ローレンス・ドハティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローレンス・ドハティー Tennis pictogram.svg
Hugh Lawrence Doherty.jpg
ローレンス・ドハティー
基本情報
ラテン文字名 Laurence Doherty
フルネーム Hugh Laurence Doherty
愛称 Laurie(ローリー)
国籍 イギリスの旗 イギリス
出身地 イングランド・ウィンブルドン
生年月日 1875年10月8日
没年月日 1919年8月21日(満43歳没)
死没地 イングランド・ブロードステアーズ
身長 178cm
利き手
バックハンド 片手打ち
4大大会最高成績・シングルス
全英 優勝 (1902-1906)
全米 優勝(1903)
優勝回数 6(英5・米1)
4大大会最高成績・ダブルス
全英 優勝 (1897-1901・1903-1905)
全米 優勝 (1902・1903)
優勝回数 10(英8・米2)
獲得メダル
テニス
オリンピック
1900 パリ シングルス
1900 パリ ダブルス
1900 パリ 混合ダブルス
ドハティー兄弟

ローレンス・ドハティーLaurence Doherty, 1875年10月8日 - 1919年8月21日)は、イングランド・ウィンブルドン出身の男子テニス選手。フルネームは Hugh Laurence Doherty (ヒュー・ローレンス・ドハティー)という。3歳年上の兄レジナルド・ドハティーとともに「ドハティー兄弟」(Doherty Brothers)として活躍した。ローレンスは“Laurie”(ローリー)という愛称で呼ばれ、小柄な弟であったことから“Little Do”(リトル・ドー)とも呼ばれた。

来歴[編集]

ローレンスとレジナルドの「ドハティー兄弟」は、1897年から1906年まで「10年連続」ウィンブルドン選手権の男子ダブルス決勝に進み、1902年1906年の2度敗れたのみで、通算「8勝」を記録した。先に兄のレジナルドが1897年から1900年までウィンブルドン選手権のシングルスに「4連覇」を達成したが、その間の1898年に決勝でローレンスとレジナルドの“兄弟対決”があり、ローレンスは兄に敗れたことがある。1901年にレジナルドの連覇記録が止まった後、弟のローレンスは1902年から1906年までウィンブルドン選手権のシングルス「5連覇」を達成した。1902年から1906年まで、ドハティー兄弟はシドニー・スミスフランク・ライスリー組と5年連続で男子ダブルスの決勝対決をしている。ドハティー兄弟は「兄弟2人でウィンブルドンのシングルス9勝」を樹立した兄弟テニス選手として、テニス競技の初期に名前を刻んだ。

ドハティー兄弟はウィンブルドン選手権のみならず、海外遠征にも積極的であった。1900年パリ五輪では、ローレンスは男子シングルスと、兄弟のダブルスの2部門で金メダルを獲得した。全米選手権にも遠征し、ダブルスでは1902年1903年に2連覇を達成する。ローレンスは1903年にシングルスでも優勝を飾ったが、この時の決勝戦では、前年度の決勝でレジナルドを破ったウィリアム・ラーンドと対戦した。ローレンスは 6-0, 6-3, 10-8 でラーンドを破り、兄の“敵討ち”に成功した。

ドハティー兄弟は2人とも若くして早逝し、先に兄のレジナルドが1910年12月29日にわずか38歳の若さで亡くなった。弟のローレンスもその9年後、1919年8月21日に43歳で死去した。1980年、兄弟は2人揃って国際テニス殿堂入りを果たしている。

主な成績[編集]

シングルス5連覇(1902年-1906年)
ダブルス8勝(1897年-1901年・1903年-1905年) [すべてレジナルドとのペア。準優勝2度:1902年・1906年]
  • 全米選手権 シングルス1勝(1903年)/ダブルス2勝(1902年&1903年)
  • オリンピック 1900年パリ五輪金メダル(男子シングルス・男子ダブルス)

参考文献[編集]

  • Lance Tingay, “100 Years of Wimbledon” (ウィンブルドンの100年史) Guinness Superlatives Ltd., London (1977) ISBN 0-900424-71-0 32-35ページまでの第4章が“The Dohertys”(ドハティー兄弟の時代)という題名になっている。

外部リンク[編集]