クリス・エバート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリス・エバート Tennis pictogram.svg
Chris Evert playing tennis at Camp David.png
クリス・エバート(1990年)
基本情報
ラテン文字名 Chris Evert
フルネーム Christine Marie Evert
愛称 クリッシー (Chrissie)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・フロリダ州
フォートローダーデール
生年月日 1954年12月21日(59歳)
身長 168cm
体重 57kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1970年
引退年 1989年
ツアー通算 172勝
シングルス 154勝
ダブルス 18勝
生涯通算成績 1421勝183敗
シングルス 1304勝144敗
ダブルス 117勝39敗
生涯獲得賞金 $8,895,195
4大大会最高成績・シングルス
全豪 優勝(1982・84)
全仏 優勝(1974・75・79・80・83・
85・86)
全英 優勝(1974・76・81)
全米 優勝(1975-78・80・82)
優勝回数 18(豪2・仏7・英3・米6)
全仏7勝は女子歴代1位
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 準優勝(1988)
全仏 優勝(1974・75)
全英 優勝(1976)
全米 ベスト8(1984・88)
優勝回数 3(仏2・英1)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 1位
ダブルス 13位

クリス・エバートChris Evert, 1954年12月21日 - )は、アメリカフロリダ州フォートローダーデール出身の元女子プロテニス選手。フルネームは Christine Marie Evert (クリスティン・マリー・エバート)というが、「クリス・エバート」の名前で最もよく知られる。愛称の「クリッシー」“Chrissie”で呼ばれることも多い。父親のジミー・エバートと妹のジャンヌ・エバートも元プロテニス選手である。好敵手であるマルチナ・ナブラチロワとともに、1970年代から1980年代前半の女子テニス界を牽引した。

来歴[編集]

エバートは全仏オープン女子シングルス「7勝」の大会最多優勝記録保持者であり、4大大会女子シングルス通算「18勝」は、ライバルのマルチナ・ナブラチロワと並ぶ女子歴代4位タイ記録である。彼女はWTAツアーでのシングルス通算勝利数「154勝」の歴代2位記録も保持している。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

エバートは“アイス・ドール”(氷の人形)というニックネームで呼ばれたが、これは彼女自身が「コート上では凍てついた氷でありたい」と言っていたように、表情を全く変えることなくプレーしていたことからついたものである。この名の通り、冷静沈着で相手に隙を見せず、正確なボール・コントロールに支えられたクレバーなテニスが彼女の強みだった。こうした強みから、彼女は球足の遅いクレーコートを最も得意としていた。クレーコートである全仏オープンで「7勝」の大会最多優勝記録保持者になり、エバート自身もフランスが好きであることから「パリの恋人」とも称されていた。

クリスとジャンヌの姉妹は、元プロテニス選手であった父親のジミー・エバートからテニスを習った。1972年12月21日、18歳の誕生日にプロ入りする。1974年全仏オープンで4大大会初優勝を果たし、続くウィンブルドンも初制覇。この頃ジミー・コナーズ選手と交際したが、婚約破棄に終わる。1975年-1978年全米オープンで大会4連覇を達成した。

1979年4月、エバートはイギリスの男子プロテニス選手であるジョン・ロイドと結婚し、夫の姓を併用して「クリス・エバート・ロイド」(Chris Evert-Lloyd)と名乗るようになった。クレーコート(赤土)「125連勝」の記録も樹立したが、1979年の全仏オープン前哨戦「イタリアン・オープン」の準決勝で、16歳の新星トレーシー・オースチンに敗れて記録が止まる。同年の全米オープン決勝でもオースチンに敗れ、大会5連覇を逃した。

1980年代に入ってからは、エバートのライバルの座をマルチナ・ナブラチロワが占めるようになる。2人は現役生活を通じて「80回」対戦し、最終的な対戦成績はナブラチロワの「43勝37敗」となった。

最後の4大大会優勝となった1986年全仏オープンは「31歳5ヶ月」での制覇で、大会史上3番目の年長優勝記録となった。(最年長優勝記録保持者は1958年の優勝者ジュジャ・ケルメツィで、1948年の優勝者ネリー・アダムソン・ランドリーとエバートはほとんど同年齢であった。)1974年 - 1986年まで「13年連続」での4大大会優勝も女子テニス史上最長記録となる。しかし、ジョン・ロイドと離婚した1987年に連続優勝記録が止まった。この年にシュテフィ・グラフが世界ランキング1位となり、女子テニス界は世代交代期を迎える。離婚後の1988年全豪オープンでエバートは最後の4大大会決勝に進出したが、当時18歳のグラフに 1-6, 6-7 で敗れた。これでエバートの4大大会女子シングルス決勝進出記録は「通算34度」=「18勝16敗」で終わった。決勝進出34度は女子歴代1位記録で、2位はマルチナ・ナブラチロワの32度(18勝14敗)、3位はシュテフィ・グラフの31度(22勝9敗)である。

最後まで“アイス・ドール”のイメージを守り続けたクリス・エバートは、1989年に34歳で現役を引退した。最後の4大大会出場となった1989年全米オープンでは、準々決勝でジーナ・ガリソンアメリカ)に 6-7, 2-6 で敗れた。同年10月に日本東京有明コロシアムで行われた女子国別対抗戦「フェデレーション・カップ」(現在の名称はフェドカップ)でアメリカ・チームを優勝に導いたが、これがエバートの現役最後の試合となった。1995年国際テニス殿堂入りを果たしている。

クリス・エバートはジョン・ロイドとの離婚後、1988年にアルペンスキー選手のアンディ・ミルと2度目の結婚をした。選手引退後、エバートとミルは3人の子供をもうけたが、2006年に再度離婚する。2008年6月、エバートはオーストラリアプロゴルファーであるグレグ・ノーマンと3度目の結婚をしたが、2009年10月に離婚したことを公表した。

4大大会優勝[編集]

  • 全豪オープン 女子シングルス:2勝(1982年・1984年) [女子シングルス準優勝4度:1974年・1981年・1985年・1988年/女子ダブルス準優勝1度:1988年]
  • 全仏オープン 女子シングルス:7勝(1974年・1975年・1979年・1980年・1983年・1985年・1986年)/女子ダブルス:2勝(1974年・1975年) [大会歴代1位/女子シングルス準優勝2度:1973年・1984年]
  • ウィンブルドン 女子シングルス:3勝(1974年・1976年・1981年)/女子ダブルス:1勝(1976年) [女子シングルス準優勝7度:1973年・1978年-1980年・1982年・1984年・1985年]
  • 全米オープン 女子シングルス:6勝(1975年-1978年・1980年・1982年) [大会4連覇を含む。女子シングルス準優勝3度:1979年・1983年・1984年/混合ダブルス準優勝1度:1974年]
大会 対戦相手 試合結果
1974年 全仏オープン ソビエト連邦の旗 オルガ・モロゾワ 6-1, 6-2
1974年 ウィンブルドン ソビエト連邦の旗 オルガ・モロゾワ 6-0, 6-4
1975年 全仏オープン チェコの旗 マルチナ・ナブラチロワ 2-6, 6-2, 6-1
1975年 全米オープン オーストラリアの旗 イボンヌ・グーラゴング・コーリー 5-7, 6-4, 6-2
1976年 ウィンブルドン オーストラリアの旗 イボンヌ・グーラゴング・コーリー 6-3, 4-6, 8-6
1976年 全米オープン オーストラリアの旗 イボンヌ・グーラゴング・コーリー 6-3, 6-0
1977年 全米オープン オーストラリアの旗 ウェンディ・ターンブル 7-6, 6-2
1978年 全米オープン アメリカ合衆国の旗 パム・シュライバー 7-5, 6-4
1979年 全仏オープン オーストラリアの旗 ウェンディ・ターンブル 6-2, 6-0
1980年 全仏オープン ルーマニアの旗 バージニア・ルジッチ 6-0, 6-3
1980年 全米オープン チェコの旗 ハナ・マンドリコワ 5-7, 6-1, 6-1
1981年 ウィンブルドン チェコの旗 ハナ・マンドリコワ 6-2, 6-2
1982年 全米オープン チェコの旗 ハナ・マンドリコワ 6-3, 6-1
1982年 全豪オープン アメリカ合衆国の旗 マルチナ・ナブラチロワ 6-3, 2-6, 6-3
1983年 全仏オープン ユーゴスラビアの旗 ミマ・ヤウソベッツ 6-1, 6-2
1984年 全豪オープン チェコの旗 ヘレナ・スコバ 6-7, 6-1, 6-3
1985年 全仏オープン アメリカ合衆国の旗 マルチナ・ナブラチロワ 6-3, 6-7, 7-5
1986年 全仏オープン アメリカ合衆国の旗 マルチナ・ナブラチロワ 2-6, 6-3, 6-3

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1971 1972 1973 1974 1975 1976 1977 1978 1979 1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989 通算成績
全豪オープン A A A SF A A A A A A F W A W F NH A F A 31-4
全仏オープン A A F W W A A A W W SF SF W F W W SF 3R A 73-6
ウィンブルドン A SF F W SF W SF F F F W F 3R F F SF SF SF SF 98-15
全米オープン SF SF SF SF W W W W F W SF W F F SF SF QF SF QF 103-13
テニス4大大会女子シングルス優勝記録
順位 優勝回数 選手名
1位 24勝 オーストラリアの旗 マーガレット・スミス・コート
2位 22勝 ドイツの旗 シュテフィ・グラフ
3位 19勝 アメリカ合衆国の旗 ヘレン・ウィルス・ムーディ
4位タイ 18勝 アメリカ合衆国の旗 クリス・エバート | アメリカ合衆国の旗 マルチナ・ナブラチロワ |アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ
5位タイ 12勝 アメリカ合衆国の旗 ビリー・ジーン・キング | フランスの旗 スザンヌ・ランラン (注:国際大会以前の全仏選手権6勝を含む)
6位タイ 9勝 アメリカ合衆国の旗 モーリーン・コノリー | ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗アメリカ合衆国の旗 モニカ・セレシュ
*は現役選手

外部リンク[編集]