2001年ウィンブルドン選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2001年ウィンブルドン選手権
開催期間:   6月25日 - 7月9日
通算:   115回目
カテゴリ:   グランドスラム (ITF)
開催地:   イギリス, ロンドン
優勝者
男子シングルス
クロアチアの旗 ゴラン・イワニセビッチ
女子シングルス
アメリカ合衆国の旗 ビーナス・ウィリアムズ
男子ダブルス
アメリカ合衆国の旗 ジャレッド・パーマー
アメリカ合衆国の旗 ドナルド・ジョンソン
女子ダブルス
アメリカ合衆国の旗 リサ・レイモンド
オーストラリアの旗 レネ・スタブス
混合ダブルス
チェコの旗 レオシュ・フリードル
スロバキアの旗 ダニエラ・ハンチュコバ
ウィンブルドン選手権
 < 2000 2002 > 

2001年 ウィンブルドン選手権(The Championships, Wimbledon 2001)は、イギリスロンドン郊外にある「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」にて、2001年6月25日から7月9日にかけて開催された。

大会の流れ[編集]

  • 男子シングルス決勝が日曜日の7月8日に終わらず、月曜日の7月9日まで持ち越された。
  • この大会から、男女のシード選手が世界ランキング上位「32名」に拡大された。2001年全仏オープンまでは、シード選手は世界ランキング上位16名であった。

シニア[編集]

男子シングルス[編集]

クロアチアの旗 ゴラン・イワニセビッチ def. オーストラリアの旗 パトリック・ラフター, 6-3, 3-6, 6-3, 2-6, 9-7

  • イワニセビッチは、4度目の決勝進出で宿願のウィンブルドン初優勝を達成した。イワニセビッチはそれまで、ウィンブルドンで1992年1994年1998年と3度の準優勝に甘んじていた。2001年当時の彼は世界ランキングを125位に落としていたため、ワイルドカード(主催者推薦)からの出場であった。

女子シングルス[編集]

アメリカ合衆国の旗 ビーナス・ウィリアムズ def. ベルギーの旗 ジュスティーヌ・エナン, 6-1, 3-6, 6-0

  • ビーナスは大会2連覇である。

男子ダブルス[編集]

アメリカ合衆国の旗 ジャレッド・パーマー / アメリカ合衆国の旗 ドナルド・ジョンソン def. チェコの旗 イリ・ノバク / チェコの旗 デビッド・リクル, 6–4, 4–6, 6–3, 7–6(6)

女子ダブルス[編集]

アメリカ合衆国の旗 リサ・レイモンド / オーストラリアの旗 レネ・スタブス def. 日本の旗 杉山愛 / ベルギーの旗 キム・クライシュテルス, 6–4, 6–3

混合ダブルス[編集]

チェコの旗 レオシュ・フリードル / スロバキアの旗 ダニエラ・ハンチュコバ def. アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン / 南アフリカ共和国の旗 リーゼル・フーバー, 4–6, 6–3, 6–2

ジュニア[編集]

男子シングルス[編集]

スイスの旗 ロマン・バレント def. ルクセンブルクの旗 ジレ・ミュラー, 3–6, 7–5, 6–3

女子シングルス[編集]

インドネシアの旗 アンジェリク・ウィジャヤ def. ロシアの旗 ディナラ・サフィナ, 6–4, 0–6, 7–5

男子ダブルス[編集]

カナダの旗 フランク・ダンセビッチ / エクアドルの旗 ジョバンニ・ラペンティ def. メキシコの旗 Bruno Echagaray / メキシコの旗 サンティアゴ・ゴンサレス, 6–1, 6–4

女子ダブルス[編集]

アルゼンチンの旗 ヒセラ・ドゥルコ / アメリカ合衆国の旗 アシュリー・ハークルロード def. オーストラリアの旗 Christina Horiatopoulos / アメリカ合衆国の旗 ベサニー・マテック, 6–3, 6–1

外部リンク[編集]

先代:
2001年全仏オープン
テニス4大大会
2001年
次代:
2001年全米オープン
先代:
2000年ウィンブルドン選手権
ウィンブルドン選手権
2001年
次代:
2002年ウィンブルドン選手権