1985年ウィンブルドン選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1985年 ウィンブルドン選手権(The Championships, Wimbledon 1985)は、イギリスロンドン郊外にある「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」にて、1985年6月24日から7月7日にかけて開催された。

シード選手[編集]

男子シングルス[編集]

  1. アメリカ合衆国の旗 ジョン・マッケンロー (ベスト8)
  2. チェコスロバキアの旗 イワン・レンドル (4回戦)
  3. アメリカ合衆国の旗 ジミー・コナーズ (ベスト4)
  4. スウェーデンの旗 マッツ・ビランデル (1回戦)
  5. スウェーデンの旗 アンダース・ヤリード (ベスト4)
  6. オーストラリアの旗 パット・キャッシュ (2回戦)
  7. スウェーデンの旗 ヨアキム・ニーストロム (3回戦)
  8. アメリカ合衆国の旗 ケビン・カレン (準優勝)
  9. アメリカ合衆国の旗 ヨハン・クリーク (3回戦)
  10. アメリカ合衆国の旗 アーロン・クリックステイン (1回戦)
  11. フランスの旗 ヤニック・ノア (3回戦)
  12. チェコスロバキアの旗 ミロスラフ・メチージュ (1回戦)
  13. アメリカ合衆国の旗 エリオット・テルチャー (2回戦)
  14. スウェーデンの旗 ステファン・エドベリ (4回戦)
  15. チェコスロバキアの旗 トマシュ・スミッド (2回戦)
  16. アメリカ合衆国の旗 ティム・メイヨット (4回戦)

女子シングルス[編集]

  1. アメリカ合衆国の旗 クリス・エバート・ロイド (準優勝)
  2. アメリカ合衆国の旗 マルチナ・ナブラチロワ (優勝、4年連続6度目) [この大会では、エバート・ロイドとナブラチロワの2人が並んで第1シードに選ばれた]
  3. チェコスロバキアの旗 ハナ・マンドリコワ (3回戦)
  4. ブルガリアの旗 マニュエラ・マレーバ (4回戦)
  5. アメリカ合衆国の旗 パム・シュライバー (ベスト8)
  6. 西ドイツの旗 クラウディア・コーデ=キルシュ (2回戦)
  7. チェコスロバキアの旗 ヘレナ・スコバ (ベスト8)
  8. アメリカ合衆国の旗 ジーナ・ガリソン (ベスト4)
  9. アメリカ合衆国の旗 ボニー・ガドゥセク (2回戦)
  10. アメリカ合衆国の旗 キャシー・ジョーダン (2回戦)
  11. 西ドイツの旗 シュテフィ・グラフ (4回戦)
  12. スウェーデンの旗 カタリナ・リンドクイスト (1回戦)
  13. カナダの旗 カーリン・バセット (2回戦)
  14. オーストラリアの旗 ウェンディ・ターンブル (3回戦)
  15. アルゼンチンの旗 ガブリエラ・サバティーニ (3回戦)
  16. アメリカ合衆国の旗 キャシー・リナルディ (ベスト4)

大会経過[編集]

男子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

女子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

決勝戦の結果[編集]

男子シングルス
女子シングルス
男子ダブルス
女子ダブルス
混合ダブルス

みどころ[編集]

外部リンク[編集]


先代:
1985年全仏オープンテニス
テニス4大大会
1985年
次代:
1985年全米オープンテニス
先代:
1984年ウィンブルドン選手権
ウィンブルドン選手権
1985年
次代:
1986年ウィンブルドン選手権