ヤロスラワ・シュウェドワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤロスラワ・シュウェドワ
Yaroslava Shvedova at Citi Open Tennis July 30, 2011 .jpg
ヤロスラワ・シュウェドワ
基本情報
ラテン文字名 Yaroslava Shvedova
フルネーム Yaroslava Vyacheslavovna
Shvedova
国籍 ロシアの旗 ロシアカザフスタンの旗 カザフスタン
出身地 ロシア・モスクワ
生年月日 1987年9月12日(26歳)
身長 180cm
体重 68kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2005年
ツアー通算 9勝
シングルス 1勝
ダブルス 8勝
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(2008・10)
全仏 ベスト8(2010・12)
全英 4回戦(2012)
全米 3回戦(2009・13)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト8(2012)
全仏 ベスト4(2011)
全英 優勝(2010)
全米 優勝(2010)
優勝回数 2(英1・米1)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全仏 準優勝(2010)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 25位(2012年10月29日)
ダブルス 4位(2011年6月6日)
2013年9月24日現在

ヤロスラワ・シュウェドワYaroslava Shvedova, ロシア語: Яросла́ва Вячесла́вовна Шве́дова, 1987年9月12日 - )は、ロシアモスクワ出身でカザフスタンの女子プロテニス選手。2010年ウィンブルドン全米オープンで、バニア・キングアメリカ)と組んだダブルスで優勝した。これまでにWTAツアーでシングルス1勝、ダブルス8勝を挙げている。自己最高ランキングはシングルス25位、ダブルス4位。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

来歴[編集]

コーチの父親とプロランナーの母親の間に産まれたシュウェドワは、父親の手ほどきにより8歳でテニスを始め、2005年にプロに転向する[1]

2006年のウィンブルドン選手権で予選を勝ち抜き4大大会に初出場する。

2007年2月に行われたバンガロール・オープンの決勝でマラ・サンタンジェロ(イタリア)を 6-4, 6-4 で破り女子ツアーでシングルス初優勝を果たした。全米オープンではステファニー・フォレッツ英語版(フランス)と組んだ女子ダブルスでベスト8に進出している。

ロシアの女子テニス界は選手層が厚いため、2008年にシュウェドワはオリンピックの出場を目指してカザフスタン国籍を取得。フェドカップにカザフスタン代表として出場している。

2010年はシングルスでは全仏オープンで、2回戦の第8シードアグニエシュカ・ラドワンスカ(ポーランド)を 7-5, 6-3 、3回戦の第28シードアリサ・クレイバノワ(ロシア)を 6-2, 4-6, 6-0 、4回戦ではヤルミラ・グロート(オーストラリア)を 6-4, 6-3 で破り、4大大会で初めてベスト8に進出した。準々決勝では第4シードのエレナ・ヤンコビッチ(セルビア)に 5-7, 4-6 で敗れた。ダブルスではバニア・キング(アメリカ)と組んでウィンブルドンエレーナ・ベスニナ&ベラ・ズボナレワ組に 7–6(6), 6–2、全米オープンリーゼル・フーバー&ナディア・ペトロワ組を 2-6, 6-4, 7–6(4) で破り優勝している。

2011年全米オープンではシングルスは予選で敗退したが、 ダブルスでは2年連続の決勝に進出した。決勝でリーゼル・フーバー&リサ・レイモンド組に 6–4, 6–7(5), 6–7(3) で競り負けて連覇を逃した。

シングルスは低迷が続き100位以下にまでランキングを落としていたが、2012年全仏オープンでは予選から勝ち上がり、4回戦で前年優勝の李娜(中国)を 3-6, 6-2, 6-0 で破りベスト8に進出した。準々決勝ではペトラ・クビトバ(チェコ)に 6-3, 2-6, 4-6 で敗れた。続くウィンブルドンでは3回戦で全仏準優勝者のサラ・エラニ(イタリア)を 6-0, 6-4 で破り4回戦に進出した。この試合の第1セットでは1ポイントも落とさず24ポイントを連取する「ゴールデン・セット」を4大大会で初めて達成した[2]。公式戦での「ゴールデン・セット」は1968年のオープン化以降女子では初めてとなり、男子を含めても1983年にビル・スカンロン英語版(アメリカ)が達成して以来2人目である。4回戦では優勝したセリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)に 1-6, 6-2, 5-7 で敗れた。7月のロンドン五輪でオリンピックに初出場した。シングルスでは2回戦でドイツのザビーネ・リシキに 6-4, 3-6, 5-7 で敗れた。ガリナ・ボスコボワと組んだダブルスも2回戦でロシアのマリア・キリレンコ&ナディア・ペトロワ組に 3-6, 2-6 で敗退した。2012年10月29日付けのシングルスランキングで自己最高の25位を記録し、2012年度のWTAアワードカムバック賞を受賞している。

WTAツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 1回 (1勝0敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2007年2月18日 インドの旗 バンガロール ハード イタリアの旗 マラ・サンタンジェロ 6–4, 6–4

ダブルス: 17回 (8勝9敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2008年9月14日 アメリカ合衆国の旗 シンシナティ ハード チャイニーズタイペイの旗 謝淑薇 ロシアの旗 マリア・キリレンコ
ロシアの旗 ナディア・ペトロワ
3–6, 6–4, [8–10]
優勝 1. 2009年2月15日 タイの旗 パタヤ ハード タイの旗 タマリネ・タナスガーン ウクライナの旗 ユリア・ベイゲルジマー
ロシアの旗 ビタリア・ディアチェンコ
6–3, 6–2
準優勝 2. 2010年4月11日 スペインの旗 マルベーリャ クレー ロシアの旗 マリア・コンドラチェワ イタリアの旗 サラ・エラニ
イタリアの旗 ロベルタ・ビンチ
4–6, 2–6
準優勝 3. 2010年6月19日 オランダの旗 スヘルトーヘンボス アメリカ合衆国の旗 バニア・キング ロシアの旗 アーラ・クドゥリャフツェワ
オーストラリアの旗 アナスタシア・ロディオノワ
6–3, 3–6, [6–10]
優勝 2. 2010年7月3日 イギリスの旗 ウィンブルドン アメリカ合衆国の旗 バニア・キング ロシアの旗 エレーナ・ベスニナ
ロシアの旗 ベラ・ズボナレワ
7–6(6), 6–2
優勝 3. 2010年9月13日 アメリカ合衆国の旗 全米オープン ハード アメリカ合衆国の旗 バニア・キング アメリカ合衆国の旗 リーゼル・フーバー
ロシアの旗 ナディア・ペトロワ
2-6, 6-4, 7–6(4)
準優勝 4. 2011年5月15日 イタリアの旗 ローマ クレー アメリカ合衆国の旗 バニア・キング 中華人民共和国の旗 彭帥
中華人民共和国の旗 鄭潔
2–6, 3–6
優勝 4. 2011年7月31日 アメリカ合衆国の旗 ワシントンD.C. ハード インドの旗 サニア・ミルザ ベラルーシの旗 オリガ・ゴボルツォワ
ロシアの旗 アーラ・クドゥリャフツェワ
6–3, 6–3
優勝 5. 2011年8月20日 アメリカ合衆国の旗 シンシナティ ハード アメリカ合衆国の旗 バニア・キング 南アフリカ共和国の旗 ナタリー・グランディン
チェコの旗 ブラディミラ・ウーリロバ
6–4, 3–6, [11–9]
準優勝 5. 2011年9月11日 アメリカ合衆国の旗 全米オープン ハード アメリカ合衆国の旗 バニア・キング アメリカ合衆国の旗 リーゼル・フーバー
アメリカ合衆国の旗 リサ・レイモンド
6–4, 6–7(5), 6–7(3)
準優勝 6. 2011年10月16日 日本の旗 大阪 ハード アメリカ合衆国の旗 バニア・キング 日本の旗 クルム伊達公子
中華人民共和国の旗 張帥
5–7, 6–3, [9–11]
優勝 6. 2011年10月22日 ロシアの旗 モスクワ ハード
(室内)
アメリカ合衆国の旗 バニア・キング オーストラリアの旗 アナスタシア・ロディオノワ
カザフスタンの旗 ガリナ・ボスコボワ
7–6(3), 6–3
準優勝 7. 2012年4月8日 アメリカ合衆国の旗 チャールストン クレー スペインの旗 アナベル・メディナ・ガリゲス ロシアの旗 アナスタシア・パブリュチェンコワ
チェコの旗 ルーシー・サファロバ
7–5, 4–6, [6–10]
準優勝 8. 2012年5月5日 ポルトガルの旗 エストリル クレー カザフスタンの旗 ガリナ・ボスコボワ チャイニーズタイペイの旗 荘佳容
中華人民共和国の旗 張帥
6-4, 1-6, [9-11]
準優勝 9. 2013年1月5日 ニュージーランドの旗 オークランド ハード ドイツの旗 ユリア・ゲルゲス ジンバブエの旗 カーラ・ブラック
オーストラリアの旗 アナスタシア・ロディオノワ
6–2, 2–6, [5–10]
優勝 7. 2013年3月1日 ブラジルの旗 フロリアノーポリス ハード スペインの旗 アナベル・メディナ・ガリゲス イギリスの旗 アン・キオザボング
ロシアの旗 バレリア・サビニフ
6-0, 6-4
優勝 8. 2013年9月14日 ウズベキスタンの旗 タシケント ハード ハンガリーの旗 ティメア・バボシュ ベラルーシの旗 オリガ・ゴボルツォワ
ルクセンブルクの旗 マンディ・ミネラ
6–3, 6–3

4大大会ダブルス優勝[編集]

全仏オープン混合ダブルス準優勝:2010年)

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 通算成績
全豪オープン A LQ 2R 1R 2R A LQ 1R 2–4
全仏オープン LQ 1R LQ 3R QF 1R QF 2R 11–6
ウィンブルドン 1R 1R LQ 2R 2R 1R 4R 2R 6–7
全米オープン LQ 1R 1R 3R 1R LQ 2R 3R 5–6

: 2013年ウィンブルドン2回戦の不戦敗は通算成績に含まない

脚注[編集]

外部リンク[編集]