1967年ウィンブルドン選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1967年 ウィンブルドン選手権(The Championships, Wimbledon 1967)に関する記事。イギリスロンドン郊外にある「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」にて開催。

シード選手[編集]

男子シングルス[編集]

  1. スペインの旗 マニュエル・サンタナ (1回戦) [前年度優勝者の初戦敗退、大会史上初の珍事]
  2. オーストラリアの旗 ロイ・エマーソン (4回戦)
  3. オーストラリアの旗 ジョン・ニューカム (初優勝)
  4. オーストラリアの旗 トニー・ローチ (2回戦)
  5. 南アフリカの旗 クリフ・ドリスデール (4回戦)
  6. オーストラリアの旗 ケン・フレッチャー (ベスト8)
  7. デンマークの旗 ヤン・レシュリー (2回戦)
  8. オーストラリアの旗 ビル・ボウリー (3回戦)

女子シングルス[編集]

  1. アメリカ合衆国の旗 ビリー・ジーン・キング (優勝、大会2連覇)
  2. ブラジルの旗 マリア・ブエノ (4回戦)
  3. イギリスの旗 アン・ヘイドン=ジョーンズ (準優勝)
  4. フランスの旗 フランソワーズ・デュール (3回戦)
  5. アメリカ合衆国の旗 ナンシー・リッチー (4回戦)
  6. オーストラリアの旗 レスリー・ターナー (ベスト8)
  7. 南アフリカの旗 アネッテ・バン・ジル (4回戦)
  8. イギリスの旗 バージニア・ウェード (ベスト8)

男子ダブルス[編集]

  1. オーストラリアの旗 ジョン・ニューカムオーストラリアの旗 トニー・ローチ
  2. 南アフリカの旗 ボブ・ヒューイット南アフリカの旗 フルー・マクミラン
  3. オーストラリアの旗 ビル・ボウリーオーストラリアの旗 オーウェン・デビッドソン
  4. オーストラリアの旗 ロイ・エマーソンオーストラリアの旗 ケン・フレッチャー

女子ダブルス[編集]

  1. ブラジルの旗 マリア・ブエノアメリカ合衆国の旗 ナンシー・リッチー
  2. イギリスの旗 アン・ヘイドン=ジョーンズイギリスの旗 バージニア・ウェード
  3. アメリカ合衆国の旗 ビリー・ジーン・キングアメリカ合衆国の旗 ロージー・カザルス
  4. オーストラリアの旗 レスリー・ターナーオーストラリアの旗 ジュディ・テガート

混合ダブルス[編集]

  1. オーストラリアの旗 オーウェン・デビッドソンアメリカ合衆国の旗 ビリー・ジーン・キング
  2. オーストラリアの旗 ケン・フレッチャーブラジルの旗 マリア・ブエノ
  3. オーストラリアの旗 トニー・ローチオーストラリアの旗 ジュディ・テガート
  4. 南アフリカの旗 フルー・マクミラン南アフリカの旗 アネッテ・バン・ジル

大会経過[編集]

男子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

女子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

決勝戦の結果[編集]

男子シングルス
女子シングルス
男子ダブルス
女子ダブルス
混合ダブルス

外部リンク[編集]

  • 抽選表・シード選手:男子女子 (男子はGrand Slam Tennis Archive、女子はTennisForum.com提供スレッドによる)

参考文献[編集]

  • Maurice Brady, “Lawn Tennis Encyclopedia” (ローンテニス百科事典) David & Charles, Newton Abbot, Devon, England (1969 Ed.) 207ページ [シード選手]
  • Lance Tingay, “100 Years of Wimbledon” (ウィンブルドンの100年史) Guinness Superlatives Ltd., London (1977) ISBN 0-900424-71-0 [大会経過、選手国籍]
  • Bud Collins, “Total Tennis: The Ultimate Tennis Encyclopedia” Sport Classic Books, Toronto (2003 Ed.) ISBN 0-9731443-4-3 [大会経過、選手フルネーム]


先代:
1967年全仏テニス選手権
テニス4大大会
1967年
次代:
1967年全米テニス選手権
先代:
1966年ウィンブルドン選手権
ウィンブルドン選手権
1967年
次代:
1968年ウィンブルドン選手権