スベン・デビッドソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スベン・デビッドソン
生誕 1928年5月28日
スウェーデンボロース
死没 2008年5月28日
アメリカカリフォルニア州アルカディア
テンプレートを表示

スベン・ビクトル・デビッドソンSven Viktor Davidson, 1928年7月13日 - 2008年5月28日)は、スウェーデンボロース出身の男子テニス選手。1957年全仏選手権男子シングルス優勝者で、スウェーデンのテニス選手として最初の4大大会シングルス優勝者になった人である。1958年ウィンブルドン選手権男子ダブルス部門でも、同じスウェーデンウルフ・シュミットとペアを組んで優勝し、スウェーデンのテニス選手として最初のウィンブルドン優勝者になった。右利きの選手。

スベン・デビッドソンは1950年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップスウェーデン代表選手となり、現役引退する1961年まで12年連続で国の代表選手としてプレーした。1955年から1957年まで、デビッドソンは3年連続で全仏選手権の男子シングルス決勝に進出したが、1955年トニー・トラバートアメリカ)に 6-2, 1-6, 4-6, 2-6 で敗れ、1956年ルー・ホードオーストラリア)に 4-6, 6-8, 3-6 で敗れている。1957年全仏選手権の決勝で、デビッドソンはハーバート・フラムアメリカ)を 6-3, 6-4, 6-4 のストレートで破って初優勝を飾り、スウェーデンのテニス選手として最初の4大大会男子シングルス優勝者に輝いた。この年、デビッドソンは世界ランキングを自己最高の3位に上げている。

1958年、デビッドソンは足の故障のため全仏選手権に大会前年優勝者として参加できなかったが、ウィンブルドン選手権の男子ダブルス部門で同じスウェーデンウルフ・シュミットとペアを組んで優勝した。男子ダブルス決勝で、2人はオーストラリアペアのアシュレー・クーパーニール・フレーザー組を 6-4, 6-4, 8-6 のストレートで破り、スウェーデンのテニス選手として最初のウィンブルドン・タイトルを獲得した。

デビッドソンは現役生活の間に、スウェーデンとスカンジナビア地方のテニストーナメントで、シングルス・ダブルス合わせて18のタイトルを獲得した。彼は1961年までデビスカップに連続出場を続け、スウェーデン・チームで歴代3位タイ記録となる「62勝23敗」(シングルス39勝14敗、ダブルス23勝9敗)の成績を残した。1970年代後半にビョルン・ボルグが世界の頂点に立ち、全仏オープン6勝とウィンブルドン5連覇で4大大会総計「11勝」を獲得するまで、スベン・デビッドソンは「スウェーデン最強のテニス選手」のほまれを得た名選手だったのである。

2004年、デビッドソンはレナート・ベルゲリンウルフ・シュミットとともに「スウェーデン・テニス殿堂」入りを果たす。3年後の2007年、彼はピート・サンプラスアランチャ・サンチェス・ビカリオらとともに国際テニス殿堂入りしたが、この年にアルツハイマー病の初期症状と診断された。2008年5月28日、殿堂入りから1年もたたないうちに、スベン・ビクトル・デビッドソンはアメリカカリフォルニア州アルカディアにて肺炎のため79歳で死去した。

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • Martin Hedges, “The Concise Dictionary of Tennis” (コンサイス・テニス辞書) Mayflower Books Inc., New York (1978) ISBN 0-8317-1765-3