リカルト・クライチェク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リカルト・クライチェク Tennis pictogram.svg
Copa Davis '2004 Espanya-Holanda (R.Krajicek).jpg
リカルト・クライチェク
基本情報
ラテン文字名 Richard Krajicek
フルネーム Richard Peter Stanislav
Krajicek
国籍 オランダの旗 オランダ
出身地 同・ロッテルダム
生年月日 1971年12月6日(42歳)
身長 195cm
体重 89kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1989年
引退年 2003年
ツアー通算 20勝
シングルス 17勝
ダブルス 3勝
生涯通算成績 488勝279敗
シングルス 411勝219敗
ダブルス 77勝60敗
生涯獲得賞金 $10,077,425
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト4(1992)
全仏 ベスト4(1993)
全英 優勝(1996)
全米 ベスト8(1997・99・2000)
優勝回数 1(英1)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト4(1992)
全仏 3回戦(1991)
全英 2回戦(1991)
全米 1回戦(1995)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 4位(1999年3月29日)
ダブルス 45位(1993年7月26日)

リカルト・ペーター・スタニスラフ・クライチェクRichard Peter Stanislav Krajicek, 1971年12月6日 - )は、オランダロッテルダム出身の元男子プロテニス選手。1996年ウィンブルドン選手権男子シングルス優勝者である。シングルス自己最高ランキングは4位。ATPツアーでシングルス17勝、ダブルス3勝を挙げた。強力な弾丸サーブを最大の武器にする“ビッグ・サーバー”タイプの選手として知られる。妹のミハエラ・クライチェクもプロテニス選手である。

来歴[編集]

4歳からテニスを始める。彼は12歳の時に、バックハンド・ストロークを両手打ちから片手に変え、1989年にプロ入りした。1991年4月に香港でツアー初優勝。クライチェクの最初の活躍は、1992年全豪オープンの男子シングルス・男子ダブルス4強進出であった。男子ダブルス準決勝でヤン・シーメリンク(同じオランダの選手)とペアを組み、オーストラリアペアのマーク・ウッドフォードトッド・ウッドブリッジ組と対戦した試合中に、右肩を痛めて 6-4, 1-3 のスコアで途中棄権したため、シングルス準決勝のジム・クーリエ戦に出場できなくなった。1993年全仏オープンで2度目の4大大会準決勝に進出した時は、クーリエに 1-6, 7-6, 5-7, 2-6 (セットカウント1対3)で敗れた。この後しばらく、故障に悩んで低迷した時期があった。

1996年ウィンブルドンに臨んだ時、クライチェクは世界ランキング13位であったが、「過去に芝生の大会で実績がないため」ノーシード選手にされる。その準々決勝で、クライチェクは大会4連覇を目指したピート・サンプラスを 7-5, 7-6, 6-4 のストレートで破る番狂わせを起こした。初めての決勝戦はアメリカ黒人選手マラビーヤ・ワシントンとの、大会史上初の“ノーシード同士の決勝”となった。クライチェクはこの試合に 6-3, 6-4, 6-3 で勝利し、オランダ人の男子テニス選手として最初の4大大会優勝者に輝いた。(オランダ人女子テニス選手の4大大会シングルス優勝者は、1927年全仏選手権で優勝したコルネリア・ボウマン1人だけである。)1993年から2000年までの8年間で、ウィンブルドン選手権でサンプラスを破った選手は、この1996年のクライチェク1人だけであった。サンプラスとの通算対戦成績は「6勝4敗」と相性が良かった。

1997年ウィンブルドンで、大会前年優勝者のクライチェクは4回戦で地元期待のティム・ヘンマンに敗れてしまう。翌年の1998年ウィンブルドンで2年ぶり2度目の準決勝に進出したが、ゴラン・イワニセビッチとの 3-6, 4-6, 7-5, 7-6, 13-15 の激戦に散った。

クライチェクの現役最後の優勝は、2000年6月のドイツ・ハーレの芝生コートの大会である。2003年6月、地元オランダスヘルトーヘンボス大会での1回戦敗退を最後に31歳で現役を引退した。現在は毎年2月に故郷のロッテルダムで行われる「ABNアムロ世界テニス・トーナメント」のディレクターを務めている。

夫人のダフネ・デッカーズ英語版は有名な女優で、007シリーズの『トゥモロー・ネバー・ダイ』に出演したこともある。

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 26回 (17勝9敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (1-0)
テニス・マスターズ・カップ (0-1)
ATPマスターズシリーズ (2-4)
ATPインターナショナルシリーズ・ゴールド (5-3)
ATPインターナショナルシリーズ (9–2)
サーフェス別タイトル
ハード (7–5)
クレー (1-1)
芝 (3-1)
カーペット (6-2)


結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 1991年4月8日 香港の旗 香港 ハード オーストラリアの旗 ウォリー・マスー 6–2, 3–6, 6–3
準優勝 1. 1992年4月13日 日本の旗 東京 ハード アメリカ合衆国の旗 ジム・クーリエ 4–6, 4–6, 6–7(3)
優勝 2. 1992年8月10日 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス ハード オーストラリアの旗 マーク・ウッドフォード 6–4, 2–6, 6–4
優勝 3. 1992年11月16日 ベルギーの旗 アントワープ カーペット (室内) オーストラリアの旗 マーク・ウッドフォード 6–2, 6–2
準優勝 2. 1993年2月22日 ドイツの旗 シュトゥットガルト カーペット (室内) ドイツの旗 ミヒャエル・シュティヒ 6–4, 5–7, 6–7(4), 6–3, 5–7
優勝 4. 1993年8月9日 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス ハード アメリカ合衆国の旗 マイケル・チャン 0–6, 7–6(3), 7–6(5)
優勝 5. 1994年4月11日 スペインの旗 バルセロナ クレー スペインの旗 カルロス・コスタ 6–4, 7–6(6), 6–2
優勝 6. 1994年6月13日 オランダの旗 ロスマーレン ドイツの旗 カーステン・ブラーシュ 6–3, 6–4
優勝 7. 1994年10月10日 オーストラリアの旗 シドニー ハード (室内) ドイツの旗 ボリス・ベッカー 7–6(5), 7–6(7), 2–6, 6–3
優勝 8. 1995年2月27日 ドイツの旗 シュトゥットガルト カーペット (室内) ドイツの旗 ミヒャエル・シュティヒ 7–6(4), 6–3, 6–7(6), 1–6, 6–3
優勝 9. 1995年3月6日 オランダの旗 ロッテルダム カーペット (室内) オランダの旗 ポール・ハーフース 7–6(5), 6–4
準優勝 3. 1995年8月21日 アメリカ合衆国の旗 ニューヘイブン ハード アメリカ合衆国の旗 アンドレ・アガシ 6–3, 6–7(2), 3–6
準優勝 4. 1996年5月20日 イタリアの旗 ローマ クレー オーストリアの旗 トーマス・ムスター 2–6, 4–6, 6–3, 3–6
優勝 10. 1996年7月9日 イギリスの旗 ウィンブルドン アメリカ合衆国の旗 マラビーヤ・ワシントン 6–3, 6–4, 6–3
準優勝 5. 1996年8月5日 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス ハード アメリカ合衆国の旗 マイケル・チャン 4–6, 3–6
優勝 11. 1997年3月10日 オランダの旗 ロッテルダム カーペット (室内) チェコの旗 ダニエル・バチェク 7–6(4), 7–6(5)
優勝 12. 1997年4月21日 日本の旗 東京 ハード フランスの旗 リオネル・ルー 6–2, 3–6, 6–1
優勝 13. 1997年6月23日 オランダの旗 ロスマーレン フランスの旗 ギヨーム・ラウー 6–4, 7–6(7)
準優勝 6. 1997年10月27日 ドイツの旗 シュトゥットガルト カーペット (室内) チェコの旗 ペトル・コルダ 6–7(6–8), 2–6, 4–6
優勝 14. 1998年2月15日 ロシアの旗 サンクトペテルブルク カーペット (室内) スイスの旗 マルク・ロセ 6–4, 7–6(5)
準優勝 7. 1998年8月10日 カナダの旗 トロント ハード オーストラリアの旗 パトリック・ラフター 6–7(3), 4–6
優勝 15. 1998年11月2日 ドイツの旗 シュトゥットガルト ハード (室内) ロシアの旗 エフゲニー・カフェルニコフ 6–4, 6–3, 6–3
優勝 16. 1999年3月1日 イギリスの旗 ロンドン カーペット (室内) イギリスの旗 グレグ・ルーゼドスキー 7–6(6), 6–7(5), 7–5
優勝 17. 1999年3月29日 アメリカ合衆国の旗 マイアミ ハード フランスの旗 セバスチャン・グロジャン 4–6, 6–1, 6–2, 7–5
準優勝 8. 1999年11月1日 ドイツの旗 シュトゥットガルト ハード (室内) スウェーデンの旗 トーマス・エンクビスト 1–6, 4–6, 7–5, 5–7
準優勝 9. 2000年6月19日 ドイツの旗 ハーレ ドイツの旗 デビッド・プリノジル 3–6, 2–6

ダブルス: 6回 (3勝3敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 1990年10月7日 ギリシャの旗 アテネ クレー オランダの旗 トム・ケンパース スペインの旗 セルヒオ・カサル
スペインの旗 ハビエル・サンチェス
4–6, 3–6
準優勝 2. 1991年6月16日 オランダの旗 ロスマーレン オランダの旗 ヤン・シーメリンク オランダの旗 ヘンドリク・ヤン・ダーヴィッツ
オランダの旗 ポール・ハーフース
3–6, 6–7
優勝 1. 1991年7月28日 オランダの旗 ヒルフェルスム クレー オランダの旗 ヤン・シーメリンク スペインの旗 フランシスコ・クラベ
スウェーデンの旗 マグヌス・グスタフソン
7–5, 6–4
優勝 2. 1993年3月21日 アメリカ合衆国の旗 マイアミ ハード オランダの旗 ヤン・シーメリンク アメリカ合衆国の旗 ジョナサン・スターク
アメリカ合衆国の旗 パトリック・マッケンロー
6–7, 6–4, 7–6
準優勝 3. 1994年4月3日 ポルトガルの旗 エストリル クレー オランダの旗 メノ・オースティング イタリアの旗 クリスティアン・ブランディ
イタリアの旗 フェデリコ・モルデガン
不戦敗
優勝 3. 1995年6月18日 オランダの旗 ロスマーレン オランダの旗 ヤン・シーメリンク オランダの旗 ヘンドリク・ヤン・ダーヴィッツ
ロシアの旗 アンドレイ・オルホフスキー
7–5, 6–3

4大大会優勝[編集]

大会 対戦相手 試合結果
1996年 ウィンブルドン アメリカ合衆国の旗 マラビーヤ・ワシントン 6-3, 6-4, 6-3

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 通算成績
全豪オープン 4R SF 2R A 2R 3R A A 3R 2R A A 2R 16–7
全仏オープン 2R 3R SF 3R 2R QF 3R 3R 2R 3R A A A 22–10
ウィンブルドン 3R 3R 4R 1R 1R W 4R SF 3R 2R A QF A 29–10
全米オープン 1R 4R 4R 2R 3R 1R QF 3R QF QF A 1R A 22–11

: 1992年全豪準決勝の不戦敗と1997年全米3回戦の不戦勝は通算成績に含まない

外部リンク[編集]