マーク・ウッドフォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーク・ウッドフォード Tennis pictogram.svg
Mark Woodforde2010.jpg
マーク・ウッドフォード(2010年)
基本情報
ラテン文字名 Mark Woodforde
愛称 ウッディーズ
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 同・アデレード
生年月日 1965年9月23日(48歳)
身長 187cm
体重 88kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1984年
引退年 2000年
ツアー通算 71勝
シングルス 4勝
ダブルス 67勝
生涯通算成績 966勝560敗
シングルス 319勝312敗
ダブルス 647勝248敗
生涯獲得賞金 US$8,571,605
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト4(1996)
全仏 4回戦(1997)
全英 4回戦(1988・90・97)
全米 4回戦(1987・88)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 優勝(1992・97)
全仏 優勝(2000)
全英 優勝(1993-97・2000)
全米 優勝(1989・95・96)
優勝回数 12(豪2・仏1・英6・米3)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全豪 優勝(1992・96)
全仏 優勝(1995)
全英 優勝(1993)
全米 優勝(1992)
優勝回数 5(豪2・仏1・英1・米1)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 19位
ダブルス 1位
獲得メダル
男子 テニス
オリンピック
1996 アトランタ ダブルス
2000 シドニー ダブルス

マーク・ウッドフォードMark Woodforde, 1965年9月23日 - )は、オーストラリアアデレード出身の男子プロテニス選手。長年にわたり、ダブルスの名手として活躍した。とりわけ、同じオーストラリアトッド・ウッドブリッジとのペアで無敵の強さを発揮したが、この2人は姓がよく似ていることから「ウッディーズ」(Woodies)と呼ばれた。自己最高ランキングはシングルス19位、ダブルス1位。ATPツアーでシングルス4勝、ダブルス67勝(うち4大大会男子ダブルス部門12勝)を挙げた。身長187cm、体重88kg、左利きの選手。

1984年にプロ入り。1986年1月にニュージーランドオークランドの大会でシングルス初優勝を挙げたが、ツアー大会のダブルス初優勝は1988年9月のアメリカロサンゼルス大会とサンフランシスコ大会の2週連続優勝であった。最初期のウッドフォードはジョン・マッケンローとペアを組むことが多く、1988年の2週連続優勝と、4大大会男子ダブルス初優勝となった1989年全米オープンではマッケンローがパートナーであった。

1991年から、ウッドフォードは6歳年下のトッド・ウッドブリッジとペアを組んで世界に君臨し始める。1992年にウッドブリッジとのペアで全豪オープン男子ダブルスに初優勝を飾り、1993年から1997年までウィンブルドン男子ダブルス5連覇を達成した。この頃から、2人のペアは「ウッディーズ」と呼ばれるようになる。ウッドフォードのシングルス優勝は、ウィンブルドン・ダブルス5連覇が始まった1993年2月のアメリカフィラデルフィア大会が最後で、通算4勝となった。

2人はウィンブルドン5連覇の期間中に、1995年1996年全米オープン男子ダブルスで2連覇を飾り、1997年には地元の全豪オープンで5年ぶり2度目の優勝を果たす。また、1996年アトランタ五輪オーストラリア代表選手として、ウッドブリッジとのペアで金メダルを獲得したが、この決勝ではイギリス代表のティム・ヘンマンとニール・ブロードの組を圧倒している。しかし、1998年のウィンブルドン・ダブルス決勝ではオランダの強豪ペア、ヤッコ・エルティンポール・ハーフースの組に「4時間5分」の激戦の末 6-2, 4-6, 6-7, 7-5, 8-10 で敗れ、6連覇はならなかった。

2000年に入り、ウッドフォードとウッドブリッジの組は全仏オープン男子ダブルスで初優勝を飾り、これで男子ダブルスの同一ペアとして「キャリア・グランドスラム」を達成した。2人は全仏オープンはあまり得意ではなく、初めての決勝戦は1997年エフゲニー・カフェルニコフダニエル・バチェクチェコ)の組に敗れていた。この全仏優勝で、2人はペアとして通算「58勝目」に到達し、それまでジョン・マッケンロー&ピーター・フレミング組(ともにアメリカ)が持っていた「57勝」の歴代1位記録を更新した。続いてウィンブルドンでも3年ぶり2度目の優勝を果たし、オランダのハーフースとオーストラリアサンドン・ストール(往年の名選手フレッド・ストールの息子)の組を破った。しかし、この年に地元で開催されたシドニー五輪の男子ダブルス決勝戦で、2人はカナダ代表のダニエル・ネスターセバスチャン・ラルーの組に 7-5, 3-6, 4-6, 6-7 で敗れ、2大会連続の金メダルを逃した。35歳になったウッドフォードは2000年のシーズンを最後に現役を引退したが、最後の年にも全仏オープンとウィンブルドンを含めて、ダブルスで年間8勝を記録している。

「ウッディーズ」のダブルスは、ほぼ10年間に及んだ活動期間中に男子ツアー大会のダブルスで「61勝」を挙げ、同一ペアによる男子ダブルス優勝の1位記録であったが、2010年にボブマイクのブライアン兄弟に更新されている。

男子テニス国別対抗戦・デビスカップでも、2人はデ杯オーストラリア・チームの「ダブルス最多勝利ペア」(Best Doubles Team)の記録を残している。

2010年、ウッドフォードとウッドブリッジは2人揃って国際テニス殿堂入りを果たした。

4大大会ダブルス優勝[編集]

  • 全豪オープン 男子ダブルス:2勝(1992年・1997年)/混合ダブルス:2勝(1992年・1996年)
  • 全仏オープン 男子ダブルス:1勝(2000年)/混合ダブルス:1勝(1995年)
  • ウィンブルドン 男子ダブルス:6勝(1993年-1997年・2000年)/混合ダブルス:1勝(1993年) [男子ダブルス5連覇を含む]
  • 全米オープン 男子ダブルス:3勝(1989年/1995年・1996年)/混合ダブルス:1勝(1992年)

男子ダブルスの4冠達成ペア[編集]

外部リンク[編集]