1971年ウィンブルドン選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1971年 ウィンブルドン選手権(The Championships, Wimbledon 1971)は、イギリスロンドン郊外にある「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」にて、1971年6月21日から7月3日にかけて開催された。

大会の流れ[編集]

  • 男子シングルスは「128名」の選手による通常の7回戦制で行われた。シード選手は8名。
  • 女子シングルスは「96名」の選手による7回戦制で行われ、32名の選手は「1回戦不戦勝」(抽選表では“Bye”と表示)があった。シード選手は8名。シード選手でも、1回戦から出場した人と、2回戦から登場した人がいる。2回戦から登場した選手が初戦敗退の場合は「2回戦=初戦」と表記する。

シード選手[編集]

男子シングルス[編集]

  1. オーストラリアの旗 ロッド・レーバー (ベスト8)
  2. オーストラリアの旗 ジョン・ニューカム (優勝、2年連続3度目)
  3. オーストラリアの旗 ケン・ローズウォール (ベスト4)
  4. アメリカ合衆国の旗 スタン・スミス (準優勝)
  5. アメリカ合衆国の旗 アーサー・アッシュ (3回戦)
  6. アメリカ合衆国の旗 クリフ・リッチー (ベスト8)
  7. ルーマニアの旗 イリ・ナスターゼ (2回戦)
  8. 南アフリカの旗 クリフ・ドリスデール (1回戦)

女子シングルス[編集]

  1. オーストラリアの旗 マーガレット・スミス・コート (準優勝)
  2. アメリカ合衆国の旗 ビリー・ジーン・キング (ベスト4)
  3. オーストラリアの旗 イボンヌ・グーラゴング (初優勝)
  4. アメリカ合衆国の旗 ロージー・カザルス (2回戦)
  5. イギリスの旗 バージニア・ウェード (4回戦)
  6. アメリカ合衆国の旗 ナンシー・グンター (ベスト8)
  7. フランスの旗 フランソワーズ・デュール (ベスト8)
  8. 西ドイツの旗 ヘルガ・マストホフ (3回戦)

大会経過[編集]

男子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

女子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

決勝戦の結果[編集]

男子シングルス
女子シングルス
男子ダブルス
女子ダブルス
混合ダブルス

外部リンク[編集]


先代:
1971年全仏オープンテニス
テニス4大大会
1971年
次代:
1971年全米オープンテニス
先代:
1970年ウィンブルドン選手権
ウィンブルドン選手権
1971年
次代:
1972年ウィンブルドン選手権