブルス

トーマス・ヨハンソンThomas Johansson, 1975年3月24日 - )は、スウェーデンリンシェーピング出身の元男子プロテニス選手。2002年全豪オープン男子シングルス優勝者である。2008年北京五輪男子ダブルスで、シーモン・アスペリンと組んだ銀メダル獲得もある。

シングルス自己最高ランキングは7位。身長180cm、体重80kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。ATPツアーで2002年全豪オープンを含む9勝、ダブルスで1勝を挙げた。

来歴[編集]

1994年にプロ入り。1998年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップのスウェーデン代表選手に選ばれ、現役引退まで代表を務めた。最初期のヨハンソンは全米オープンで好成績を出し、1998年2000年の2度ベスト8に入った。2002年全豪オープン決勝戦で、ヨハンソンは2000年全米オープン優勝者のマラト・サフィンロシア)を 3-6, 6-4, 6-4, 7-6 で破って初優勝する。スウェーデン人のテニス選手として、全豪オープンでは1988年マッツ・ビランデル以来14年ぶり、4大大会でも1992年全米オープンを制覇したステファン・エドベリ以来の優勝を成し遂げた。

その後、ヨハンソンは膝の手術で2003年のシーズンを棒に振ってしまう。2005年ウィンブルドンにおいて、ヨハンソンはダビド・ナルバンディアンアルゼンチン)を準々決勝で破り、30歳にして初めてベスト4進出を果たす。その準決勝では、第2シードのアンディ・ロディックに 7-6, 2-6, 6-7, 6-7 で敗れた。スウェーデン人選手のウィンブルドン男子シングルス4強入りも、1993年のステファン・エドベリ以来12年ぶりの快挙であった。

トーマス・ヨハンソンとシーモン・アスペリン

2008年北京五輪で、トーマス・ヨハンソンはシーモン・アスペリンと組んで男子ダブルスに出場し、この部門で銀メダルを獲得した。決勝戦ではスイス代表のロジャー・フェデラー&スタニスラス・ワウリンカ組に 3-6, 4-6, 7-6, 3-6 で敗れ、スウェーデンペアは銀メダルになった。

オリンピック銀メダルから1年後の2009年6月12日、ヨハンソンは「直ちに」15年間の現役生活から引退することを表明した。最後の年も、彼はデビスカップ・ワールドグループ1回戦の対イスラエル戦でシングルス2試合に出場した。3月末のマイアミ・マスターズ予選1回戦敗退が、彼の最後の試合出場になった。

スウェーデンのテニス界は、かつて世界の頂点に君臨した3強豪ビョルン・ボルグマッツ・ビランデルステファン・エドベリの伝統を誇るが、1996年にエドベリが現役を引退した後は低迷を続けている。その中にあって、ヨハンソンは同年代のヨナス・ビョークマントーマス・エンクビストらと並んで故国のために奮闘してきた選手の1人である。

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 14回 (9勝5敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (1-0)
テニス・マスターズ・カップ (0-0)
ATPマスターズシリーズ (1-0)
ATPインターナショナルシリーズ・ゴールド (0-0)
ATPインターナショナルシリーズ (7–5)
サーフェス別タイトル
ハード (4-2)
クレー (0-0)
芝 (2-1)
カーペット (3-2)


結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 1997年3月10日 デンマークの旗 コペンハーゲン カーペット (室内) チェコの旗 マルティン・ダム 6–4, 3–6, 6–2
優勝 2. 1997年3月17日 ロシアの旗 サンクトペテルブルク カーペット (室内) イタリアの旗 レンゾ・フルラン 6–3, 6–4
準優勝 1. 1998年3月2日 オランダの旗 ロッテルダム カーペット (室内) オランダの旗 ヤン・シーメリンク 6–7(2–7), 2–6
準優勝 2. 1998年11月9日 スウェーデンの旗 ストックホルム ハード (室内) アメリカ合衆国の旗 トッド・マーティン 3–6, 4–6, 4–6
優勝 3. 1999年8月2日 カナダの旗 モントリオール ハード ロシアの旗 エフゲニー・カフェルニコフ 1–6, 6–3, 6–3
優勝 4. 2000年11月20日 スウェーデンの旗 ストックホルム ハード (室内) ロシアの旗 エフゲニー・カフェルニコフ 6–2, 6–4, 6–4
優勝 5. 2001年6月11日 ドイツの旗 ハーレ フランスの旗 ファブリス・サントロ 6–3, 6–7(5–7), 6–2
優勝 6. 2001年6月18日 イギリスの旗 ノッティンガム イスラエルの旗 ハレル・レビ 7–5, 6–3
優勝 7. 2002年1月27日 オーストラリアの旗 全豪オープン ハード ロシアの旗 マラト・サフィン 3–6, 6–4, 6–4, 7–6(7–4)
準優勝 3. 2004年6月19日 イギリスの旗 ノッティンガム タイの旗 パラドーン・スリチャパン 6–1, 6–7(4–7), 3–6
優勝 8. 2004年10月25日 スウェーデンの旗 ストックホルム ハード (室内) アメリカ合衆国の旗 アンドレ・アガシ 3–6, 6–3, 7–6(7–4)
優勝 9. 2005年10月24日 ロシアの旗 サンクトペテルブルク カーペット (室内) ドイツの旗 ニコラス・キーファー 6–4, 6–2
準優勝 4. 2006年10月23日 ロシアの旗 サンクトペテルブルク カーペット (室内) クロアチアの旗 マリオ・アンチッチ 5–7, 6–7(2–7)
準優勝 5. 2007年10月8日 スウェーデンの旗 ストックホルム ハード (室内) クロアチアの旗 イボ・カロビッチ 3–6, 6–3, 1–6

ダブルス: 2回 (1勝1敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2006年7月16日 スウェーデンの旗 ボースタード クレー スウェーデンの旗 ヨナス・ビョークマン ドイツの旗 クリストファー・キャス
オーストリアの旗 オリバー・マラチ
6–3, 4–6, [10–4]
準優勝 1. 2008年8月17日 中華人民共和国の旗 北京五輪 ハード スウェーデンの旗 シーモン・アスペリン スイスの旗 ロジャー・フェデラー
スイスの旗 スタニスラス・ワウリンカ
3–6, 4–6, 7–6(4), 3–6

4大大会優勝[編集]

大会 対戦相手 試合結果
2002年 全豪オープン ロシアの旗 マラト・サフィン 3-6, 6-4, 6-4, 7-6

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 通算成績
全豪オープン 1R A 2R 2R 1R 1R 2R 3R W A 1R 4R 4R 2R 1R 19–12
全仏オープン LQ 1R 2R 1R 1R A 2R 1R 2R A A 2R 1R 1R 1R 4–11
ウィンブルドン A A 4R 2R 3R 2R 4R 2R 1R A 3R SF 1R 1R 2R 19–12
全米オープン LQ A 2R 1R QF A QF 4R A A 3R 2R 1R 3R 1R 17–10

外部リンク[編集]