アンドレア・イエガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドレア・イエガー Tennis pictogram.svg
基本情報
ラテン文字名 Andrea Jaeger
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・シカゴ
生年月日 1965年6月4日(49歳)
身長 168cm
体重 63kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1980年
引退年 1987年
ツアー通算 14勝
シングルス 10勝
ダブルス 4勝
生涯通算成績 307勝123敗
シングルス 260勝85敗
ダブルス 47勝38敗
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト4(1982)
全仏 準優勝(1982)
全英 準優勝(1983)
全米 ベスト4(1980・82)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦(1982)
全仏 ベスト8(1982)
全英 2回戦(1982)
全米 ベスト8(1983)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全仏 優勝(1981)
優勝回数 1(仏1)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 2位
ダブルス ?位

アンドレア・イエガーAndrea Jaeger, 1965年6月4日 - )は、アメリカイリノイ州シカゴ出身の元女子プロテニス選手。1982年全仏オープン1983年ウィンブルドンで、4大大会に2度の準優勝がある。どちらも決勝戦でマルチナ・ナブラチロワに敗れた。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。シングルス自己最高ランキングは2位(1981年8月)。WTAツアーでシングルス10勝、ダブルス4勝を挙げた。

1980年1月に14歳でプロ転向。すぐに世界的な躍進を始め、「エイボン・フューチャーズ」(ラスベガス)の大会で「14歳8ヶ月」の若さでプロ初優勝。これは当時、女子テニスツアーにおける2番目の年少優勝記録であった。同年のウィンブルドン選手権で大会史上最年少のシード選手になり、全米オープンでも史上最年少の15歳でベスト4進出を決める。翌1981年全仏オープンで、イエガーは同じアメリカのジミー・アリアスとペアを組んで優勝した。当時イエガーは15歳339日、アリアスは16歳296日で、2人の年齢を合わせると「32歳270日」となる。これはテニスのギネスブックにも「史上最年少のグランドスラム優勝ペア」として記載され、今なお残っている。

イエガーは愛らしい天才少女としての人気も高く、2度のグランドスラム大会準優勝などで将来を嘱望されていた。ところが、彼女は1984年に19歳で肩の故障を起こす。全仏オープンで1回戦の試合開始前に棄権し、ロサンゼルス五輪公開競技(21歳以下の選手に限定、まだテニスの五輪種目の復帰は決まっていなかった)でも試合を途中棄権する。若すぎた身体の酷使により、先輩のトレーシー・オースチンと並んで“燃え尽き症候群”の教訓のひとりとして語られるようになった。

イエガーは1987年に現役を引退した後、大学で動物学や神学を学んだ。現在はアンドレ・アガシらスポーツ界の著名人とともに“Athletes for hope”という慈善活動団体の代表メンバーの1人として活動している。2004年には、主に慈善活動に重点を置いた自伝『First Service: Following God's Calling and Finding Life's Purpose』を出版した。

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • Lance Tingay, “The Guinness Book of Tennis: Facts and Feats” (テニスのギネスブック) Guinness Superlatives Ltd., London (1983) ISBN 0-85112-268-X 本書からは242ページを参照した。
  • Andrea Jaeger, “First Service: Following God's Calling and Finding Life's Purpose” Health Communications, Inc., Deerfield Beach, Florida (2004) ISBN 0-7573-0169-X