ウェンディ・ターンブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウェンディ・ターンブル
基本情報
ラテン文字名 Wendy Turnbull
フルネーム Wendy May Turnbull
愛称 ラビット (Rabbit)
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 同・ブリスベン
生年月日 1952年11月26日(61歳)
身長 164cm
体重 54kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1975年
引退年 1990年
ツアー通算 68勝
シングルス 13勝
ダブルス 55勝
生涯通算成績 929勝448敗
シングルス 577勝318敗
ダブルス 352勝130敗
4大大会最高成績・シングルス
全豪 準優勝(1980)
全仏 準優勝(1979)
全英 ベスト8(1979-81)
全米 準優勝(1977)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 準優勝(1983・88)
全仏 優勝(1979)
全英 優勝(1978)
全米 優勝(1979・82)
優勝回数 4(仏1・英1・米2)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全仏 優勝(1979・82)
全英 優勝(1983・84)
全米 優勝(1980)
優勝回数 5(仏2・英2・米1)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 3位
ダブルス 1位 (?)
獲得メダル
女子 テニス
オリンピック
1988 ソウル ダブルス

ウェンディ・ターンブルWendy Turnbull, 1952年11月26日 - )は、オーストラリアブリスベン出身の元女子プロテニス選手。主に1970年代後半から1980年代に活躍した選手で、素速いフットワークから“Rabbit”(ラビット)というニックネームで呼ばれた。しかし4大大会の女子シングルスで3度の準優勝に終わり、1977年全米オープン1979年全仏オープン1980年全豪オープンの決勝戦で敗れた。WTAツアーでシングルス13勝、ダブルス55勝を挙げた。

ターンブルは15歳で学校をやめ、4年間の銀行勤務を経てテニス選手になった。1975年にプロ入り。1976年日本の「ジャパン・オープン」で優勝している。最初のチャンスは1977年全米オープンで訪れ、ターンブルは準々決勝で当年度のウィンブルドン優勝者バージニア・ウェード(第3シード、イギリス)、準決勝で第2シードのマルチナ・ナブラチロワを連破して初めての4大大会決勝に進んだが、第1シードのクリス・エバートに 6-7, 2-6 で敗れて準優勝になった。全米オープンでは、翌1978年も準決勝でエバートに敗れる。2度目のチャンスとなった1979年全仏オープンでも、決勝戦で同じエバートの壁にぶつかり、2-6, 0-6 の完敗で2度目の準優勝になっている。

1980年のシーズンは全体的に好調で、全仏オープンウィンブルドンでともにベスト8進出を果たした後に、年末開催の全豪オープンで3度目の4大大会決勝進出を決めた。(注:当時は全豪オープンの開催時期が何度も変わり、1977年1月開催12月開催と2度行われたのちに、1978年-1985年までは12月の年末開催で行われていた。)ターンブルは準決勝で第1シードのマルチナ・ナブラチロワを破ったが、決勝で当時18歳の新鋭ハナ・マンドリコワに 0-6, 5-7 で敗れ、またしても優勝のチャンスを逃した。その後は全豪オープン1981年1984年全米オープン1984年に準決勝進出がある。シングルスでは1989年ウィンブルドンの2回戦敗退が最後の試合になった。

ウェンディ・ターンブルはダブルスの名手として、女子テニスツアーで通算55勝を記録した。4大大会でも女子ダブルスは4勝、混合ダブルスは5勝を挙げている。1978年ウィンブルドンで、ターンブルは同じオーストラリアケリー・レイドとペアを組み、ミマ・ヤウソベッツユーゴスラビア)&バージニア・ルジッチルーマニア)組を 4-6, 9-8, 6-3で破って初優勝を飾った。1979年オランダベティ・ストーブとペアを組み、全仏オープン全米オープンで年間2冠を獲得する。1982年には全米オープンの女子ダブルスで、ベテランのロージー・カザルスと組んで3年ぶり2度目の優勝を果たした。1988年ソウル五輪では、オーストラリア代表選手として女子ダブルスに出場し、エリザベス・スマイリーと組んで銅メダルを獲得している。混合ダブルスでは、ターンブルはジョン・ロイドクリス・エバートの元夫として有名な人)と相性が良く、1982年から1984年までウィンブルドンの混合ダブルス決勝に3年連続で進出した。ターンブルは1989年夏にシングルスから引退した後も、ダブルスでは1990年まで現役を続行した。

ターンブルは現役生活を通じて、クリス・エバートの厚い壁をどうしても破れなかった選手の1人である。2人の対戦成績はエバートの「21勝1敗」で終わった。マルチナ・ナブラチロワとは「5勝29敗」の対戦成績を残している。エバートとナブラチロワの2強豪と同年代に活動した女子プロテニス選手たちにとって、2人の壁を破ることがいかに至難であったか、ターンブルの3度の準優勝はその難しさを物語る1つの記録と言えるだろう。

4大大会ダブルス優勝[編集]

  • 全仏オープン 女子ダブルス:1勝(1979年)/混合ダブルス:2勝(1979年・1982年) [女子ダブルス準優勝1度:1982年]
  • ウィンブルドン 女子ダブルス:1勝(1978年)/混合ダブルス:2勝(1983年&1984年) [女子ダブルス準優勝4度:1979年・1980年・1983年・1986年/混合ダブルス準優勝1度:1982年]
  • 全米オープン 女子ダブルス:2勝(1979年・1982年)/混合ダブルス:1勝(1980年) [女子ダブルス準優勝4度:1978年・1981年・1984年・1986年]

外部リンク[編集]