ルー・ホード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Lew Hoad

ルー・ホードLew Hoad, 1934年11月23日 - 1994年7月3日)は、オーストラリアシドニー出身の男子テニス選手。主に1950年代に活躍し、4大大会で男子シングルス4勝・男子ダブルス8勝・混合ダブルス1勝を挙げ、通算「13勝」を獲得した。フルネームは Lewis Alan Hoad (ルイス・アラン・ホード)という。

来歴[編集]

ルー・ホードとケン・ローズウォール1934年11月2日生まれ)は同じ年で、ローズウォールが3週間早く生まれた。テニス経歴の初期から幼なじみだった2人は、まず1953年全豪選手権全仏選手権ウィンブルドン選手権の男子ダブルスで3連勝を達成する。ローズウォールはこの年からシングルスでも勝ち始め、全豪選手権と全仏選手権では単複2冠を獲得した。1954年、ホードは全仏選手権の混合ダブルスでモーリーン・コノリーアメリカ)とペアを組み、唯一の混合ダブルスタイトルをここで獲得した。

ホードのシングルス成績は、1956年に最盛期を迎える。この年、ホードは全豪選手権全仏選手権ウィンブルドン選手権で4大大会3連勝を果たした。年間最終戦の全米選手権でも決勝に勝ち進んだが、ここではダブルス・パートナーの親友ローズウォールに敗れてしまい、1938年ドン・バッジ1915年 - 2000年)以来の「年間グランドスラム」を逃した。この大会で、ホードとローズウォールのペアは男子ダブルスですべての4大タイトルを獲得する「キャリア・グランドスラム」を達成した。(ホード&ローズウォール組の4大大会ダブルス優勝:全豪2勝、全仏1勝、ウィンブルドン2勝、全米1勝=総計6勝)男子テニスの歴史を通じて、同一ペアですべての4大大会男子ダブルス・タイトルを獲得した組は6組だけであるが、ホード&ローズウォール組はその1つに数えられる。1957年ウィンブルドン選手権で大会2連覇を達成した後、ホードはローズウォールと一緒にプロテニス選手に転向した。

当時の4大大会は出場資格がアマチュア選手に限定されており、プロ選手たちには別のトーナメント群があった。プロ選手たちは戦いの場を「全仏プロテニス選手権」(French Pro)/「全米プロテニス選手権」(US Pro)/「ウェンブリー・ワールド・プロテニス選手権」(Wembley World Pro)に移していく。1968年にテニス界が「オープン化」という措置を取り、プロテニス選手の4大大会出場を解禁するまで、現在とは違うシステムのもとで競技が行われていた。ホードはプロ選手に転向後も、様々な往年の名選手たちを相手に果敢な挑戦を続けたが、背中の故障のため1960年代にプロテニスツアーから退いた。1968年に「オープン化」措置が実施された後、ホードは1968年1970年1972年の「全仏オープン」とウィンブルドン選手権に出場した。彼の断続的な再挑戦の成績は、1970年全仏オープンの4回戦進出が最高成績であった。

ルー・ホードは1954年全豪選手権の女子シングルス準優勝者、ジェニファー・ステーリーと結婚した。1980年、ホードは親友のケン・ローズウォールと一緒に国際テニス殿堂入りを果たす。引退後は妻とともにスペインでテニス・リゾートを経営したが、1994年7月3日白血病のためスペインで59歳の生涯を閉じた。

4大大会優勝[編集]

  • 全豪選手権 男子シングルス:1勝(1956年)/男子ダブルス:3勝(1953年、1956年、1957年)
  • 全仏選手権 男子シングルス:1勝(1956年)/男子ダブルス:1勝(1953年)/混合ダブルス:1勝(1954年)
  • ウィンブルドン選手権 男子シングルス:2勝(1956年&1957年)/男子ダブルス:3勝(1953年、1955年、1956年) [男子シングルス2連覇]
  • 全米選手権 男子ダブルス:1勝(1956年) [男子シングルス準優勝1度:1956年]
大会 対戦相手 試合結果
1956年 全豪選手権 オーストラリアの旗 ケン・ローズウォール 6-4, 3-6, 6-4, 7-5
1956年 全仏選手権 スウェーデンの旗 スベン・デビッドソン 6-4, 8-6, 6-3
1956年 ウィンブルドン選手権 オーストラリアの旗 ケン・ローズウォール 6-2, 4-6, 7-5, 6-4
1957年 ウィンブルドン選手権 オーストラリアの旗 アシュレー・クーパー 6-2, 6-1, 6-2

男子ダブルスの4冠達成ペア[編集]

外部リンク[編集]