リサ・レイモンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リサ・レイモンド
Lisa-Raymond-6109424689.jpg
リサ・レイモンド
基本情報
ラテン文字名 Lisa Raymond
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・ペンシルベニア州
ノリスタウン
生年月日 1973年8月10日(40歳)
身長 165cm
体重 55kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1993年
ツアー通算 83勝
シングルス 4勝
ダブルス 79勝
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト8(2004)
全仏 4回戦(1997)
全英 ベスト8(2000)
全米 4回戦(1996)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 優勝(2000)
全仏 優勝(2006)
全英 優勝(2001)
全米 優勝(2001・05・11)
優勝回数 6(豪1・仏1・英1・米3)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全豪 ベスト4(1996・2010)
全仏 優勝(2003)
全英 優勝(1999・2012)
全米 優勝(1996・2002)
優勝回数 5(仏1・英2・米2)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 15位(1997年10月20日)
ダブルス 1位(2000年6月12日)
獲得メダル
テニス
オリンピック
2012 ロンドン 混合ダブルス
2012年10月28日現在

リサ・レイモンドLisa Raymond, 1973年8月10日 - )は、アメリカペンシルベニア州ノリスタウン出身の女子プロテニス選手。長年にわたり、ダブルスの名手として活躍してきた。これまでにWTAツアーでシングルス4勝、ダブルス79勝を獲得し、4大大会では女子ダブルス6勝、混合ダブルス5勝を挙げている。自己最高ランキングはシングルス15位、ダブルス1位。身長165cm、体重55kgで、女子テニス選手としては小柄な体格の選手である。

来歴[編集]

1993年5月にプロ入り。レイモンドはこの年、ウィンブルドン女子シングルス3回戦で沢松奈生子を 7-5, 6-2 で破り、続く4回戦でレイモンドは当時17歳の第7シード、ジェニファー・カプリアティに 6-4, 3-6, 6-8 の逆転で競り負けた。当時のレイモンドは、フロリダ州立大学で法学を勉強中の学生プロテニス選手であった。それ以来、レイモンドは4大大会のシングルスで安定した成績を維持してきた。1993年ウィンブルドンから2006年全米オープンまで、レイモンドが女子シングルスを欠場したのは1995年全仏オープンだけであった。

リサ・レイモンドのサービス

シングルスでの自己最高成績は、2000年ウィンブルドン2004年全豪オープンで2度ベスト8進出がある。ごく最近のシングルス好成績であった2004年の全豪オープンでは、3回戦で長期の故障から復帰してきたビーナス・ウィリアムズを破って注目を集めたが、準々決勝でスイスパティ・シュナイダーに 6-7, 3-6 で敗れた。(女子ダブルスの「キャリア・グランドスラム」を完成させた2006年全仏オープンでは、シングルスは1回戦で第12シードのマルチナ・ヒンギスに敗れている。)

リサ・レイモンドはダブルスの名手として多くのタイトルを獲得してきたが、長年にわたって息を合わせてきたパートナーはオーストラリアレネ・スタブスであった。レイモンドのダブルス初優勝は、1993年9月第4週に日本の「ニチレイ・レディース」で同じアメリカチャンダ・ルビンと組んだ勝利である。1996年からレイモンドはレネ・スタブスとのペアで優勝が増え、ダブルスの達人としての道を歩み始める。1993年のニチレイ・レディースから始まり、毎年2月に東京体育館で行われる「東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメント」のダブルスでも2001年2002年2006年2007年2011年の5度優勝がある。レイモンドとスタブスは、ダブルスでパートナーを組んでいた間、私生活でもレズビアン関係にあった(後にスタブスが明らかにした)[1]

他のダブルス・パートナーではリンゼイ・ダベンポートとペアを組んだ優勝も多く、ダブルスで現役復帰したベテランのマルチナ・ナブラチロワと組んだ優勝も2つある。ナブラチロワとレイモンドは、2004年アテネ五輪のアメリカ代表選手としてペアを組んだこともあった。

2005年から2008年まで、レイモンドは大半のトーナメントでオーストラリアサマンサ・ストーサーとペアを組んだ。レイモンドとストーサーの組は同年の全米オープン女子ダブルスで初優勝を飾り、2006年全豪オープン女子ダブルスでは中国ペアの鄭潔&晏紫組に敗れて準優勝になったが、全仏オープン女子ダブルス決勝で杉山愛ダニエラ・ハンチュコワの組を 6-3, 6-2 で破って優勝した。レイモンドにとっては、これで女子ダブルスの「キャリア・グランドスラム」が完成したことになる。

2009年は、クベタ・ペシュケチェコ)と組み2010年は再びレネ・スタブスと組んだ。2011年は3月まではユリア・ゲルゲスドイツ)と組んだが4月からはリーゼル・フーバーと組むようになる。2011年全米オープンでは決勝に進出し、バニア・キング&ヤロスラワ・シュウェドワ組を 4-6, 7-6(5), 7-6(3) で破って優勝し4大大会女子ダブルス6勝目を挙げた。2012年4月にはフーバーと並んでダブルスランキング1位に返り咲いた。38歳での1位復帰はシングルス、ダブルスを通して最年長である。

2012年ウィンブルドン選手権混合ダブルスではマイク・ブライアンと組んだ混合ダブルスで決勝に進出。リーンダー・パエス&エレーナ・ベスニナ組を 6–3, 5–7, 6–4 で破り優勝した。ロンドン五輪にも出場しリーゼル・フーバーと組んだ女子ダブルスでは準決勝でチェコアンドレア・フラバーチコバ&ルーシー・ハラデツカ組に敗れた後の「銅メダル決定戦」でロシアナディア・ペトロワ&マリア・キリレンコ組に 6-4, 4-6, 1-6 で敗れたが、マイク・ブライアンと組んだ混合ダブルスでは準決勝でベラルーシマックス・ミルヌイ&ビクトリア・アザレンカ組に敗れた後の「銅メダル決定戦」でドイツクリストファー・カス&ザビーネ・リシキ組に 6-3, 4-6, [10-4] で勝利して銅メダルを獲得した。

レイモンドは2007年2月のメンフィス大会を最後に、女子ツアー大会のシングルスから撤退し、現在はダブルスのみに活動を絞っている。

WTAツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 12回 (4勝8敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0–0)
ティア I (0–0)
ティア II (0–3)
ティア III (4–4)
ティア IV & V (0–1)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 1994年5月22日 スイスの旗 ルツェルン クレー アメリカ合衆国の旗 リンゼイ・ダベンポート 6–7(3), 4–6
準優勝 2. 1995年2月12日 アメリカ合衆国の旗 シカゴ カーペット (室内) ブルガリアの旗 マグダレナ・マレーバ 5–7, 6–7(2)
準優勝 3. 1995年8月6日 アメリカ合衆国の旗 サンディエゴ ハード スペインの旗 コンチタ・マルティネス 2–6, 0–6
優勝 1. 1996年10月27日 カナダの旗 ケベックシティ ハード (室内) ベルギーの旗 エルス・カレンズ 6–4, 6–4
準優勝 4. 1997年2月23日 アメリカ合衆国の旗 オクラホマシティ ハード (室内) アメリカ合衆国の旗 リンゼイ・ダベンポート 4–6, 2–6
準優勝 5. 1997年10月12日 ドイツの旗 フィルダーシュタット ハード (室内) スイスの旗 マルチナ・ヒンギス 4–6, 2–6
優勝 2. 2000年6月18日 イギリスの旗 バーミンガム タイの旗 タマリネ・タナスガーン 6–2, 6–7(7), 6–4
準優勝 6. 2001年10月28日 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク ハード (室内) ベルギーの旗 キム・クライシュテルス 2–6, 2–6
優勝 3. 2002年2月23日 アメリカ合衆国の旗 メンフィス ハード (室内) アメリカ合衆国の旗 アレクサンドラ・スティーブンソン 4–6, 6–3, 7–6(9)
準優勝 7. 2002年9月15日 アメリカ合衆国の旗 ワイコロア ハード ジンバブエの旗 カーラ・ブラック 6–7(1), 4–6
優勝 4. 2003年2月22日 アメリカ合衆国の旗 メンフィス ハード (室内) 南アフリカ共和国の旗 アマンダ・クッツァー 6–3, 6–2
準優勝 8. 2004年2月21日 アメリカ合衆国の旗 メンフィス ハード (室内) ロシアの旗 ベラ・ズボナレワ 6–4, 4–6, 5–7

ダブルス: 120回 (79勝41敗)[編集]

4大大会ダブルス優勝[編集]

  • 全豪オープン 女子ダブルス:1勝(2000年)
  • 全仏オープン 女子ダブルス:1勝(2006年)/混合ダブルス:1勝(2003年)
  • ウィンブルドン 女子ダブルス:1勝(2001年)/混合ダブルス:2勝(1999年・2012年)
  • 全米オープン 女子ダブルス:3勝(2001年・2005年・2011年)/混合ダブルス:2勝(1996年・2002年)

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 通算成績
全豪オープン A A A A A 2R 3R 1R 2R 3R 1R 2R 1R 3R 2R QF 3R 1R 16–12
全仏オープン A A A A A 1R A 1R 4R 1R 1R 2R 1R 1R 2R 2R 1R 1R 6–12
ウィンブルドン A A A A 4R 1R 4R 2R 2R 1R 4R QF 3R 4R 3R 2R 1R 2R 24–14
全米オープン 1R 1R LQ 2R 2R 3R 2R 4R 2R 3R 2R 3R 3R 3R 2R 3R 2R 1R 25–18

: 2005年全豪3回戦の不戦敗は通算成績に含まない

脚注[編集]

  1. ^ Never lost for words”. theage.com.au (2006年1月7日). 2008年11月20日閲覧。

外部リンク[編集]