ビョルン・ボルグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビョルン・ボルグ
Björn Borg2.jpg
基本情報
ラテン文字名 Björn Borg
フルネーム Björn Rune Borg
愛称 アイス・マン
国籍 スウェーデンの旗 スウェーデン
出身地 同・セデーテイェ
生年月日 1956年6月6日(57歳)
身長 180cm
体重 73kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1972年
引退年 1983年
ツアー通算 68勝
シングルス 64勝
ダブルス 4勝
生涯通算成績 695勝209敗
シングルス 608勝127敗
ダブルス 87勝82敗
生涯獲得賞金 $3,655,751
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(1974)
全仏 優勝(1974・75・78-81)
全英 優勝(1976-80)
全米 準優勝(1976・78・80・81)
優勝回数 11(全仏6・全英5)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 3回戦(1974)
全仏 ベスト4(1974・75)
全英 3回戦(1976)
全米 3回戦(1975)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 1位(1977年8月23日)
ダブルス 890位(1993年3月22日)

ビョルン・ボルグ(またはビョーン・ボーリ、ビェーン・ボリなど、Björn Borg, 1956年6月6日 - )は、スウェーデンセデーテイェ(首都ストックホルム近郊の都市)出身の元男子プロテニス選手。ジミー・コナーズアメリカ)やジョン・マッケンロー(アメリカ)らと並んで、男子テニスの黄金時代を築いた名選手のひとりである。全仏オープンに4連覇を含む6勝、ウィンブルドン選手権で5連覇を達成した。4大大会通算「11勝」は、ロッド・レーバーオーストラリア)と並ぶ男子歴代4位タイ記録。

ボルグは重いトップスピン(順回転のボール:強く打ってもコートからアウトしにくい)主体のグラウンド・ストロークを得意とし、当時のウッド・ラケットにストリングを80ポンド以上という素材の強度ぎりぎりの硬さに張っていた。コート上で常に冷静沈着なことから“アイス・マン”(氷の男)と呼ばれていた。なお、トップ・スピンはこのボルグの回転系のショットから広く一般的に言われるようになった。この事がボルグが現代テニスの父とよばれる所以である。

来歴[編集]

1974年全仏オープンにて、18歳の若さで4大大会初優勝。全仏オープンでは1978年-1981年まで、前人未到の男子シングルス「4連覇」を達成する。通算優勝回数の「6勝」は同大会の男子歴代1位記録となり、フランスの往年の名選手アンリ・コシェ1901年 - 1987年)の「4勝」を上回った。

1976年ウィンブルドン選手権で初優勝し、1980年7月5日に同選手権で大会「5連覇」を達成した。ジョン・マッケンローとの「3時間55分」に及ぶ決勝戦はテニス史上最高の名勝負として語り継がれている。しかし翌1981年の同選手権決勝でマッケンローに 6-4, 6-7, 6-7, 4-6 で敗れ、大会6連覇を逃した。ウィンブルドン選手権の男子シングルス連覇記録は「6連覇」が最高であるが、これは大会黎明期にウィリアム・レンショーイギリス)が最初期の1881年-1886年に、現在とは異なるテニス・トーナメントのシステム(決勝まで勝ち上がって来る挑戦者を、前年勝者は優勝決定戦で待っていて1回だけ勝てば連勝だった)で樹立したものである。

全盛期には、赤土コートの全仏オープンと芝生コートのウィンブルドン選手権をそれぞれ3年連続(1978年-1980年)で制覇した。しかし全米オープンでは4度の準優勝に終わっている。1976年1978年ジミー・コナーズに、1980年1981年ジョン・マッケンローに決勝で敗れている。全豪オープン1974年の1度出場したのみで、この時は3回戦でフィル・デントオーストラリア)に敗れた。

ビョルン・ボルグは1983年1月に、当時のトーナメントスケジュールの過密さに反抗し、26歳の若さで突然の現役引退を表明した。1987年国際テニス殿堂入りを果たしている。その後1990年夏に、全盛期に使用していたウッド・ラケットで現役復帰を試みたが、失敗に終わった。現役引退後は、下着ブランド事業の失敗など数多くのトラブルに見舞われたこともあり、公の場にあまり姿を見せてこなかった。1997年全仏オープンの表彰式にボルグが登場し、グスタボ・クエルテンブラジル)に優勝カップを贈呈した。

2007年ウィンブルドンにおいて、ボルグは引退後初めて男子シングルス決勝戦を観戦し、ロジャー・フェデラースイス)が自らのウィンブルドン「5連覇」に並ぶ瞬間を見守った。2008年全仏オープンで、ラファエル・ナダルスペイン)がボルグ以来となる全仏オープン「4連覇」を達成する。2008年ウィンブルドンで、ロジャー・フェデラーはラファエル・ナダルに 4-6, 4-6, 7-6, 7-6, 7-9 で敗れ、(1981年のボルグと同じく)1880年代のウィリアム・レンショーの「6連覇」を逃した。初優勝したナダルは、赤土の全仏オープンと芝生のウィンブルドン連続制覇を成し遂げ、1980年のボルグ以来28年ぶりの偉業を達成した。

ボルグはウィンブルドン選手権での全盛期に、芝生コート「41連勝」の最多連勝記録を樹立したが、フェデラーがボルグの連勝記録を更新し、2008年ウィンブルドン決勝でナダルに敗れるまで「65連勝」の記録をつくった。

4大大会優勝[編集]

全米オープン準優勝4度:1976年、1978年、1980年、1981年)
大会 対戦相手 試合結果
1974年 全仏オープン スペインの旗 マニュエル・オランテス 2-6, 6-7, 6-0, 6-1, 6-1
1975年 全仏オープン アルゼンチンの旗 ギリェルモ・ビラス 6-2, 6-3, 6-4
1976年 ウィンブルドン ルーマニアの旗 イリ・ナスターゼ 6-4, 6-2, 9-7
1977年 ウィンブルドン アメリカ合衆国の旗 ジミー・コナーズ 3-6, 6-2, 6-1, 5-7, 6-4
1978年 全仏オープン アルゼンチンの旗 ギリェルモ・ビラス 6-1, 6-1, 6-3
1978年 ウィンブルドン アメリカ合衆国の旗 ジミー・コナーズ 6-2, 6-2, 6-3
1979年 全仏オープン パラグアイの旗 ビクトル・ペッチ 6-3, 6-1, 6-7, 6-4
1979年 ウィンブルドン アメリカ合衆国の旗 ロスコー・タナー 6-7, 6-1, 3-6, 6-3, 6-4
1980年 全仏オープン アメリカ合衆国の旗 ビタス・ゲルレイティス 6-4, 6-1, 6-2
1980年 ウィンブルドン アメリカ合衆国の旗 ジョン・マッケンロー 1-6, 7-5, 6-3, 6-7, 8-6
1981年 全仏オープン チェコの旗 イワン・レンドル 6-1, 4-6, 6-2, 3-6, 6-1
テニス4大大会男子シングルス優勝記録
順位 優勝回数 選手名
1位 17勝 *スイスの旗 ロジャー・フェデラー
2位 14勝 アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス
3位 13勝 *スペインの旗 ラファエル・ナダル
4位 12勝 オーストラリアの旗 ロイ・エマーソン
5位タイ 11勝 オーストラリアの旗 ロッド・レーバー | スウェーデンの旗 ビョルン・ボルグ
7位 10勝 アメリカ合衆国の旗 ビル・チルデン
8位タイ 8勝 イギリスの旗 フレッド・ペリー | オーストラリアの旗 ケン・ローズウォール | アメリカ合衆国の旗 ジミー・コナーズ | チェコスロバキアの旗 イワン・レンドル | アメリカ合衆国の旗 アンドレ・アガシ
*は現役選手

外部リンク[編集]