ジム・クーリエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジム・クーリエ
Jim Courier.jpg
ジム・クーリエ
基本情報
ラテン文字名 Jim Courier
フルネーム James Spencer Courier
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・フロリダ州サンフォード
生年月日 1970年8月17日(43歳)
身長 185cm
体重 82kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1988年
引退年 2000年
ツアー通算 29勝
シングルス 23勝
ダブルス 6勝
生涯通算成績 630勝334敗
シングルス 506勝237敗
ダブルス 124勝97敗
生涯獲得賞金 $14,034,132
4大大会最高成績・シングルス
全豪 優勝(1992・1993)
全仏 優勝(1991・1992)
全英 準優勝(1993)
全米 準優勝(1991)
優勝回数 4(豪2・仏2)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 1回戦(1990)
全仏 2回戦(1989)
全英 3回戦(1989・91)
全米 1回戦(1989・90)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 1位(1992年2月10日)
ダブルス 20位(1989年10月9日)

ジム・クーリエJim Courier, 1970年8月17日 - )は、アメリカフロリダ州サンフォード出身の男子プロテニス選手。1990年代初頭に活躍し、全豪オープン全仏オープンでそれぞれ大会2連覇を達成した。アメリカの同世代男子選手にはアンドレ・アガシピート・サンプラスマイケル・チャンなどがいて、特にアガシとは少年時代からのライバルだった。ATPツアーでシングルス23勝、ダブルス6勝を挙げる。身長185cm、体重82kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。フルネームは James Spencer Courier (ジェームズ・スペンサー・クーリエ)という。クーリエは元野球少年だったことから、バックハンド・ストロークはまるで野球のスイングのようなフォームであった。フォアハンド・バックハンドともに、ガツンとボールにラケットにぶち当てる強力なグラウンド・ストロークを武器にした。

経歴[編集]

1988年に18歳でプロ転向。1991年全仏オープン決勝戦でアンドレ・アガシを 3-6, 6-4, 2-6, 6-1, 6-4 のフルセットで破り、4大大会初優勝を飾る。(全仏で2年連続の準優勝に終わったアガシは、この当時“万年準優勝男”と呼ばれた。)それからめきめきと頭角を現したクーリエは、この年の全米オープンでも決勝に進出したが、ステファン・エドベリに敗れている。1992年全豪オープン全仏オープンで4大大会2連勝を達成。年間グランドスラムへの期待がかけられたが、苦手な芝生のウィンブルドン3回戦で予選勝者のアンドレイ・オルホフスキーロシア)に敗退する。

1993年全豪オープンでもステファン・エドベリを破り、大会2連覇を果たした。ところが大会3連覇を目指した全仏オープンの決勝で、クーリエはセルジ・ブルゲラスペイン)に 4-6, 6-2, 2-6, 6-3, 3-6 のフルセットで敗れてしまう。続くウィンブルドンでは大会期間中、全く雨の降らない好天の中で初の決勝進出を果たしたが、同じアメリカのピート・サンプラスに 6-7, 6-7, 6-3, 3-6 で敗れて準優勝に終わる。この決勝2連敗で意気消沈したクーリエは、全米オープンの4回戦で第15シードのセドリック・ピオリーンフランス)に敗れ去り、一気に急降下していった。

1994年の夏に一時的な「休養宣言」を発表する。世界ランキング1位に通算「58週」在位したが、ピート・サンプラスに比べると“短命な王者”に終わり、1995年以後は全盛期の勢いを取り戻すことはできなかった。

クーリエは2000年5月に現役引退を表明した。2005年7月9日に国際テニス殿堂入りを果たしている。2011年からパトリック・マッケンローに変わり、男子テニス国別対抗戦・デビスカップのアメリカチーム代表監督に就任した。

4大大会優勝[編集]

ウィンブルドン準優勝1度:1993年、全米オープン準優勝1度:1991年)
大会 対戦相手 試合結果
1991年 全仏オープン アメリカ合衆国の旗 アンドレ・アガシ 3-6, 6-4, 2-6, 6-1, 6-4
1992年 全豪オープン スウェーデンの旗 ステファン・エドベリ 6-3, 3-6, 6-4, 6-2
1992年 全仏オープン チェコの旗 ペトル・コルダ 7-5, 6-2, 6-1
1993年 全豪オープン スウェーデンの旗 ステファン・エドベリ 6-2, 6-1, 2-6, 7-5

外部リンク[編集]