アンドレ・アガシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドレ・アガシ Tennis pictogram.svg
Andre Agassi Champions Shootout.jpg
アンドレ・アガシ
基本情報
ラテン文字名 Andre Agassi
フルネーム Andre Kirk Agassi
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・ネバダ州ラスベガス
生年月日 1970年4月29日(44歳)
身長 180cm
体重 80kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1986年
引退年 2006年
ツアー通算 61勝
シングルス 60勝
ダブルス 1勝
生涯通算成績 910勝316敗
シングルス 870勝274敗
ダブルス 40勝42敗
生涯獲得賞金 $31,152,975
4大大会最高成績・シングルス
全豪 優勝(1995・2000・01・03)
全仏 優勝(1999)
全英 優勝(1992)
全米 優勝(1994・99)
優勝回数 8(豪4・仏1・英1・米2)
4大大会最高成績・ダブルス
全仏 ベスト8(1992)
全米 1回戦(1987)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 1位(1995年4月10日)
ダブルス 123位(1992年8月17日)
獲得メダル
男子 テニス
オリンピック
1996 アトランタ シングルス

アンドレ・アガシAndre Agassi, 1970年4月29日 - )は、アメリカネバダ州ラスベガス出身の元男子プロテニス選手。フルネームは Andre Kirk Agassi (アンドレ・カーク・アガシ)という。右利き、バックは両手打ち。ATPツアーのシングルスで男子歴代8位となる60勝、ダブルスでは1勝を挙げた。

史上唯一のキャリア・グランドスラム・オリンピックシングルス金メダル・ATPツアーファイナルチャンピオンシップ優勝の3冠達成者。[1][2]達成4大大会通算「8勝」は、ジミー・コナーズイワン・レンドルらと並ぶ男子歴代8位タイ記録。 [3]

父親はイランからの移民者で、アルメニア系の元ボクシング選手であり、母親はイングランド系の白人である。姉のリタは往年の名テニスプレーヤーパンチョ・ゴンザレスの最晩年の妻でもある。

選手経歴[編集]

アガシは4人兄弟の末っ子として生まれ、4歳からテニスを始めた。13歳の時、彼はフロリダ州ボカラトンにある「ニック・ボロテリー・テニスアカデミー」に入学した。1986年に16歳の若さでプロ転向。1988年全仏オープン全米オープンで初のベスト4に入り、ATPツアーでも年間6大会に優勝して、18歳で世界ランキング3位に躍進した。しかし1990年全仏オープン決勝ではアンドレス・ゴメスエクアドル)に、同年の全米オープン決勝ではピート・サンプラスに敗れる。翌1991年全仏オープン決勝では、少年時代からのライバルであったジム・クーリエに敗れて2年連続の準優勝に終わった。そのため“万年準優勝男”と呼ばれた時期があった。

1992年ウィンブルドン選手権決勝でゴラン・イワニセビッチをフルセットの末に破り、宿願の4大大会初優勝を達成。その後1994年全米オープン1995年全豪オープンでも優勝し、1996年アトランタ五輪では決勝でスペイン代表のセルジ・ブルゲラを破って金メダルを獲得した。

それからしばらく極度の低迷に陥り、1997年末は一時世界ランキングを141位まで落としたこともある。しかし、当時のコーチであったブラッド・ギルバートのガイドにより、徐々に復調を果たす。1999年全仏オープン決勝で、アガシはアンドレイ・メドベデフウクライナ)を2セット・ダウン(先に相手に2セットを取られた状態)からの大逆転で破り、1969年ロッド・レーバーオーストラリア)以来「30年ぶり」、史上5人目の4大大会完全制覇を達成した。この偉業で再び波に乗ったアガシは、同年の全米オープンで5年ぶり2度目の優勝を遂げ、2000年2001年全豪オープンで大会2連覇を決めた。

1997年4月に女優のブルック・シールズと結婚したが、わずか2年で離婚。(シールズとの婚姻期間中に世界ランキング141位まで落ちた。)その後(引退直後の)シュテフィ・グラフと交際し、2001年10月22日に再婚した。同年代のライバルたちがほとんど現役引退した後も、アガシが世界トップ10の活躍を続けてきたのは、4大大会通算「22勝」を達成したかつての名選手、グラフの内助の功が大きいとされている。

2003年全豪オープン決勝戦でライナー・シュットラードイツ)を破った後、しばらく4大大会の決勝から遠ざかっていた。全仏オープンでは2004年2005年の2年連続で初戦敗退を喫している。2005年全米オープンで、35歳にして3年ぶり6度目の全米決勝進出を果たしたが、第1シードのロジャー・フェデラーに 3-6, 6-2, 6-7, 1-6 で敗れて準優勝に終わった。

アンドレ・アガシは2006年6月24日に会見を開き、同年の全米オープン終了後に現役引退する意向を表明した。最後のウィンブルドンでは、3回戦で第2シードのラファエル・ナダルに 6-7, 2-6, 4-6 で完敗した。そして、現役最後の大会となった全米オープンがやってくる。アガシは1回戦でルーマニアアンドレイ・パベル、2回戦でキプロスマルコス・バグダティスを破ったが、2006年9月3日の3回戦でドイツの予選勝者ベンヤミン・ベッカーに 5-7, 7-6, 4-6, 5-7 で敗れ、21年間の現役生活に終止符を打った。

アガシのATPツアー初優勝は1987年11月のブラジル・イタパリカ大会で、最後の優勝は2005年7月のアメリカロサンゼルス大会であった。4大大会通算224勝(53敗)は、ジミー・コナーズ(233勝)に次いで歴代2位記録となった。

プレースタイル[編集]

グラウンドストローカー。“世界一のリターナー”と言われる強力なリターンを最大の武器にした。

ハードヒットする時にヘビースピンからフラットまで幅広く打ち分けられるのも大きな特徴。インパクトの時間までコントロールできるような天才的なボールタッチを持っている。そのため球種も豊富で、縦方向と横。方向と両方のコントロールに優れている。 バックハンドは安定性を重視しており、リストワークでトップスピンの量を調整できる。[4]

世界一と言われたリターンは小さなテイクバックから強打する技術があり、さらに不十分な体勢でもしっかりと返せるリストワークや面の操作のうまさがある。そして、打球反応やハンド・アイ・コーディネーションも良く、早いタイミングで正確にボールをとらえられる(打点が遅れることがほとんどない)ので、ミスも少なく攻撃力も高い。どんな相手にもつねにポジションを前にとってプレッシャーをかけ続け、相手のファーストサービスの確率を落としていく。[5]

アガシは若い頃から、ライジング打法を用いた積極的に攻めるテニスを得意としたが、ともすると強引にエースを狙いすぎる傾向があり、自分のリズムを崩してしまうこともたびたびであった。キャリアの後半はライジング打法をカウンターとして用い、非常に安定したテニスを繰り広げてきた。[6]

引退後[編集]

グラフと2人の子供(長男Jaden Gil、長女Jaz Elle)と共にネバダ州ラスベガスに在住。カリフォルニア州サンフランシスコ周辺にも2300万ドルで購入した豪邸がある。

2001年、「アンドレ・アガシ・チャリティ基金」を設立。定期的に主催するチャリティイベント Grand Slam for Children にはスティービー・ワンダーロッド・スチュワートビリー・ジョエルデュラン・デュランマライア・キャリーアッシャーなど非常に豪華なミュージシャンが参加し、これまでに6000万ドル以上の寄付金を集めている。

2009年11月9日に出版された自叙伝「Open」の中で、1990年の頃のロック・スターさながらのの様な長髪はカツラで、ブルック・シールズの説得により1994年末にスキンヘッドにしたと告白。また、1997年には覚醒剤であるメタンフェタミンを服用していたという[7]

2011年7月に国際テニス殿堂入りを果たした。

2015年1月にとんねるずのスポーツ王は俺だ!!に出演。

記録[編集]

キャリア・スーパースラム達成
グランドスラム制覇・オリンピック金メダル・年間最終戦優勝
全豪オープン「26連勝」
2000–2004
全豪オープン勝率「88.89% (48–6)」
1大会でのゲーム獲得率「71.6% (121–48) 」
2003年全豪オープン
全米オープン21年連続出場
年間最終戦出場数「13回」
ロジャー・フェデラーとタイ記録。
マイアミ・マスターズ優勝「6回」
最年長世界ランキング1位「33歳4ヵ月」
世界ランキング10位以内「16年」
ジミー・コナーズとタイ記録。

主要大会決勝[編集]

グランドスラム決勝[編集]

シングルス: 15 (8 タイトル, 7 準優勝)[編集]

  • 全豪オープン:4勝(1995年、2000年&2001年、2003年)
  • 全仏オープン:1勝(1999年) [この優勝で4大大会完全制覇を達成]〔準優勝2度:1990年&1991年〕
  • ウィンブルドン:1勝(1992年)〔準優勝1度:1999年〕
  • 全米オープン:2勝(1994年、1999年)〔準優勝4度:1990年、1995年、2002年、2005年〕
結果 大会 対戦相手 スコア
準優勝 1990年 全仏オープン エクアドルの旗 アンドレス・ゴメス 3–6, 6–2, 4–6, 4–6
準優勝 1990年 全豪オープン アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス 4–6, 3–6, 2–6
準優勝 1991年 全仏オープン アメリカ合衆国の旗 ジム・クーリエ 6–3, 4–6, 6–2, 1–6, 4–6
優勝 1992年 ウィンブルドン クロアチアの旗 ゴラン・イワニセビッチ 6-7, 6-4, 6-4, 1-6, 6-4
優勝 1994年 全米オープン ドイツの旗 ミヒャエル・シュティヒ 6-1, 7-6, 7-5
優勝 1995年 全豪オープン アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス 4-6, 6-1, 7-6, 6-4
準優勝 1995年 全米オープン アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス 4–6, 3–6, 6–4, 5–7
優勝 1999年 全仏オープン ウクライナの旗 アンドレイ・メドベデフ 1-6, 2-6, 6-4, 6-3, 6-4
準優勝 1999年 ウィンブルドン アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス 3–6, 4–6, 5–7
優勝 1999年 全米オープン アメリカ合衆国の旗 トッド・マーティン 6-4, 6-7, 6-7, 6-3, 6-2
優勝 2000年 全豪オープン ロシアの旗 エフゲニー・カフェルニコフ 3-6, 6-3, 6-2, 6-4
優勝 2001年 全豪オープン フランスの旗 アルノー・クレマン 6-4, 6-2, 6-2
準優勝 2002年 全米オープン アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス 3–6, 4–6, 7–5, 4–6
優勝 2003年 全豪オープン ドイツの旗 ライナー・シュットラー 6-2, 6-2, 6-1
準優勝 2005年 全米オープン スイスの旗 ロジャー・フェデラー 3–6, 6–2, 6–7(1–7), 1–6
テニス4大大会男子シングルス優勝記録
順位 優勝回数 選手名
1位 17勝 *スイスの旗 ロジャー・フェデラー
2位タイ 14勝 アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス | *スペインの旗 ラファエル・ナダル
4位 12勝 オーストラリアの旗 ロイ・エマーソン
5位タイ 11勝 オーストラリアの旗 ロッド・レーバー | スウェーデンの旗 ビョルン・ボルグ
7位 10勝 アメリカ合衆国の旗 ビル・チルデン
8位タイ 8勝 イギリスの旗 フレッド・ペリー | オーストラリアの旗 ケン・ローズウォール | アメリカ合衆国の旗 ジミー・コナーズ | チェコスロバキアの旗 イワン・レンドル | アメリカ合衆国の旗 アンドレ・アガシ | *セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ
*は現役選手

年間最終戦決勝[編集]

シングルス: 4 (1 タイトル, 3 準優勝)[編集]

結果 開催地 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1990 フランクフルト カーペット スウェーデンの旗 ステファン・エドベリ 5–7, 7–6, 7–5, 6–2
準優勝 1999 ハノーバー カーペット アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス 1–6, 5–7, 4–6
準優勝 2000 リスボン 室内ハード ブラジルの旗 グスタボ・クエルテン 4–6, 4–6, 4–6
準優勝 2003 ヒューストン ハード スイスの旗 ロジャー・フェデラー 3–6, 0–6, 4–6

オリンピック決勝[編集]

シングルス: 1 (1 金メダル)[編集]

結果 開催地 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1996 アトランタ ハード スペインの旗 セルジ・ブルゲラ 6–2, 6–3, 6–1

マスターズシリーズ決勝[編集]

シングルス: 23 (17 タイトル, 6 準優勝)[編集]

結果 開催地 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1989 ローマ クレー アルゼンチンの旗 Alberto Mancini 3–6, 6–4, 6–2, 6–7, 1–6
準優勝 1990 インディアンウェルズ ハード スウェーデンの旗 ステファン・エドベリ 4–6, 7–5, 6–7, 6–7
優勝 1990 マイアミ ハード スウェーデンの旗 ステファン・エドベリ 6–1, 6–4, 0–6, 6–2
優勝 1992 カナダ ハード アメリカ合衆国の旗 イワン・レンドル 3–6, 6–2, 6–0
優勝 1994 マイアミ ハード アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス 7–5, 3–6, 3–6
優勝 1994 カナダ ハード オーストラリアの旗 ジェイソン・ストルテンバーグ 6–4, 6–4
優勝 1994 パリ 室内カーペット スイスの旗 マルク・ロセ 6–3, 6–3, 4–6, 7–5
準優勝 1995 インディアンウェルズ ハード アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス 5–7, 3–6, 5–7
優勝 1995 マイアミ ハード アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス 3–6, 6–2, 7–6
優勝 1995 カナダ ハード アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス 3–6, 6–2, 6–3
優勝 1995 シンシナティ ハード アメリカ合衆国の旗 マイケル・チャン 7–5, 6–2
優勝 1996 マイアミ ハード クロアチアの旗 ゴラン・イワニセビッチ 3–0, ret.
優勝 1996 シンシナティ ハード アメリカ合衆国の旗 マイケル・チャン 7–6, 6–4
準優勝 1998 マイアミ ハード チリの旗 マルセロ・リオス 5–7, 3–6, 4–6
優勝 1999 パリ 室内カーペット ロシアの旗 マラト・サフィン 7–6, 6–2, 4–6, 6–4
優勝 2001 インディアンウェルズ ハード アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス 7–6, 7–5, 6–1
優勝 2001 マイアミ ハード アメリカ合衆国の旗 ジャン・マイケル・ガンビル 7–6, 6–1, 6–0
優勝 2002 マイアミ ハード スイスの旗 ロジャー・フェデラー 6–3, 6–3, 3–6, 6–4
優勝 2002 ローマ クレー ドイツの旗 トミー・ハース 6–3, 6–3, 6–0
優勝 2002 マドリード 室内ハード チェコの旗 イジー・ノバク W/O
優勝 2003 マイアミ ハード スペインの旗 カルロス・モヤ 6–3, 6–3
優勝 2004 シンシナティ ハード オーストラリアの旗 レイトン・ヒューイット 6–3, 3–6, 6–2
準優勝 2005 カナダ ハード スペインの旗 ラファエル・ナダル 3–6, 6–4, 2–6

シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1986 1987 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 通算
全豪オープン - A A A A A A A A W SF A 4R 4R W W A W SF QF A 48–5
全仏オープン A 2R SF 3R F F SF A 2R QF 2R A 1R W 2R QF QF QF 1R 1R A 51–16
ウィンブルドン A 1R A A A QF W QF 4R SF 1R A 2R F SF SF 2R 4R A A 3R 46–13
全米オープン 1R 1R SF SF F 1R QF 1R W F SF 4R 4R W 2R QF F SF QF F 3R 79–19
年間最終戦
マスターズ・カップ RR RR W SF SF RR RR F F RR RR F RR 22–20
オリンピック
夏季オリンピック G
年間最終ランキング
順位 91 25 3 7 4 10 9 24 2 2 8 110 6 1 6 3 2 4 8 7 150

対戦成績[編集]

2014年3月19日までの勝敗記録[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ スーパースラムとも言われる。
  2. ^ 妻のシュテフィ・グラフも達成しており、なおかつこちらは史上唯一の「年間ゴールデンスラム」達成者である。
  3. ^ 注:現在の4大大会は全豪オープン全米オープンがハードコートで行われるが、かつては芝生とクレーしかなかった。4大大会で異なる3種類のサーフェスをすべて制したのは、アガシ、コナーズ、マッツ・ビランデルラファエル・ナダルロジャー・フェデラーの5人だけである。(全米オープンのコートは、芝生・クレー・ハードと変遷。コナーズはそのすべてのサーフェスで優勝したが、グランドスラムは達成していない。またビランデルはウィンブルドン優勝こそないが1983,84年にまだ芝生で行われていた全豪を制しており、ハードになった後の全豪、全米及びクレーの全仏で優勝経験がある。)
  4. ^ http://news.tennis365.net/lesson/pro/m_agassi01.html
  5. ^ http://news.tennis365.net/lesson/pro/m_agassi03.html
  6. ^ Nick Bollettieri. “Building the Agassi Backhand”. 2014年6月4日閲覧。
  7. ^ アガシ氏 カツラの使用を認める
  8. ^ Andre Agassi.aspx

外部リンク[編集]