ボリス・ベッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボリス・ベッカー Tennis pictogram.svg
Boris Becker.jpg
ボリス・ベッカー
基本情報
ラテン文字名 Boris Becker
フルネーム Boris Franz Becker
国籍 ドイツの旗 ドイツ
出身地 同・ライメン
生年月日 1967年11月22日(47歳)
身長 190cm
体重 85kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1984年
引退年 1999年
ツアー通算 64勝
シングルス 49勝
ダブルス 15勝
生涯通算成績 967勝350敗
シングルス 713勝214敗
ダブルス 254勝136敗
4大大会最高成績・シングルス
全豪 優勝(1991・96)
全仏 ベスト4(1987・89・91)
全英 優勝(1985・86・89)
全米 優勝(1989)
優勝回数 6(全豪2・全英3・全米1)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト8(1985)
全仏 1回戦(1984)
全英 2回戦(1985)
全米 2回戦(1985)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 1位
ダブルス 6位
獲得メダル
男子 テニス
オリンピック
1992 バルセロナ ダブルス

ボリス・ベッカーBoris Becker, 1967年11月22日 - )は、旧西ドイツライメン出身の元男子プロテニス選手。プロ・ポーカー・プレーヤー。2歳年下のシュテフィ・グラフとともに、ドイツのテニス界の黄金時代を築いたスター選手だった。4大大会通算「6勝」を挙げる。ATPツアーでは、シングルスで4大大会6勝を含む49勝、ダブルスで15勝を挙げた。自己最高ランキングはシングルス1位、ダブルス6位。フルネームは Boris Franz Becker (ボリス・フランツ・ベッカー)という。

2008年よりプロのポーカー・プレーヤーとしてのキャリアをスタートさせた。またオンライン・ポーカーを運営する会社と既にスポンサー契約を結んでいる。

2014年よりノバク・ジョコビッチのコーチを務めている。

プレースタイル[編集]

オープンスタンスから放たれる強烈なサーブは「ブンブン・サーブ(boom boom serve、「boom boom」は大砲の爆撃音を表す)」という愛称で呼ばれたビッグサーバーである。ただし、サーブの名付け親とされる坂井利郎が本人に了解を求めたところ、「東京の大会で初めて試したので、<東京サーブ>と呼んでほしい」との返答だったという。

キャリア[編集]

1984年にプロ転向。 1985年ウィンブルドン選手権にて、大会史上最年少の「17歳7ヶ月」で初優勝を飾る。世界ランキング38位のノーシードから勝ち上がり、決勝で南アフリカケビン・カレンを 6-3, 6-7, 7-6, 6-4 で破った。敗れたカレンはコナーズ、マッケンローらを破って勝ち上がったが最後は17歳の新鋭の前に屈した。翌1986年にも同選手権決勝で決勝に進み、悲願の初優勝を目指したナンバー1のイワン・レンドルを破り、18歳で大会2連覇を達成。1987年はまさかの2回戦敗退に終わったが、1988年から1991年にかけて4年連続で同選手権の決勝に進出する。そのうち1998年から1990年前は3年連続でステファン・エドベリと決勝で対戦した。1989年はエドベリを破って優勝を果たしたが、1988年と1990年には敗れている。1991年には、テニス4大大会史上初の「ドイツ対決の決勝」をミヒャエル・シュティヒと戦ったが、1歳年下のシュティヒにストレートで敗れ、3度の準優勝となった。 その後もウィンブルドンでは1995年に準優勝(決勝でピート・サンプラスに敗退)するなど好成績を出し続け、ウィンブルドンでは通算71勝(12敗)を挙げた。

ベッカーはダブルスでも通算15勝を挙げたが、その中には1992年バルセロナ五輪の男子ダブルスで、ドイツ代表選手としてミヒャエル・シュティヒとペアを組んだ金メダルも含まれている。

ベッカーはウィンブルドン選手権で3度の優勝、4度の準優勝など活躍し、ウィンブルドン71勝はコナーズの84勝、フェデラーの73勝に次ぐ歴代3位の記録である。 ベッカーは1989年にウィンブルドンに続いて全米を制し、初めてウィンブルドン以外のグランドスラムタイトルを獲得した。 その後1991年には全豪オープンでも初優勝を果たし、キャリア終盤の1996年には2度目の全豪制覇を成し遂げている。1996年の全豪決勝では、ベッカーと同じく17歳でグランドスラム初優勝を果たしたマイケル・チャンと好勝負を繰り広げた。 ベッカーの全仏オープンの最高成績はベスト4である(1987年1989年1991年)。 ベッカーは全仏を筆頭にクレーコートでは1つもタイトルを獲得できなかった。

年間最終戦でも長く活躍し、3度の優勝、5度の準優勝を記録している。

ベッカーは多くの選手たちの間でも才能では1番と言う声は強かったが、要所で勝ち切れず世界ランク1位在位はわずか12週でライバルのエドベリの72週と比べずっと短い。 ウィンブルドンや年間最終戦などでも決勝には多く進出するが準優勝が多く、勝ち切れない面がよく出ている。

ボリス・ベッカーは1999年ウィンブルドン選手権4回戦でパトリック・ラフターに敗れ、現役引退を表明した。2003年国際テニス殿堂入りを果たしている。

2013年12月18日、ノバク・ジョコビッチのコーチに就任することが発表された。

ライバル・エドベリ[編集]

ベッカーはよくステファン・エドベリとライバル関係として語られることが多い。 その最大の要因はウィンブルドン決勝で3年連続で対戦したことである。また、1991年の決勝ではシュティッヒと対戦したが、シュティッヒは準決勝でエドベリを4-6,7-6,7-6,7-6で破っている。この試合エドベリは1度もブレークされておらず、紙一重のところで4年連続の対戦が実現しなかったことになる。 なお、両者のグランドスラムでの対戦はこの3度以外では1度しかない。 この3年連続の対戦はエドベリの2勝1敗に終わった。また、世界ランク1位在位でもエドベリ72週に対し、ベッカーは12週にとどまっている。 このことから一見エドベリの方が優勢だったかに見えるが、実際にはこの両者の35度の対戦ではベッカーが25勝10敗と大勝している。 また、1位ではエドベリが長いが、トップ5やトップ10の在位週数はベッカーのほうが長い。 しかし、要所の対戦ではエドベリが勝っており、このことが両者のライバル関係を強調すると同時にここでもベッカーの要所での弱さが露見している。

記録[編集]

ウィンブルドン選手権最年少優勝「17歳7ヶ月」
パリ・マスターズ優勝「3回」
マラト・サフィンノバク・ジョコビッチとタイ記録。
世界ランキング1位の選手に勝利「19勝」
ラファエル・ナダルとタイ記録。
セット0–2 からの逆転勝利数「10回」
アーロン・クリックステインとタイ記録。

4大大会優勝[編集]

大会 対戦相手 試合結果
1985年 ウィンブルドン 南アフリカ共和国の旗 ケビン・カレン 6-3, 6-7, 7-6, 6-4
1986年 ウィンブルドン チェコの旗 イワン・レンドル 6-4, 6-3, 7-5
1989年 ウィンブルドン スウェーデンの旗 ステファン・エドベリ 6-0, 7-6, 6-4
1989年 全米オープン チェコの旗 イワン・レンドル 7-6, 1-6, 6-3, 7-6
1991年 全豪オープン チェコの旗 イワン・レンドル 1-6, 6-4, 6-4, 6-4
1996年 全豪オープン アメリカ合衆国の旗 マイケル・チャン 6-2, 6-4, 2-6, 6-2


4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1984 1985 1986 1987 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 通算成績
全豪オープン QF 2R - 4R A 4R QF W 3R 1R A 1R W 1R A A 29–9
全仏オープン A 2R QF SF 4R SF 1R SF A 2R A 3R A A A A 26–9
ウィンブルドン 3R W W 2R F W F F QF SF SF F 3R QF A 4R 71–12
全米オープン A 4R SF 4R 2R W SF 3R 4R 4R 1R SF A A A A 37–10

※: 1984・85・87年の全豪は96ドロー(1985・87年は1回戦Byeでの出場)である。

外部リンク[編集]